BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の爪痕

今週の土日はセンター試験・・・ってことで、在学生は今日から3日間、学校への立入禁止。
会場準備が行われるだけならべつにいても構わないが、試験問題が届くから、不正防止のために入れないらしい。
自分たちの試験だけじゃなくて、高校生の受験期間も活動停止だ。
チームで1つのモノを製作していると、家でも作業可能なモノを1人で1台扱うのとは違う難しさもあるってことだな。


あまり記憶している人はいないと思うけど・・・この前行った能登半島も被災地。
5年ほど前の能登半島地震で震度6強、全半壊した家も多く、かなりの被害があったらしい。
でも、死者が1人しかでなかったから、あまり話題にならなかったような。。。災害はモノに被害が出てもあまり問題にされず、人の命が奪われた数で重大度が決まるって感じだ。
現地に行ってみると、けっこう激しい地震だったように思える。
あちこちに「震災復興」の文字があるけど、これが意味しているのは、去年の東北の地震のことではなく、2007年の地元で起きた地震からの復興。
でも、崩壊したままで放置…って建物もけっこうあるみたい。

ヤセの断崖っていう名所も、この地震で崩落したという説明看板があった。
ここの沖数キロのとこが、もろに能登半島地震の震源地。
昨日も能登沖の深いとこで地震があったようだが…人の住んでいるとこが、揺れなかったから表にはでないようだ。

関野鼻っていうこの辺一帯、地震の被害が大きくて、海岸線立入禁止区域が。。。
今でもあちこち亀裂が入っているから、海に近い所は立入禁止。
地震発生からもうすぐ5年経つが、近所の観光施設が復活する気配もなく放置され、もう観光名所ではなくなっているようだ。
少し先の道の駅も年末年始休業中で店は開いていなかった。トイレと自動販売機さえ使えれば店舗は開いていなくてもOKらしいけど
真昼間に人気のない道の駅ってのも、寂しいね~だんだん人が来なくなっても、観光客が増えることはないな。

見所が崩壊しちゃってて、あれま、残念・・・ってことらしい。
前を知っている人は、「え~~!こんなことになっちゃったの!」と驚き、初めての人は「どこが断崖?」って首をひねる。
海に飛び出していたところが地震で崩落してしまって、もうヤセの断崖って言われていた部分はないんだと。
地震の前は自由に断崖のところに行けて、自殺の名所だったらしいけど、今は柵があってべつに怖くもなく・・・ただの展望台だと思った。
柵の前が断崖だってことにも気付かなかったよ、ぜ~んぜん。右と左、どっちが断崖なんだろうね~・・・と言ってたけど、どうやら立っていたその場所が断崖の残りの上だったようだが・・・さっぱりわからなかった。
IMG_7035(1).jpg
眺めは右側の方がいいけど、断崖には見えない。
IMG_7083(1).jpg
左側は尖った感じがあるけど、切り立った断崖には思えないなあ。
案内看板見ても、よくわかんなかったし~ネットで数年前の断崖の写真をのせてるのを見て、あ~~これがほんとの断崖!ってわかったくらい。
知ってる人が地震前と後の様子を写真で見せてくれたらわかるけど、知らなかったら???の場所だった。

IMG_7038(1).jpg
この沖で地震が・・・と、何気に正面を撮った下に、チョロっと写っているこの下が断崖らしい。上から見てもわかるわけない。
離れた別の場所からこっちを見ないと、ここが断崖の上ってことは、わからないんだな。真下を見下ろせるわけじゃないし。

この記事には最近の日本人の行動がよ~くでてるなと。基礎学力の低下だけではなく常識も。。。
昨年と記事に書かれているので、地震の次の年2008年に書かれたもののようだが。。。
そこから先に行くなという意味の柵があるにもかかわらず、崩れた断崖の上に出る人がいるそうだ。
その理由が・・・「立入禁止」の看板がないから。
・・・看板がなくても、柵があったら、常識で考えてそれを乗り越えたりくぐったりして入ってはいけません!って意味だろう。
越えていくのは、おバカな子くらいで・・・おバカな子がそのまま大人になってしまったのが、いかに多いか。
注意書きがないのは常識で考えて当たり前、書かれなくても言われなくてもわかること・・・だったはずが、今時は禁止事項に書かれていないことは、やっても構わないと解釈する人が増えたんだと。
「入ってはいけませんよ。」と注意しようものなら、「そんなこと、どこにも書いてない!」って逆キレする人も多いんだと。
だから、看板にこと細かく禁止事項を列記しないといけなくなっているみたい。
店舗内に犬連れ不可ってのも・・・少し前までは書かれていない=入らないのが当然だったのだが・・・ペット不可と書かれていないから入ってもいいと解釈する人が多いから、いちいちペット不可表記をしないといけない。
野っぱらはべつとして、ペットOKと書かれていなければ通常入らないってのが常識だったことを教育されずに大きくなった人が、不可と書いていなければ入っていいって主張するような・・・それで利益があがる店舗は容認、客の苦情の多いとこは禁止って感じだな。

子供の社会の教科書に書いてあったな。武士は自分の子供に厳しい規律を教え込んだと。
私利私欲を戒め、質素を心がけ、公共性を重視する自己犠牲の精神を代々引き継ぐものだったそうで・・・
江戸時代は遠くなったものの、やっぱ武士がご先祖様のおうちは今でも礼儀作法その他に厳しいんではなかろうかと・・・思ったのであった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bicbiper.blog65.fc2.com/tb.php/979-d03a8ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。