BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セグウェイに乗ってきた

そんなものがあるとは知らずに行ったのだが、混んでいる感じでもなかったので、BIS君聞きにいった。
1時間ごとに乗れる人数分の受付をしていて、その時間はすでに予約終了。
20分後に次の時間の受付が始まるからということだったが、他を見ていたら遅くなって、かなり遅れて行くと最後の2枚分の整理券が残っていた。
BISだけ乗るつもりが、もう1枚余ってるし~~ってことで、母も乗ることに。

その時間の最後なんで、30分以上待ち時間があるから、べつのとこを回って戻ったが…
何も知らずに乗れるものなのか?
前の人が乗るのを見ておいた方がいいのか?
乗る前に説明があるから大丈夫ですよ~ってことで、ヘルメットつけてBIS君から挑戦。
最初の1周は指導員が一緒についてきてくれる。
1人になったら、けっこうスピード出して走ってる兄ちゃん。
普通に乗れてるようだ

兄ちゃんと交代で母の番。
年齢16歳以上と体重規定があったが…45キロないけど、いっぱい着込んでいるし、靴も履いているから、まあ許容範囲ってことにしてもらおう。
撮ってくれなくてもいいのに、バチバチおもしろがって写真を撮っている兄ちゃん。
ヘルメットかぶると剛毛が飛びはねるから~~
最初に、土踏まずに力を入れる! ??? そんなとこに力入る?
前や後ろに傾かないように、まっすぐ立て!ってことだって。

怖がらなくても、倒れないから!ってことで、手を離しても大丈夫だと、こんなポーズを。
手を離しても倒れないからって。。。
なにげに、指導員が押さえてるけど。。。

で、コースに出て行く。最初はずっと説明つきで一緒に歩いてくれる。
スピード出したい時は爪先に体重をかける。スピードを落とすときはかかとに重心移動。
曲がる時は曲がりたい方向に、体で運転しろって感じ。
最初の直線以外はスラロームやクランクでスピードは出せないが、まあそこそこ。
ちょうど次の時間の受付時間だったから、ギャラリーが多い。
16歳以上しか乗れないから、子供がうらやましげに見ている…小さい子供には取り扱いできそうにない感じだから、しかたないな。

1人で走り始めてから、途中で1回、クランクの中で間違って早く体重移動し過ぎて、慌てて反対に動かそうとしたら、クルッとその場で1回転。
でんぐり返ったわけではなく、バレエでいうピルエットみたにクルッとその場でまわったのが、BISに大うけ。
ほほほ~~
最後の周は問題なく乗れて、ゴールしたら、指導してくれた人に上手に乗れたってほめてもらえたけど~
カメのようにの~んびり、フラフラ走っている人もいたから、初めてにしてはまあマシだったようだ。
小回りできるけど、母は普通にバイクの方がいいな。

BIS君の感想。
でっかい倒立振子。
慣れればけっこう軽快な乗り物だけど、一歩間違うととんでもない。
お母さんなんか、ぐるっと360度1回転してコースに戻ってきたので、笑ってしまった。←ほっとけ!たんに体重移動を失敗しただけだが、なんか芸しているみたいで、見方によってはおもしろいだろ~
スポンサーサイト

台風接近中

予想ではこの辺は暴風圏内にも入らないようだが…東海、関東は危険な感じ。
実家は築42年なんで、何かとボロい。
去年だったか、敷地内の電線が台風で取れて垂れ下がってる…とかで、隣のおばちゃんが電話してくれた。何かと厄介だ。
東海地震が来たら確実に壊れる危険家屋だろうけど、雨風にもいつまで耐えられるんだろう。
10年くらい前に外装の工事はしているから、外から見るとそれほどひどくないけど、中は。。。
それにしても、この時期に本州に台風が向って来るって、ヘンなの。

ベランダのナスは花は咲くものの、いまだに1つも実ができない。
夏にはほとんど葉が枯れていたのが、ほぼ全部新しいのに生えかわって、今、再びたくさん花が咲いている。
緑だった茎が、紫色になって、もしかして、やっと株が成熟した?って気がする。遅いよ。
めしべが緑
↑ めしべが緑だったけど ↓ めしべが紫のも出てきた
ナスの花の色もちょっと違う
前はおしべも硬かったけど、なんかこっちの方が花らしい。
これから、やっと実ができる状態になったような気もするなあ。
ナスはいまだに実がない
このまま、花の付け根から細~くなって、枯れて落ちていたけど、これだけはちょっと頑張っている。

その横で冬の花、シクラメンが復活中。
奥には南国の植物、パイナップルとヘンな組み合わせ。
手前はシクラメン
シクラメン復活中
夏には葉が枯れて、2枚小さいのが残っているだけだったが、もじょもじょ生えてきた。
シクラメンの芽がもそもそ出てきている
株が残っていれば、夏の間葉がなくなっても、また生えてくるんだ。

寒~い

昨日から突然、寒い。
涼しい通り越して、寒い!と、自転車通学のBIS君。
手が凍る~(っていうのは、大げさな気もするが…)と、塾に行く時は手袋にもこもこベストで防寒。
確かに、急に寒いな。といっても、10℃くらいだけど、直前まで暖かかったから…。
人間は洋服で温度調整可能だけど、ベランダの野菜はどうしましょ。

夏は暑過ぎて、実をつけられず、やっと実がつき始めたトマトだが…
20日以上たっても、色付く気配はなく、緑のトマトのまま。
トマトの花と実
葉っぱは次々枯れていく。先端も伸びなくなった。
このまま、実もダメか??それでも、花はまだどんどん咲いていく。
食べなくても、とりあえず、黄色いトマトがなるのは見てみたいものだ。

ホームレスの人は寒い時はダンボールに包まるというから、とりあえずプランターの周りをぐる~っとダンボールで囲んでおいた。
馬ランスイングチェアのでっかい空箱があったから、ちょうどいい。効果があるかどうかは、???

一気に葉っぱが黄色くなったのはモロヘイヤ。枯れ始めたんだろうな。
虫ではない
虫ではない。モロヘイヤの花から実になっていく途中。
でも、虫が茎にくっついているようにも見える。
 
モロヘイヤの実が割れた
大きく育っている実もあるが、これだけ小さいのにはじけて中が見えた。
どれも虫っぽくて、嫌~ね~。
なんか、いかにも異国の植物って感じ。
学名は Corchorus olitorius って書くらしいけど、読み方すらわからん。コルコルス オリトリウスって書いてあるな…ちなみにトマトは Solanum lycopersicum ソラヌム リコペルシカムだって。

馬ランスイングチェア

さやが掘り出し市で買ったのは、バウリンガルだけではない。
さやの買い物
馬ランスイングチェアスリムっていう、健康器具。
失礼な言い方するとジョーバのまがい物みたいなやつ。だが、イスっぽい外観は部屋に置いておくには、こっちの方がいいかも。
色の選択肢はなく、ブラック×オレンジが1点のみ。3,000円!
45,000円もするものだったらしいが、なぜそこまで安い?
しっかりと梱包された箱から出して見せてくれたが、ど~みても未開封新品って感じで、展示品で使われていたものでもなさそう。
前から、さやはこういうのを欲しがっていたが、邪魔だし、高いし…
これは、コンパクトでイスっぽいから、まあいいでしょ。狭い場所でも置けそうだ。
動く椅子
そして、狭苦しい場所に押し込んで、使っている。離れて写真も撮れない…
なにげに兄ちゃんも利用。

奥行き長い普通のイスに見えないこともないけど、重い。
本体は23kg、梱包された状態で25kg。
買った時は店の人が台車にのせてくれたけど、掘り出し市なんで、車まで運んでくれるサービスはない。
人間の25kgは寝てなければ自分で抱っこされようとするからそれほど重く感じないが、箱に入ったモノの25kgを持ち上げるのは重いぞ。
巨大なマッサージチェアなんて本体だけで80kg超えてるのとかあるし、運ぶ人はたいへんだろ~ね。そのくらいの体重の意識のない人を介護している人とかも…

バウリンガル

ホームセンターの掘り出し市でバウリンガルボイス購入。
犬の気持ちを声で通訳する機械(文字も表示されてるけど…)というか、おもちゃですわ。
去年の夏に売り出された当時は2万円近い高級品だったが、1年たって、3000円。
出てすぐは、定価でも手に入らないくらい、品薄だったのにね~
2万円で買おうとは思わないが…
わんわんパラダイスに泊まった時に、旧型を貸出していたので、借りようとフロントに行ったら、目の前で最後の一個が借りられていったところだった。

さやがど~しても試してみたいってことで、今回奮発して購入。
ピンク、ブルー、グリーン各色残っていたが、かわいくピンク。
パパはオスにピンクはやめてくれ~といつも言うが。。。
わんこ用には単4電池1本、本体には単3電池2本。
実験されるシロン
ポメにしては大きいけど、いちおう超小型犬のシロンが首につけて歩くには、ちょっと大きいかも。
横にチョコがいても気にせず、バウリンガルをガン見のシロン。

吠えてくれないと、翻訳されない。
でも、シロンって、そんなに吠えないんだよな~~
小さい声で「はふ!」っくらいは出すけど、そういうのは反応しない。
玄関に人が来た時と、誰かが出かける時、あとはプリンターの電源が入った時くらい。
だから、待っていても、ぜ~~んぜん吠えない。
用はないけど、プリンターの電源でも入れてみよう。
これは、思いっきり吠えた。
翻訳は。。。「負けないぞ!!」
本体に文字と犬が怒っている顔とか表示され、音声も出る。
シロンはプリンターと戦っていたのか??

なかなか吠えないので、閉じ込められたシロン。かわいそうに。。。
実験のため、閉じ込められた
こうでもしないと吠えない
これだと甲高い声で吠えるから、解析不能。
キャンキャン高い声は、ほとんど翻訳してくれない。

バレエのレッスンに行くのに、母とさやがおでかけ。
シロンはなんか吠えている。
さやが持っていた本体から聞こえてきた言葉が「僕も一緒に行く!」「置いてかないで!」「一人は嫌だよ。」
なんか、それっぽいんで、さやがやたらと喜ぶ。
いや~~、シロンは置いていかれる時は、やっぱり文句言ってるんだと、納得するさや。本当かな~~??

全然あっていないと評判の悪いバウリンガルだが、シロンのはけっこう場面で予想される言葉が出てくるから、さやは面白がる。
プリンターつけたら「負けないぞ」とか「かかってこい!」とか戦うような言葉が並んで。。。「あ~あ、最低。」だと。
電源消したら、「最高!」って。

母が鏡にむかっていて、後ろを全然ふりむかなかったら、「僕、ここにいるよ!」を連発。
さやが、すごい、すごいと喜んでいる。

犬種別に設定しているけど、カン高い声は認識不能。
それでも、予想以上にそれっぽい言葉に翻訳される。
シロンは、吠えて要求するタイプではなく、どっちかというと目と体で訴える派だな。
欲しい時は、前足でトントン叩くし…
言葉じゃなくて態度で~~って感じ。
お詫びに走ってもらった
閉じ込められたお詫びに、走ってもらったぜ~

他の犬にあったらどんな反応をするのだろう?と、つけたまま散歩したけど…一度も吠えることなく帰って来た。

バッテリー

車に乗ろうと、キーのスイッチを押したが…何の反応もない。
あれ、キーの電池切れ?と、鍵穴にカギを入れて開けてみた。
中に入ってから閉めても、静かだ。
ん?いつもなら他の扉も一緒にロックされた音がするのだが。
普通、動作音だけはするよな~
あ。。。もしかして。。。バッテリー。。。
キーを差して、回してみても、無音。
セルの回る音すら聞こえない。
こりゃ、完全にダメですわ。

そうえいば…さやが車に荷物を忘れたのを思い出して、さやでは頼りないから兄ちゃんに取りに行ってもらった覚えが…
夜だったし、3列目のシートにのせてたものを探すために、室内のライトをつけて、そのままにしたな~
今時の車はどうなってるか知らないが、うちの古い車はそんなことしたら、アウト。
この前、ガソリンスタンドでそろそろバッテリー交換した方がいいって言われたって話だったし…

パパはJAFに電話して、エンジンかけてもらって、そのままオートバックスでバッテリーを交換してもらえ!と言う。
母は車は乗るだけで、整備とか全くノータッチ。
ガソリンの臭いが嫌いだから、ガソリンもほとんど入れに行ったことがない。パパの仕事。
バッテリー代えてもらうといっても、どれにするかは自分で選ばないといけないだろうし、そんなのパパがやって。
って、ことで、パパが早めに帰って来て、JAFにエンジンかけてもらった。

さすがプロ。ささっと作業を行って、かけてくれた。的確に仕事できる人ってカッコいいね。
完全に放電して初期値までいっちゃってるから・・・1時間はエンジンを切ってはいけないとのこと。
走りまわろうかと思ったが、手際よい作業で思ったより早く終わったから、8時前だ。
オートバックスの営業終了時間まであと少し。店の前についたのが、閉店10分前。
こんな時間から作業してくれるのか?
とりあえず、入ってすぐにカウンターの人に確認。
そんな時間からでもやってくれるというので、バッテリーを物色。
店は閉店時間だけど、作業してもらっている車が、まだ、けっこうある。
裏には人がたくさん隠れているんだなあ…ピットの作業員の数の多さには驚いた。

1番安っぽい箱に入っている15,000円くらいのヤツでお願いした、パパ。
それで十分だろって。。。
ははは・・・きっと昼間に母が1人で来て選んでいたら、カッコいい箱に入った35,000円くらいの方を選んでいたぞ。
アホか!そんな高級品でなくても、車は走るわ!と笑われた。
そ~か~~。なんか安物だったら、質が悪いって感じするじゃん。
っていうか、相場がまったくわからないから、高いのか安いのか、よくわからない。 【“バッテリー”の続きを読む】

100個

まだ収穫できる状態ではないが、どんどん実がついている。
まんまるトマト
支柱が届かないから垂れ下がっているけど、上に伸ばしたらモロヘイヤに負けないくらい。
実の数が一気に増えた
パッと見、そんなにあるようには見えないけど、合計すると100個超えているみたい。
黄色く色づいたトマトになるか??
下の方のトマト
シロンの届く場所にトマトがいっぱい。
熟したら、勝手に食べそうだな。
後から伸びた、下の方が元気で実のつきもいい。
葉っぱは枯れていく
右上に写っているのが、一番最初に丸くなったトマトだけど、他のより大きくならないなあ。
何もしなくても、トマトが勝手に実のついていない下側の枝を枯らして落としていくの。上の方はだいぶ枯れた。
実がつくと、その下の葉っぱが枯れるの
これから枯れる葉のパターンがだいたいわかったので、いらない葉っぱをハサミで切り落として減らしたら、実に栄養が行くようになったのか、一気に実が増えた。やっぱ、お手入れした方がいいのね。
でも、この苗、遺伝子操作されてるよな・・・って感じ。

こっちは種から育てたトマト。
ひょろひょろトマト
比べ物にならないくらい、小さくてひょろひょろの本体だが、一応花も咲いている。
こっちにも実ができ始めた
実もでき始めたのだ。1個だけ。

メモリアルシューズ

BISが生まれた時に買ったベビーシューズが出てきた。
実際にはいて歩くものではなく、ただの飾り。
クレージュのメモリアルシューズ サイズ11cm。
さやは女の子用だと笑っているが…赤ちゃんは男女兼用が多いぞ。顔見たって、男か女か区別つかない子も多いし…
BISの足~
現在のBISの足、毛深くてすみません。
靴のサイズは通常26cm。身長150cmのさやは24cmもあるのだが…
ちっこいのは11cm
かかとをあわせて並べてみたら、こんな感じ。小さい靴。
BIS君は歩き始めが早かったから、これよりワンサイズ大きい11.5cmの靴からはいて外で歩いていた。
縦だけじゃなく、横幅も高さも大きくなるからね~
体重だって、生まれた時は2800g・・・今はその20倍。育つものだ。身長は3.5倍にも満たないけど…

シロンにはかせようとする兄ちゃん。
シロンにはかせようとする兄ちゃん
嫌がるシロン。思いっきりピンボケ。

はくのは嫌だけど、並べるだけなら文句は言わない。
何です??これ??
何ですか、これ?って感じ。
はきたくはないけど、おいといて~~
あの。。。どうしろと。。。
別にサイズを比べてみたかっただけなんで、そのままでけっこうです~。
けど、雑誌や新聞を座布団代わりに使うのは、なぜ?硬くてゴワゴワしてそうなんだけど、紙の上に座るシロン君。
4.8kgの巨大ポメ。だが、地面に接している足裏は2~3cmくらいしかないような気がする。

勝手に転居

18になったので、BISが勝手に1人暮らし…というわけではない。
何をどう間違ったのか、ここ数日の郵便物が片っ端から送り主に送り返されていた。
送り主から郵便物が「あて所に尋ねあたりません」というハンが押されて帰って来たと、手渡しされた。
HPにある電話だと夜の10時まで問い合わせ可能らしいが、受付だけで対応は翌日ということで、翌朝再度確認。
そして、信じられない事実、発覚。
転居届も出していないのに、転居扱いになっていた!!
BISと同姓同名の人が似た部屋番号に住んでいたが、数年前に引越。その人の転居届と間違えたのかと思ったら、世帯全部が転居の扱いになっているとのこと。なぜ???

支店で確認した結果。。。「配達員が管理人さんから、この家は転居したと郵便物を手渡されたので、お宅は転居されたことになって、転送先は届けられていないので、すべての郵便物は送り主に還付されていました。」と、ぬけぬけと言う。
うちは理事長やってたから、管理人さんにはよ~く記憶されている。家族中、犬まで知っている。引っ越したなんて、言うはずない。
転居扱いになった理由は、「管理人さんがおっしゃったので。。。」の繰り返しって、納得できない。

もし管理人さんが言ったとしても、管理人さんに何の権限があるのだ?ここは分譲マンションだぞ。
部屋は各個人の所有であって、管理人さんは所有者がお金を払って雇っている使用人。賃貸マンションのオーナーとはわけが違う。
所有者の届けがないのに、なんで郵便局は勝手にそんなことするのだ?
極端に言ったら、道端歩いているおじさんが、落ちていたハガキを拾って、郵便配達員に「この家は転居した」って言ったら、はいそうですか・・・と、勝手に転居扱い可能みたいな・・・、ありえん。

郵便局のHPでも、印鑑と本人の確認できる書類がないと手続きできないことになっている。ネット申請もできるが、確認はどうやってしているのか?
なんで、何も届けてもいないのに、勝手に転居させられないといけないのだ?

管理人さんと郵便局員のやり取りが本当にどのようにあったかは確認のしようがないが、アカの他人の一言をうのみにして、現地確認もしないで郵便物を勝手に送り返すとは何事だ。
普通郵便は記録がないから、どこから何が送られて来て、帰っていったのかわからない。
せこい話だが、お店の優待ハガキとか、もう送られて来ないかも。。。コンピューター管理で、ハガキが戻ったきたらデータ削除とかになってしまうかも…

一番の被害は届くべき書類が届かなくて、何時間もかけて直接もらいに行ったこと。自分の住所を間違えるバカな子って思われかも。。。郵便局のミスなのに。
明らかにこちらが請求しているであろう郵便物を、あて所なしで返還しないでくれ。
住んでいない家にそんなものが来ないのは、常識でわかるだろう。

つい数日前まで普通に届いていた郵便を突然あて先不明扱いにしないで、一定期間保管しておくことはしないのか?勝手に配達を停止して一定期間保管していたならまだしも、その場ですぐに送り主に返しているって、ひどいと思いません?って質問に。。。
最初は保管はしていないという返答だったが、次は保管していたものもあったので、それは電話の後にポストに届けた、と答えもかわる。

集合住宅だから、普通郵便は集合ポストに配達だが、部屋番号だけでなく、丁寧に名字まで記載してある。
正しく名前が書いてある家の郵便物、勝手に送り返すなよ。
居住者不在の部屋なんて、チラシとかいっぱいで郵便が届いても入れられないくらいぎゅうぎゅうに詰まっている。
普通に郵便が入れられるスペースがあるってことは、まず確実に人が住んでますわ。
直接家に届ける必要のある郵便物だっていろいろあるのだから、ちょっと家の前まで来れば、居住しているのは確認可能。
表札で名字もわかるし~外から見て中に人がいるかどうかわからない家もあるけど、うちなんか絶対に住んでいるって、パッとわかる。
何の確認もしないで、勝手に転居扱いにされてる事実がありえん!事実HPにもそう書いてある。
居住者ではない者が配達員に言っただけで、実際に住んでいる人間に何の確認もなくいきなり郵便物を片っ端から送り主に送り返すってありえないんですけど!!


ってことで、日本郵便に電話したのだが、すべて各支店、地域での対応になっているとのこと。
ほ~~、地域ごとに細切れ管轄で、全体をまとめて指示するような仕組みはないのか。
今回も配達の担当者が処分されるだけで、転居届の受理システム自体をちゃんと管理するような体制の変化や、チェック体制が改められることはなさそうな対応。また、どこかで同じ目にあう家庭があっても不思議ではない感じ。

ところで。。。うちの郵便物が送り主に送り返されていたのはいつからですか?という質問を先週からしているのだが、明確な回答がいまだにない。というか、確認のしようがないようだ。
担当者が言うには、半月か10日くらい前だと思います…と、数日繰り返している。
その中途半端な回答って、何?
5年前から実家の郵便物はうちに送ってもらっているけど、普通に考えてコンピューターで管理されているだろう。転送期間が転送先の住所と一緒に書かれている。届出日と転送開始日を書く欄もあったし。
うちの住所か電話番号でも入れれば、一発で検索できるんじゃないのか?

「あの~その~。コンピューターの方で調べると転居届出されていないのです。配達者の判断で還付されていたようです。」
転居手続きがされていないにもかかわらず、一配達員の独断で居住している人に郵便物が届けられず、勝手に送り返されていたという恐ろしい事実。

しかし、配達員だけの責任ではないはずだ。
戻ってしまった封筒を送り主から手渡されたので実物があるのだが、表面に印鑑が2つ押してある。
局内で最低2人が確認したことになるが。。。一体、何を確認してハンを押したのだ?
「その住所は転居届けが提出されていないので、おかしいなあって言ってたんですよ・・・それで、一部は保管していたのですが・・・人によって対応が違って、すぐに送り返したものもあるようです。」だと。いい加減な。
おかしいと気付いたなら、即刻現地確認して、事実を確認するのが仕事だろ。次々郵便が届いて来るのだから。

だいいち、普通郵便が勝手に送り返されていたその時期に、速達で届いた郵便は自宅まで配達員が届けに来て、手渡しで受け取っている。
転居したはずの家に、なんでこれは配達されたのだ??速達も普通郵便では?
理由はわからないが、その時点でこの住所に宛名の人物の居住は確認されている。
郵便局の日付入りのスタンプが前面に押されているので、日付も時間もはっきりと確認できる。
にもかかわらず、その翌日に発送されて局に届いたゆうメールは、一度も配達されることなく局内の判断で先方に送り返された。
受取人はどちらもBIS君。確認済みの分で8日は送り主に送り返され、それくらいの時期に届くはずであった書類も届かず。13日の速達は自宅に直接配達され、14日の分は送り主にまた返されていた。

そして、こちらが郵便局に必要なものが届かないからと対応を求めて電話をしているのに、「申し訳ありません」を繰り返すだけで、現状を調べもしない。頭悪い?
話にならないから、送り主にお願いして調べてもらうと、2時間ほどで送付物の現在地を確認して、確かに戻ってきている途中なので再度送付手続きを取ったと、再手配も済ませた上で、報告の電話をくれた。手際がいいわ。どっかの支店とは雲泥の差。

郵便局の一般職員って、コンピューターの扱いがわからないか使用許可がないのか、それを扱える人物が不在だと、何もできないんじゃないの?って気が。。。いくら素晴らしい機械があっても、それを人間が使えなかったら、何の意味もない。

HPに書いてあるフリーダイヤルで対応してくれる人は、電話番号で質問内容を管理しているので、こちらから何度も説明しなくても、電話を取った人が違っても用件はある程度通じる。
ところが、その対応として電話をかけてくる支店の人は、上司になるごとに毎回同じことを繰り返し説明させられて、時間を取るばかりで話がいっこうに前に進まない。
HPでかかる電話には一瞬で検索してその内容を把握して対応できる人が配属されているが、地方局は口頭やメモで失敗の多い伝言ゲームやってるのか?って感じ。伝わらない…
でも、実際の対応はこの支店の人たちにしかできないのだと、HP掲載の電話の人たちは言っている。話にならないのに…。

まだまだ信じられない返答が続いたが、長いのでこの辺で。。。

18歳

BIS君、18歳。
ついでにさやの発表会。

発表会の帰りにさやはご馳走食べて帰るけど、兄ちゃんはいつも家で1人でご飯。
今日もカレーを1人で食べるか、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にお食事に行くか?と聞いたら、後者。
それなら、今まで一度も見たことのないバレエも一緒に見ること!
っていうのは、断固拒否。
行ってから知ったのだが…公演時間が4時間もあった。初めてでこれは耐えられないだろうな。おじいちゃんも来ない。

兄ちゃんはあとから1人で嵯峨野線を使って近くまでやってきた。
おばあちゃんはいつまでも小さい子の感覚だから、1人で駅から現れた兄ちゃんに、1人で来たこともない場所にこれるんだね!と感動。
京都の地下鉄はだいぶ自在に乗れるようになったと自慢げな兄ちゃん。でも今日はJR。これも大丈夫だった!と。昨日は京都市バスも無事に乗れたようだ。
でも、大阪梅田の地下はまだ迷う…あれはよくわからない…って。慣れれば体が勝手に向かって行くけど…マスターするにはちょっと時間がかかるかも。小さい駅と違って改札がいくつもあるから、同じ駅でもどの改札から出たかで全然場所が違うし…目的地で改札も使い分けないと…


日本の成人は20歳だが、世間では18歳未満お断りってものの方がよくある感じ。
車の免許も取れるが。。。車の免許は学校の方で禁止されている。
法律よりも学校の決まりが優先される。16歳で取得可能なバイクの免許もまだダメだ。
結婚も可能な年齢になったが、定職もない高校生ができるはずもないし、相手もいない。
大学の説明会に行くと、理系は内容がどんどん高度になってきているので、4年ではなく6年かけて勉強するつもりで進学してくださいって話を聞かされる。4年じゃだめなのか?ストレートで行っても24まで学生?理系6年は1千万コースですぜ…デフレの時代に授業料高い。
兄ちゃんは4年希望なんだけど…
学生してたら、年だけ取っても、いつまでも大人になれない感じ。

子供に夢を!って言ってもさ~~現実問題、返還不要の奨学金を取れる優秀な生徒以外、お金がなければ学校にも行けないのが現実ですわ。当然、お金以前に成績も必要だけど。
学費の払えない学生は除籍って、やたら強調して書かれている。努力して入っても、お金払えなければ終わりだって。

今日のトマト

今日のトマト。どこにもピントがあってないが…近くから全体にピントがあわない。
コロコロと何個か実がついてきた。
トマトの実がころころついてきた
毎日、シロンが前足でポンポン叩いて受粉作業のお手伝い…の成果があったのか、シロンのたたきやすいとこの方が出来がいい。
今日のトマト
1房に数個実がつくと、その下にある葉が何もしなくても勝手に枯れて落ちていく。
すごいね~。何に栄養を与えればいいか、トマトが判断しているんだろうか?って思うくらい余分な花や枝を枯らして落としていく。
最初から選定してこんなにボサボサにしなければ、1房にたわわに実ったのかもしれないが、とにかく生え放題なんで、トマトもたいへんだ。
夏の暑さと室外機の熱風で色が変わって枯れかけて、もうダメだと思ったけど、水はあげ続けておいたら枯れずに耐えて、その後一気に伸びたトマト。
下の方にも実がつき始めた
下の方はここ1ヶ月くらいで新しく生えて伸びた。
右側の刺さっている棒より小さいのが種から育てたトマトだけど、やっと花が咲き始めた。

ブラッツ

部屋の片付け中に出てきた品、ブラッツ。
ブラッツで~~す
さやが幼稚園か小学校の低学年くらいの頃にはまっていた人形だが。。。不気味。
超くびれたウエストと長い脚に不似合いな巨大でつくりの濃い顔。アメリカ!って感じの人形。
洋服や小物がリカちゃんよりオシャレだったのが、さやにはよかったらしい。顔は気にしないって…
パパは見たら投げ飛ばしたくなる気持ち悪さだって毛嫌いしてたけど。今はもう、さやもいらないそうだ。

さやが一番気に入っていた点は。。。
靴が脱げないこと。素足に靴が描いてあったり、ブーツ型だったりタイプはいろいろだが、足首の上辺りから丸ごと取り替え式。
リカちゃんみたいにふにゃふにゃの靴がすぐにどこかに行ってしまう心配がなくていいってことだったが…
靴じゃなくて足首から丸ごと取り替え式
真ん中の人形の背が低い…と思ったら、足先が丸ごと外されて、なくなっていた。
こんなに大きなパーツでも、失くしてるよ!
リカちゃんみたいに足はあって靴がなくなるだけならいいけど、足先がゴソっとないのは、ちょっとね~
横の子の足をつけてみた。
黒人の人形に白人の足。なかなかえげつない人形でしたわ。
売っている人形の横に取替え用の靴というか、足首から先が一緒に並んでいて…
小さい子用の着せ替え人形ではなく、15歳以上対象の品だったような気がするが…その年で着せ替え人形は普通じゃない…
今時のフィギュアは手足どころか顔も表情別に付け替え式だし、使わない顔とかコロコロ転がってるのも、嫌な感じするけど、何とも思わないんだろうなあ。

方向音痴

前からひどいと思っていたが、さやの方向音痴はひどすぎる。
この数週間に何回も行っている場所で迷子。
母は何も言わずに、さやに任せてみると。。。

地下鉄の駅からバスに乗る道がわからない。
改札出て、長~~い階段を上って、外に出て「あれ?」
ダッシュで元に戻る。
改札出て、左に行くとこを右に行ってたって、どういうこと?
なんで、右も左もわからない?しかも、そんなに長い距離歩くまで気付かないって…
いつも他の人にくっついて、ボケっと歩いているから、何回行っても覚えていないんだな。

もとに戻って、反対側に歩き出したが…次の出口も右と左、間違えたようだ。
自信満々で歩いて行くが、どう見ても前にバス停らしきものはない。
後ろを振り向くと、信号の向こうにバス停がある。
出口を間違えて、道の反対側に出てしまったようだ。

まあ、バス停は見えているから戻ってみると…
バスの行き先は「京都駅」・・・それ反対だぞ。行きたい方向は逆だ。
そういうのが、パッとわからない。
地名を聞いても、まだ京都の地図が思い浮かばないらしい。兄ちゃんは地図が強いから、すぐにわかるのだが、さやは全然ダメだ。
そこで待っていても、いつまでたっても、目的のバスは来ない。逆向き。
は~~、1人で行ってたら、目的地に到着できそうにない子だわ。

すでに改札出てから15分くらい時間を無駄にしている。集合時間があるから助けてやるか。
方向が逆だから、反対側のバス停に移動!って言っても、どっちに歩けばいいかわからない。
大きな道を挟んで向かい側に見えてるバス停だって、なんでわからない?

そして、目的のバスが来て、一人で乗っていったのだが…
駅に戻ってから、壁の表示を見たら、さやが上がった出口とは全然違う出口に「北行きバス乗り場」って表示が。
ここから出ていれば、迷わなかっただろうに。。。っていうか、一番近くて、大きくて、エスカレーターもあって、普通に地上に出られたんですけど。。。

バスを降りた後も、そこからけっこう歩かないといけない。
それ以前に、ちゃんと目的のバス停で降りられるんだろうか?
数十分後、「迷わず着いた。えっへん!!」ってメールが来た。
そんな威張るようなことじゃないけど。。。さやにはすごいことだったようだ。
確かに、超方向音痴のさやが迷わず目的地につけたのは、驚きだ。
近所のスーパーから家に帰って来るのに、まるっきり逆方向に行ってしまった子だからな…

一方、兄ちゃんはまったく乗ったこともない地下鉄と私鉄を乗り継いで、大阪へ。
母も全然行ったことのない場所なので、どんなとこか知らないが、1人で行って帰って来た。
兄ちゃんは駅の表示と地図があれば、多少迷ってもなんとかなるな。わからない時は人に聞くってこともできるし…特急や新快速に乗り換えて時間短縮も可能だが、さやはどの電車に乗るかすら、自分でわからない。兄妹で全然違う。

もうすぐバレエの発表会。
毎回、恒例の衣装の飾り付け。
ジュニアは自分たちでやるから親は解放されたはずが・・・今回は鳥の羽付けだったから・・・また。
去年は白鳥、今年は黒鳥。
白よりも黒の方が数倍つけにくい。
白い羽の軸は見やすいけど、黒い羽の軸は見難い。さらに黒い衣装に黒い糸。
キーーーー!!となりそう。

さやが「去年の白鳥の時と同じつけ方で黒い羽をつけて。」っていうから、丸1日かけて何枚もつけた。
去年は少しつけて、つけ方が間違っていないか先生に確認してもらいながらつけたから、全部つけるのに1ヶ月くらいかかった。
それよりは少なかったけど、さっさとつけようと、1日かけて必死につけたのだが。。。
根本的につけ方間違ってた。
バカ娘~~~!!!しっかり話を聞いてきてくれ!
すべてがムダになった。

今年は練習中に羽が傷まないように、衣装に羽を直接縫い付けるのではなく、別布に縫い付けてあとから丸ごと縫い付けるタイプに変更されてた。
だから~~一緒にもらってきた布が土台じゃないのか?って確認したのに…いい加減な。
何回も確認したのに…
布と布を縫い合わて針でザクザク縫っていくわけではなく、1ヶ所づつ糸で軸をくくりつけていくから、すっごい手間なんですけど~~羽1本つけるのに7~8ヶ所結び付けないといけない。
何時間もかかってつけたのを、全部切り取って、別布に縫い直し。外すだけでもずいぶん手間取った。羽も傷むし…怒。
30分で2本くらいしかつかないんだけど…あと何時間かかるやら??ちょっと休憩。
でも、昼の光の下でやるより、蛍光灯の方が黒い羽の軸が光って見えやすいというのがわかった。夜中につけるか…

23年目

昨日、兄ちゃんと一緒に出かけた帰りにケーキを買った。
兄ちゃんは「僕の好きなケーキ屋の前をたまたま通りがかったから買った。」とさやに説明。
あのね~~10月7日は結婚記念日なんですけど。

BIS君の誕生日が10月17日なので、カットされて忘れ去られている。
さやも兄ちゃんも「初めて知った!!」と驚いていた。
ほ~~、それはこっちも驚いた。知らなかったのか…
まあ、いつも何もしないからな。

昭和63年に結婚しているから、平成元年で1年。
今年が平成22年だから22回目の結婚記念日ってやつです。なんと、23年目突入。
結婚した時、パパ22才、母23才なので、現在44才と45才ですが…。40代のうちに銀婚式になるよ。
パパが18の時から一緒にうろうろしていたから、まあ長いこと。
18で働き出したわけではなく、22まで大学行っていて、23で結婚って早いな。
BIS君、次の誕生日で18になる。が、彼女いない歴そのままの年数。 【“23年目”の続きを読む】

お~~!!

好き放題伸びていてもっさもさのトマトだな~と眺めていたら…
もっさもさで何がなんだかわからないトマト
発見!!
あ!!
全く実のならないトマトに、ついに丸くなりそうなものが!
実になりそうなのができた
細長いけど…実が熟すのに20日くらいかかるらしいから、育つ前に寒くなってダメになってしまいそうな気もするが…
今年、売っているプチトマトも細長いのが多いけど、これもこのまま丸くならないのかな?黄色い丸い実ができるはずなんだが…

ある程度伸びたら、先端を切って伸びないようにするそうだが、ガラスの壁より小さかったらそのまま枯れてしまいそう。
枯れた葉っぱは切り取ったけど、先っぽはそのまま伸ばしておいたら、今、モロヘイヤに負けないくらい急に伸び始めた。
夏も終わりかと思ったら、ここにきて急成長するトマト
          ↑これ、バジル。
母もシロンもこの香りが嫌い。シロンなんて近づけると、くしゃみする。
トマトも嫌がる。でも、モロヘイヤの葉っぱは食べようとかみつく。
犬にも好みがあるようだ。でも、いきなり出てきて、モロヘイヤをぱくり!って・・・実は食べちゃダメ!ってことで、下の方の花はむしっておいた。

花としては、あまりきれいな花ではないな~
花に栄養をとられるのか葉っぱしわしわしてるんだけど
そして片っ端から落ちていくから、下は枯れた花だらけ。

トマトより小さい花だけど、モロヘイヤの方が花らしい。
モロヘイヤの花
これは1つも落ちずに全部実になっていく。
小豆も黄色い花だったし、食べ物って黄色い花が多い?

トマトの花はたくさん咲いているけど、よく見ると、かなり枯れている。
けっこう枯れているのだ
花もガクの少し下から枯れて、ボトっと落ちるけど、それより下の段の葉っぱも付け根から枯れて落ちる。
限られた養分をどこに使うか、植物が考えてるって気もする。ぽとぽと葉っぱを捨てていくって感じ。

でも、一度枯れたとこから、また出てくるけど…
けっこう背が高いんだな、トマトも
この出てきた芽を人間が摘み取ってやらないと、いい実はできないらしいが…
下のほうからまた伸びてきた
夏の間に枯れてしまいそうだったから、せっかく出てきたのはそのままに。。。なんてしてたら、すっかり下の方のまで大きくなってしまった。
これじゃあ、栄養が行き渡りそうにないけど、ここまで大きくなったら今さら切るのもね~ってことで、そのまま全部ぼっさぼさに生やしている。実はあまりできないかもね。。。
右側の小さいのが種から育てたトマト
向かって右側に写っている小さいのが…左で育っているトマトの苗を買ってくる前に種をまいたトマト。
このものすごい差は何なのだ?この小さいのにもつぼみがつき始めた。
なんか、遺伝子操作されてません?売っている苗。

カメラ

テレビを買い替えて部屋の大幅模様替えを強いられたので、普段開けない場所のモノもひっくり返して要らないものチェック。
20数年前、母が買った一眼レフが出てきた。買ったのはパパではない。
MINOLTA α7700i フィルムの一眼レフだが、電池は必要なタイプ。
(アルファがギリシャ文字じゃなくて、アルファベットのaみたいな字が出てくるんだな…下書きでは昔ながらのαが出ているのに…)
小さいのが古い方で、大きいのは250mmの望遠をつけたEOS Kiss4。
昔使ってたカメラ
なんかピントあってないけど…グリップの色変わってるよ…汚い。
それより後に買ったハンディカムなんて溶けて手にくっつくくらい劣化して、廃棄。それに比べればさわれるだけマシだけど。
持った時に右側がボコっと前にでっぱって、左が横に飛び出しているこの形が好きなのだが…Kiss4は左側がやけに短い。
ついでに、上位機種は左側にモードダイヤルがついているのに、Kiss4は右側、これ嫌い。左側にあった方が動かしやすいのに…なんでKissシリーズは右なのだ?

古いカメラ、EOSと比べるとずいぶん軽い。
といっても、内蔵フラッシュがこれにはついてなくてフラッシュ外付け。
これはパパが壊したので残っていないが、フラッシュ分は重たくなるけど、レンズが軽い。今のレンズって重いわ。
ミノルタもEOSも初心者用のキットレンズだから、たいしたレンズでないのは確かだが…
α7700iについているのは200mm望遠。
これ、フラッシュなしで体育館とか室内で走り回る子供の撮影は全然できなかった…暗くてボケボケ。そして、使われなくなった…
パパがフラッシュ壊して、新しいのを買いに行ったら、もうその頃には内蔵フラッシュのカメラになっていて、外付けの小さいものは売っていなかったのだ。
本格的に撮影する人用の大きなものしかないってことで、それより安いデジカメ買って帰って来たんだわ。
でも、兄ちゃんの6年生の運動会までは、外では使っていたな~6年前…買ったのは20年以上前だから、長持ちだ。

父が使っていた300mmの望遠はずいぶん巨大だ。
ミノルタのカメラ
カメラが2台買えそうな値段って言ってたけど・・・これはすごく重いです~~
使っているとこ、見たことないって母親が言ってた…何のために買ったのか??
大きいレンズは重い
でっかいレンズはなんか専用の入れ物に入っているけど…今となっては何の価値もないレンズって感じ。 【“カメラ”の続きを読む】

熱い棚の商品

パパは四国、さやは京都、兄ちゃんとシロンしかいない。静かだ…
さやが3人分はうるさいからな~
出張の時に写真撮りたいからって、小遣いでカメラ買ったはずなのに、毎回持って行くのを忘れるパパ。
富士登山に行きたいって行っている人が、金比羅参りで疲れているようでは…
丸亀にいるはずが、なぜか鳴門の写真が。。。外を歩けるような私服持って行ってないけど、スーツで行ったのか?まさか、あの部屋着で??

と、パパの話はおいといて。。。使用中の蛍光灯や電球って熱い。
触れられる程度の温度のものもあれば、ふれただけで火傷状態ってものもありそう。
家の中では高い位置についているから触ることもないが…
お店で棚に並んでいる化粧品を取ったら、箱が異常に熱かった。

きれいに見せるためにライトが棚についているのだが…そのすぐ上下にびっしり化粧品が並んでいる。
ライトの発した熱で、化粧品がアツアツ。
買うつもりで行っても、こんな状態では買いたくないな。
毎日、お店が開いている間中、12時間くらいは50℃くらい(もっと高いかも)ありそうな場所で温められた化粧品なんて、品質劣化していそう。

高温多湿、直射日光の当たる場所には保管しないでくださいってたいていの化粧品には書いてあるのに、売っている店で熱い棚の上に乗せて売っているのはイヤな感じ。
化粧品を持って、「熱い!」と手を引っ込めたくなるほどの状態ってかなりの高温だと思うけど、なんでそんなとこに並べて販売しているんだろう。
売っている人は自分が使うわけじゃないから気にしない??

いくらきれいにディスプレイしてあっても、買う気にはなれないんだけど…あったかい化粧水とか、熱々で箱の持てない美容液とか。
1本1万円とか安くないものでも、平気で熱いライトの上に置いて売っている。
化粧品ってデリケートなものじゃないのか?
紫外線とかの影響を受けにくい容器に入れているってメーカーもあるけど、容器が高い温度で温め続けられるっていうのは想定されているのか??

デパートの化粧品は、日の当たらない棚から出してきてくれるけど、ドラッグストアだと下からライト、上は窓からの直射日光ガンガンに当たっているとこにも平気で陳列している。
スーパーでも、日用雑貨コーナーの商品はライトを当てていなくて、同じ店でもおしゃれなコスメコーナーの方だと、照明がめいっぱいつけてあって商品が熱い。
こういうの買う気にならないよね~といっても、なんで?って言われる。
気にしない人は気にしないんだな。
気になる人は買う方が店を選べばいいのだ、選択肢があるとこなら。

でも、もっと生もの、肉とか冷凍食品でも、トラックから倉庫への移動の時に炎天下に放置されて、冷凍のはずが溶けてる…っていうのも普通にあるらしいし、客の見えてないとこで溶けて再冷凍された品が、売っている方はそれを知っていても普通に売られているんだから、化粧品くらいではだれも気にしないんだろうな。

蛍光灯

リビングの照明の中はFHD器具専用・二重環形蛍光灯、昔のより細いのが2本一緒になっているやつ。
長持ち、最後までチラつかないってことで、つい取替えを怠っていたら、突然切れた。

普通の蛍光灯は年末の大掃除の時に毎年交換していたのだが、これは3年くらい交換しないで大丈夫ってことで…いつ取り替えるのかすっかり忘れて放置していたら、突然、ブチっと切れて、つかなくなった。
最後までちらつかないのはいいかもしれないが、突然切れたら…予備が買ってない~~。

消えたのは夜の8時ごろ。昔と違って、今ならこの時間でもスーパーはあいているけど、わざわざ買いに行くのも…
兄ちゃんやさやの部屋だったら、部屋の照明は1つしかないから、仕方なく買いに行ったかもしれないが、これ使っている部屋にはもう1個大きな照明がついてるから、多少暗くても部屋が真っ暗・・・ってことはないので。

ついていても、ある程度時期が来たら交換しないとね…
でも、照明器具って1日中使っているわけでもないし、何時間使用可能って書かれても、いまいち取り替えのタイミングがわからない。何年くらい使えるのか・・・??

偶然同じ日にご近所さんも同じタイプの蛍光灯が突然切れたそうだ。
停電かと思ったら他の家はついているし、自分とこの蛍光灯が切れただけ…他の部屋もつくし…突然切れるなんて思わなかった…って。
切れる前の蛍光灯はチラチラっとするって思っているから、普通についていたら、多少暗くなってきていても、毎日のことだから気付かないよな~普通。

家電量販店では売っていたけど、スーパーの家電コーナーにはこの蛍光灯は置いてなかった。
セール品で3500円だったが、通常価格はもう少し高い。
普通の蛍光灯の2倍くらいするものな。
それで長寿命だったら、買い替えする人も少なくて、スーパーでは置いていても売れないんだろう。
別のスーパーでは同じタイプの小さいサイズのものが売れ残って在庫処分品になっていたが、欲しいサイズの新しいものは置いてなかった。

平面二重らせん形蛍光灯・スパイラルパルックっていう新タイプが出ているみたいだし、中途半端なツインパルックはもう消えていくんだろうか。
白熱球は電球型蛍光灯やLEDにかわったけど、蛍光灯は太いタイプの方が需要が多いんだろうか?
どんどん蛍光灯の寿命が伸びて、買い替えないと商品が売れなくて、お店が困るような…
消耗品が長く使えると使う人はありがたいけど、売る人や作る人は需要が減って別のモノを作って売らないといけなくなるような…

取り替える時に、器具の製造年を見たら、7年くらい使っていたみたい。
天井にはりついた照明の蛍光灯を取り替えるには母ではかなり高い台が必要。
兄ちゃんがいてよかった。

虫まで育ってた

パイナップルの横の土を掘り返したら、中から幼虫がもぞもぞ。気持ち悪~~
これが噂のカナブンの幼虫?
1匹だけってことはなさそうだし、パイナップルの下にもいそうだな…根が伸びないのはこいつのせいか??
でも、掘って確認するのはイヤだ。
と思ったけど、知らずに土の中で飼っているのは、もっと嫌だな。
仕方ないから、全然根を張らないパイナップルをどけてみたら、いるいる。
伸ばしたら3~5㎝くらいあるかも。
見つけた数、8匹。近くに密集してうじゃうじゃ。
虫がいる~~
土から数cmのとこしか見てないから、もっと深くにいたらそのまま。
他のプランターにもいそうだな。

つるっといしたイモムシならまだしも、毛が生えていてより気持ち悪い。
しかもやたら激しく動く。1匹取り出して、別のプランターの土にのせてみた。
もそもそ・・・とのんびり歩くっていうんじゃなくて、けっこうスピードのある動き。
そして、バタバタのた打ち回りながら土の中へもぐっていく。
もぞもぞ
さらにもぞもぞ
写真は左→右で上から下への順番。
こんなの動画で記録しようなんて思えない…まあ気持ち悪いのをお子様たちに見せるために写真は撮っておいた。
保存せずに消去したけど、ここには残る…小さめにしておこう…
殺生はいけませんなんて言わない。全部退治。

これ見たら、もうさやも野菜や花を育てるって言わないだろう。
土や草のあるとこに、必ず虫が来るんだから。
だから、母はガーデニングなんてしないのだ。

今日も朝からブロッコリーに1cmくらいで太さが1mmくらいしかないような、ひょろひょろの虫がいたって、また騒いでいたBISとさや。
上にいるみたいな大きなのがついてたら、大騒ぎだな。。。
でも、時々ブロッコリーの房の中にひそんでいるよ、でっかいやつ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。