BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九頭竜湖

今日、九頭竜湖までドライブに行った。

免許を取ってからだいぶたつけど、まだオートマの特性がつかめない。
特にのぼり坂道走行時。どんだけアクセルを余計に踏み込めばいいのかわかりにくい。
走行位置を中央に保つのが難しい。
普通の道ならまだ大丈夫だと思うけど、高速だと調整が難しい。
おかげで、1時間ほど運転したら、肩が凝って仕方がなかった。


九頭竜湖については、特に書くことないけど、携帯の電波状況に驚いた。
ドコモ(FOMA)の携帯でも、部分的に圏外になる。
山中だから仕方がないかもしれないけど、数km離れたところで似たような環境の場所でも差がある。
九頭竜湖周辺の町では「ここまでとどく、ドコモの携帯」の看板がそこらじゅうに立っているほど。
きっとこの町では、auとか使えないんだろうな。

帰り際に、どのインターから帰るか、もめた。
行きは東海北陸道の白鳥ICで下りたが、そっちに戻らず北陸道を目指していた。
元々、福井インターから入る予定だったが、道を走っていたら大野インターの看板を発見。
本にも載っているし、お母さんはそこから帰ろうと主張。
大野インターの看板はあるけど、距離がわからないから、カーナビで調べると400km以上離れた見当違いの場所を指していた。
走っていたのは、福井県の大野市。近くにあるはずの大野インターが見つからない。
詳しくネット調べてみると、3月にできたばかりの道らしい。(中部縦貫道の一部)
本では福井北までつながっているかのようだったが、実際にはその半分しか開通していなかった。
お母さんの言うとおりにしてたら、近いからという理由で変なところで下される道に連れて行かれるところだった。
そもそも、できたばかりの道だから、カーナビに載ってないし。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。