BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロヘイヤの実

モロヘイヤに実ができ始めた。
モロヘイヤの実
小豆と同じタイプっぽいな。
下にぶらさがるんじゃなくて、真上に向かって、サヤがついている。
きっとこのサヤの中に種が入っているんだろう。
これ、有毒らしいけど。。。知らずにシロンやチョコに食べさせたら。。。
もうちょっとアップした実
写真は横向いているけど、本当は上向いている。
まだサヤができて数日だから、もっと大きくなるはず。
少し大きく撮ろうと思ったら、母の背が届かない。踏み台持ってくるの嫌だから、無理やり茎をひっぱったのだ。
こんな高いとこまで一眼レフ持ち上げるのは嫌なんで、サイバーショットで。

急に涼しくなったから、暑いのが好きなモロヘイヤがどこまで耐えられるかわからないが…
まだ上に育っていて、本体は床から2m近くまで大きくなった。

こっちはパイナップル。
パイナップルの上のとこを土にのせたら育っている
買ってきたパイナップルの上の緑のところを土の上にボン!とのせておいたら、こんなに育った。この半分もなかったのに。
いつもならゴミ箱に捨てる緑の部分を育ててみようってことで、土の上にのせておいた。
にんじんや大根の切り落としたヘタを置いておくと、そこから葉が出てくるようなもの?
もともとトゲトゲの葉っぱだったから、それがさらに成長しているみたい。
あとから調べたら、下の方の葉は取り除いて、茎みたいなとこだけ植える方がよかったらしい。

内側からどんどん葉っぱが出てくる。朧月と同じような育ち方だな。
なぜかパイナップル
もう2ヶ月くらいたつけど、根っこはあまり出てなくて、さわるとユラユラするんですけど…

こっちはトマトの根。
トマトの根
土の外にはみだしてるのは。。。プランターが浅くて持ち上げられたのか?

1個も実ができないけど、トマトの花はたぶん100個以上咲いている。
トマトの花
黄色いプチトマトができるウィルス耐性苗っていうのを買ったけど、収穫ゼロ。
トマトもナスも実ができないで、食べられないモロヘイヤの実はできた。種は取れるけど、べつにいらないなあ。
お店で売っているプチトマトも最近やたら値段が高くて出来の悪いモノしかないんだけど…不作なんだろうか?
スポンサーサイト

最優秀賞

最優秀賞はBISではなく、さやのクラス。
昨日と今日は文化祭。
合唱コンクールは2位だったらしいが、運動会の時に作った学級旗が最優秀賞。
製作責任者のさやは前に出て賞状もらってきたとかで、自慢げ。
目が自慢なんだって
目がご自慢の龍。
目が一番重要って言われるから、他の人たちが目を描くのは嫌がるので、さやが代表して描いたそうだ。
他のクラスの旗も並んでいる
これ以上下げると子供の頭だらけになるんで、上にみょ~な空間がある写真になってしまった。
アップで見るとカッコいいけど、離れて見るとちょっとゴチャゴチャした感じがしないでもないが…周囲にいたお母さん方の評価は、さやのクラスがダントツ1位。やっぱ、龍の目が迫力のある顔にあっているって。
ここには5枚しかないけど、本当はもっとたくさん飾られてる。今時珍しい子供の多い地域だから…


家に帰って来るなり、「ママ、学校にいつまでいた?」
いつまでって。。。美術部の展示を見に行ったら、さっさと帰れ!ってさやに追い出されたし、他に見るものもないから、すぐに帰ったけど。
「え~~、美術部にはいて欲しくないけど、最後まで見ていればよかったのに!学級旗が最優秀賞で、さやが代表で前に出たんだから~~!!」
そんなこと言われてもね~
帰れって言ったのさやだし、午後からは見るものもなかったし…最後の表彰式までいる予定は全然なかった。
それに見られるの嫌いじゃなかったのか??勝手な。。。
「何で最後までいてくれなかったの!!」って言われても…
賞状もらっている写真を撮って欲しかったらしい。きっと先生が撮っているって…

龍はカッコいい系だけど、クマはこんなにかわいい系で描いていた。
クマはかわいい系で
手抜きだな。。。

車輪型

兄ちゃんが、車輪型を使うとは珍しいな。
人の形をしていないものはロボットじゃない!って子だったのに。
中学の頃は二足歩行でないとダメみたいにこだわっていたのに…
べつに移動できれば足じゃなくてもいいでしょ…になった。
車輪でもキャタピラでも何か別のものでも、移動手段は場所によって適したものがあるはずだって。

移動することよりも、アームやハンドの方に興味があるのか??
2本足で歩く人間型への執着はあまりなくなったようだ。
人間にとっても直立二足歩行はけっこう負担あるっていうものな。

ロボットも何かを支えにして障害物を跳び越すとかもあるだろうし…そういう時は長い足があったら邪魔だし…
常に人の形をしているロボットじゃなくてもいいわけだ。数年でかわるものだな。
変形が好きな子だから、形状が変わるものに行くのか…

ビュートローバー

勉強の合間に、こそこそっと、C言語で記述してビュートローバーでライントレースをしていた。
ノーマルのビュートローバーで、センサーが2つしかないから、たいへんだ。
直角を曲がる方が、曲線を走るだけより難しいってことで、つい張り切ってやってしまった。

ラインを踏み外したら、後退してラインの再検出をするようにプログラムしてみた。
ライントレースをプログラムで書くのは初挑戦だったが、とりあえずできた。
勉強の合間で時間がかけられないので、まだ直線でふらつくのが気になる。
あと1組、センサーがつけたい。

こっちは作り始めた頃。手書きのコースでやったもの。 9月11日

この時は、まだ直角未対応。しかも電池が消耗していて、遅い。
そこから数回改良を加えて、直角も曲がれるようになった。

地デジ化

やっと地デジ導入。
テレビってあまり見ないから、べつに慌てなくても…エコポイントも来年の3月まで延期になったっていうし…と、のんきにかまえていたのだが…
地デジ移行まで1年を切って、最近は画面の上下がカットされ、その部分に早く地デジに切り替えを…というテロップが出っ放しでうっとうしい!と、テレビ利用率の一番高いさやがうるさい。
ギリギリだとテレビがなくなるとか、工事がしてもらえないとか、中学生の間で噂されていて、心配らしい。
べつに、しばらくテレビがなくてもなんとかなりそうだけどね~うちの場合。
配達さえしてもらえるなら、うちは工事要らないし…マンションの地デジ工事は早い時期にすんでいる。

レコーダーの方はまだもう少し後でもいいでしょってことで、今回はTVだけ。
小さい方のテレビもまだあるけど・・・レコーダーも2台目のテレビもSONYで揃えたら、何かと便利機能が・・・ってことで、もう次に買うのもメーカー限定ですわ。
なぜかパパはテレビやビデオは片っ端からSONYです。

デジタルになったテレビの反対側にアナログのテレビが置いてあるのだが。。。
同じ番組をつけていても、流れているテレビの画面が違うんだね~
デジタルの方が遅い。アナログの方が数秒先の場面を放送している。

横に広い画面って好きじゃないんだけど…
最近の子供が見るようなテレビって、上下に文字でその場の会話を書き表したり、「うるさい!」とかどうでもいいリアクションまで出すから、ただでさえ狭い上下の半分くらい文字で埋まってる時もある。作り手の強調したいとこはこれなんです!って文字で主張したいのかもしれないけど、邪魔。耳の悪い人にはやさしい配慮かもしれないけど…
でも、英語はいいとしても、他の言語を吹き替えなし、なんの解説もなし、字幕だけで流していると、テレビの見えない場所で音だけ聴いてる人とか、母のように裸眼ではテレビが見えない近眼の人にはな~~んにもわからないんだけど。

それにしても、巨大なテレビが一眼レフのカメラより安いっていうのも。。。
最新のものではないといっても、普通にパンフレットで紹介されている機種だけど…
今年2月に発売されたものなので、在庫処分特価です!って。
半年たったら、もう古いって言われるのが当たり前の電化製品って。。。

40V型だからうちの基準では十分に大きいテレビなのだが、お店ではそれほど大きくない。
今時の基準で選ぶとうちのリビングならもっと大型サイズ、55とか60がおすすめらしいが、どう見ても大き過ぎる、ありえないって感じ。
しかもそういう大型の最新機種だと、1m以内に人が近付いたら警告が出て画面が見れなくなるとか…そんなのでは、うちなんか人が通るたびにテレビに怒られそうだ。

いくら新しい技術を使いたいからって、そんなに次々大物の新製品を出していたのでは、ムダが多いような。。。
電気代は安くなって省エネかもしれないけど、こんなに大きなモノを作るのに、いろいろな材料を使っているんだから、あまりエコではないような気がする。
来年の7月までに新しいテレビにかえるか、チューナーをつけないと、今あるアナログのテレビで放送は見れなくなるってことで、エコポイントが他の商品より多めにつけてあるみたいだけど…
買い替えで26000ポイント、現金ではないが26000円分戻ってくる。もう少し大きいのを買えば、36000ポイント(リサイクルで+3000ポイント)だって。それで小さいテレビがもう1台買えそうだ。
もっと大きくて高額な冷蔵庫でも14000ポイントだったのに、テレビはたくさん戻ってくるのだな。絶賛、買い替え推奨中~~って感じ。

でも、テレビボードも買い替えないといけないんですけど…うちはテレビボードが上下左右あってテレビの部分だけあいているタイプだったから、横に広い今時のテレビは元の場所に入らない。
テレビボードだって20万以上したし、まだ十分使えるっていうか、一生モノって感じで買った(デパートの特売品だったが、もとは50万くらいする高価なやつらしい)家具なんで、テレビは捨ててもこっちは捨てたくない!!
仕方ないから、とりあえず木製ベンチの上に置いてある。
そしてあいた場所がシロンの小屋…ではなく、まだ録画機器が揃っていないので、録画が必要な時用に小さいテレビを入れておいた。
このテレビ、実は昭和の時代に買った物。うちで一番古い電化製品だな、たぶん。
ゲームする時だけ電源入れて使うように置いてはあったけど、普段は電源も入れていないただの邪魔者。
23年経過しているが、いちおう使える。でも捨てるにもお金がかかる。引き取ってもらった大きい方のテレビの半分くらいの大きさだけど、処理費用は一緒の金額だ。
実家にはもっと古いテレビがあるけど、これも全部そのままでは使用不能になるんだな、来年の7月25日から。ゴミの山??
昔の電化製品ってわりと壊れにくいのに…平成になってしばらくしてから、壊れやすくなったけど・・・

1人暮らしのお年寄りなんか、これだけ言われていても、わかってない人とかいそうな気がする…それにつけこんだ悪徳業者とか…
高齢者家庭中心に訪問相談とかしているっていうけど、まだまだアナログのテレビの家もけっこうあるけどね~
お年寄りの方が家でテレビ見ている時間とか長そうだけど、地デジ?そんなカタカナ、わけわかんないって人も多そう。わかっていない人に説明するのは難しそうだ。
しかも、「今時のテレビには説明書はついていません。テレビの画面にマニュアルが出るので、それを見てください。」だって。これもお年寄りにはハードル高そうだ。選択肢が多くて選ぶのが難しいかも。

お団子

今日は十五夜のお月見なんだと張り切るさや。
団子が食べたいだけです。
今年も自分で作るのだと、粉は買ってあるので、練ってゆでるだけ。本格的に作る時は20分くらい蒸すと書いてあるが、お手軽に作るには1~2分ゆでれば完成。
当然、お手軽な方で。
去年は丸いのをたくさん作ったけど、今年はへそ餅にしよう!ってことで、ぺたんこのお餅メイン。
へそ餅って言っても、全国区じゃないよな。。。静岡地区限定のお餅らしい。
丸いお団子をベチャっとつぶして、真ん中をおへそみたいにくぼませたヤツ。
さやの作ったのはいまいちだったので、ネットで検索したらみつかるのではないかと。。。

肝心のお月様の方は、夕方から突然雨が降ったり止んだりの繰り返しなので期待できない。
と思いつつ外に出ると、見えてるよ~~ま~るいお月様。
満月は明日らしいけど、普通に丸い。
このときは雲がないけど
すぐに雲が流れてきて暗くなる
でも、すぐに雲が流れてきて隠れてしまう。
月
これだけ撮っても風情も何もない感じ。

狼男?
わお~~~ん!
やけに目の光ったシロン君。
これはいったい何の生き物?
これ、珍獣?みたいな。。。餅をくわえた犬。

なぜか、こんなところに入り込んだシロン。
シロンがこんなところに
口からお餅をべろ~~ん。
べろ~~ん
普通の餅より切れはいいけど、ずいぶん苦労していたから、小さくして食べさせないとダメでしょ。
シロンにピントがあってくれない
いや、僕は自分で切るから大丈夫です!とは言わないけど、頑張るシロン。
けっこう伸びるもんだな
子供相手に犬もたいへんですわ。

花が咲いた

モロヘイヤの花が咲いた。
モロヘイヤの花が咲いた
どんな花が咲くのか、全然知らなかったけど。。。
モロヘイヤの花
1cmくらいの小さい花。

食用にするなら、花が咲くと味が落ちるから、花が咲く前に葉を取って食べるように…ってことだけど。
モロヘイヤはさやの大好物なのだが、家でできたのは食べたくないんだって。
だから、どこまで背が高くなるのか、そのまま伸びたいだけのばしていたら。。。
土の表面から160cmくらい、プランターの底からだと180cmを越える高さにまで成長。
モロヘイヤとトマト
ただの葉っぱだと思っていたのに、ず~いぶん高くまで伸びるんだ。びっくり!
左がモロヘイヤで右はトマト。下の方で枯れかけているのがナス。

ナスもトマトも花はたくさん咲くけど、実が1つもならない。
ナスの花は片っ端から、ボトっと落ちる。トマトの花は茎についたまま枯れていく。
プランターが小さくて栄養が行き届かないと、めしべが伸びなくて実ができないって話だけど、ナスのめしべはめいっぱい元気に伸びている。でも、実はできない。
日照不足も実がつきにくいっていうけど、日当たりはよすぎるくらい。逆に温度が高過ぎるのがいけないんだろうな、たぶん…毎日40℃越えてたし、室外機の熱風を浴びまくってるし…枯れないだけでもすごいなと…過酷な環境下では、自分の成長に精一杯で種子を残すとこまでは無理なんだろう。
トマトがもさもさ
余分な芽を摘み取らないで好き放題に伸ばしたから、花はたくさん咲いているけど、実は1個もできないトマト。
害虫も全然よってこない、簡単な草だけどね~

虫と言えば。。。この前、ゆでたブロッコリーに芋虫がくっついたまま、運悪くさやのお皿に。
さやはそれ以来ブロッコリー恐怖症なんだって。
いや~~、普通はゆでる前に、母が取り除いているからお目にかからないだけで、調理している母なんて、もそもそ動いている芋虫さんに、遭遇するけど。。。今回は母のチェックを逃れて、一緒にゆでられてしまったのね。盛り付けたの兄ちゃんだし…
芋虫も食べるよい野菜ってことで、いいんじゃないの?
虫もつかない、農薬だらけの野菜を食べるより、健康的かも。
昔の枝豆なんて、中から年中小さい虫さんがゆでられて出てきたけど、今時の枝豆でそういうのが入っているのって見たことがない。。。その方が怖いね。農薬漬けの見た目はきれいな野菜…大豆は遺伝子組み換え食品の方かもしれないけど…

目が点

いや、べつにびっくりしているわけじゃなくて…
静岡のガンダムの目が光っている時って、目のようなところが全体的に黄色っぽくなっている写真とかのイメージと違って、真ん中に黄色い点が光っているみたいで、カッコいいガンダムって感じではないよな。
なんで目が点なんだ?
パパはこれを見て、「お茶目なガンダムだな。」
今回はこれ以上顔のアップを撮っていないから比較のしようがないが・・・
↓ 去年のお台場のガンダム、2枚。
ガンダム
ガンダム
暗い時の写真だと目の部分、全体が光っているみたいに見える。
今回は観客が少ないから節電してるんだろうか?真昼間だし…光が周囲に広がらないだけ?
目が点だと、かわいい系のガンダムになってしまう感じ。

このガンダムさ~決まった時間に首を動かすだけで、手も足も全く動かないんだよね~
だから、ただの置物、建物と比べたら小さい建造物に見えてしまうんだろうな。
これで手足が動けば、「うわ~大きなロボット!」になるんだろうけど…今のは…違うね。

東静岡ガンダム

夏休みに行けなかった…と嘆いているパパより一足先に東静岡へ。
毎時30分は顔が動いて目が光る
パパと兄ちゃんは去年のお台場の方は行ってるけど、こっちは行けるとしたら冬休みだな。
でも、10月からショップとかしばらく閉まるらしいから・・・とりあえず東静岡限定ガンダムを1個買ってきた。
ゲート入った辺りから、1枚。
入場ゲートの辺りから
入場無料だけど、平日の昼間、予想通りすいている。
下からの写真も今なら待ち時間なしで撮れます!ってことで、まずは左から。
ガンダムとビル
ドコモのビルよりガンダムははるかにちっこいのに・・・
道の向こうから
↑ これ、会場に入る前に道の向こうから撮ったガンダム。小さいです~
親戚の家に用事があったから、JR東静岡駅ではなく静岡鉄道長沼駅から歩いて行ったのだが…ここに来るまで全然見えなかったもの…ガンダム。
上の方アップで横に広いとこんなふう
みんな撮っていたので、一緒になって撮っていたのだが。。。係の人が階段前でど~ぞって言っていた。本当はここはダメなのか?もうちょっと前に進んだら階段があったわ。ここで撮れってことだったのか??
階段前
タッチ&ウォークなので、足元には人がウロウロ。
足元の人をよけてみた
下の方の人をカットして撮ってみた。
下からだと顔はわかりにくいかも
下からだと顔はよくわからないね。
こっち側 ↓ から撮るのがかっこいいかも。
こっちの角度がかっこいいかもね
そのせいか足元にはいつも人がいる。
足元に人がいるから、下の方カット
人が途切れるのを待っているほど気も長くないので、上だけ撮っておこう。
ここだと後ろに建物が写らないんだな。
太陽の下で写真撮っている時って、液晶しかないカメラだと、いまいちどこ撮っているのかわからないんだよね~
今回はサイバーショットなんで、とくに慣れていないから撮り難い。
モードによって、撮影後に処理中って文字が表示されて操作不能な時間がやたら長くて次が撮れない時があるから…ついでにズームの微調整がすごくし辛い。

下はあっさりとくぐりぬけて、後ろへ。
背後から
人をカットするから、足の下の方がない写真が多いな。
後ろから
あまりカッコいいって感じはしないが…

毎時00分からは7分間のショータイム。この時間は通り抜けはできず、階段前で止められる。
顔が動いている最中
でも真下って見難そうなんで、母は離れた所から見てみた。本格的ビデオやカメラを持っている人はガンダムコーナーの外から撮っている人が多かったから、なんとなく離れた方がよさそうな気がする。
階段前にいた係員に聞いたら、やっぱり真下だと顔の動くのはわかりづらいです…って。
人が写ってなかったら大きさがよくわからないな
ミスト噴出中
ミスト噴出中。
00分からは7分間のショータイムだって
足が写ってないと、ちょっとお間抜けな感じだな。
観客少ない
観客少ない…
なんとなく背景がいまいちですな
冬に行ったら、富士山まで見えるんだろうか?

こんなとこで写真撮っている人はいなかったが。。。母としては、こんなのが好み。
木の隙間から
木の隙間から。。。こういうのもいいでしょ

万博公園の太陽の塔が、夏はこんな感じだったな…周りの木がどんどん生い茂って、真正面からでもこういう風に隠れてあまり見えなくなっていた。このガンダムは外れた場所から撮ってるけど…

夏休みは夜までやってたみたいだけど、9月は18時まで。
ライトアップくらいしているのかと思ったけど。。。真っ暗。ぜ~~んぜん見えません。
暗くて見えない・・・
この写真 ↑ が肉眼で見たのに近いな。
やっぱり写らないな。。。
カメラが頑張ったらここまで写った。肉眼より優秀だ。
夕方6時までしかやってないけど、その時間ってまだ明るいし、ライトはついてもいまいちわからないらしい…12月までライトアップは見られないってことかな。
だれもいないね
それにしても。。。本当に住人のいない駅なんだな…8時前だというのに歩いている人もいない。
開催前には写真が撮れた階段やムービングウォーク周辺も全部封鎖されて人が入れないようになっていたわ。

BISが好きそうなので、撮ってみた。
薄い信号
うすっぺらい信号。

学級旗

今日は中学の体育大会。
といっても、小学校みたいに団体演技があるわけでもなく、記録会を親に見せている…って感じの、いまいち盛り上がらない催し。
さやは個人種目は走り高跳び。なぜか、これだけ体育館なので、人目にもつかず、競技参加者だけで細々とやっていた。2階から眺めている男の子たちも多少いたが…観客は少ない。

朝一番に始まる走り高跳びは予選落ち。
あとは出番がないので、家に帰って午後からのリレーを見に行ったのだが…30分ほど遅れています…ってことで、見たくもない玉入れや綱引きを暑い運動場で見るはめに。
なんで中学生が玉入れ??もうちょっと他の競技にすれば~~って気がするけど…

肝心のリレーは走る距離があまりに短い。
バトンパスがあるのに、1人の走る距離が50m。
もらったと思ったら、もうすぐに次の人。直線なんてない…ほとんどカーブで終わり。
兄ちゃんが6年生の時に、無謀にも親子対抗リレーっていうのがあって、子供は100m走るけど、親はそんなに走れないだろうから1人50mっていうリレーに出たことがあったが…
50mって短か過ぎる。全然走った気がしない。
あっという間にパスだもの。100m走らせてよ!って思った。50mでも辛い…って言ってる人もいたけど…パスで10mくらい使ってそうだし…ろくに走ってないよ。
大人がそう感じるんだから、ピチピチの中学生にたったの50mで次にパスしろっていうのは、酷なリレーだな。スピードが乗る前に次の人~って感じ。6年生が100mでリレーするのに、なんで中1が50m?
人数多くて時間がないかららしいが…そこは妥協しないで欲しいとこだな。玉入れや綱引き、削ればいいんじゃないの?


学級旗を振り回す、さや。
旗振ってます
この学級旗の製作責任者がさやなのだ。
美術部だからね~1学期からずいぶん時間をかけて作ったらしい。龍って、渋いけど、難しいものを…。
といっても、1人で絵を描いたわけではなく、手分けして描いているらしいけど・・・龍の目はさやが代表して描け!ってことで、目を描いたのが自慢らしい。顔は目で印象がずいぶんかわるし、たいへんだ。

一度だけ

ちょっと変わった物があって、高い値段のものでなければ、お試しで買ってみるが、気に入らなければ二度と買うことはない。
食べ物飲み物に限ったことではないが。。。なんか変わった物があれば、とりあえず試してみて、ダメなら二度と買わない。一度買ってくれたから、お客さんではないよな。気に入ってもらえなければ、次に続かない。
観光地だとリピート客はあまりなくて、一回限りの人も多いから、とりあえず目立って買ってもらえればいいのかもしれないが。。。

パパとさやは近所で見かけないジュースを買っていた。
ヘンなジュース
パパの感想(ウコンとトマトサイダーのみ)はこちら

鳥取の梨ジュース。
20世紀の梨の味はする。
でも、1個食べるには多いなあ…と、半分に切って1日くらい放置されていた梨の切り口の味。酸化したというか、サビっぽいというか、そんな感じの味。おいしくはないってことですな。

森永ホットケーキ味 ミルクセーキ。
ミルクセーキというより、メープルシロップジュース。ホットケーキ味ではなく、メープルシロップ味ですわ。

ウコンサイダー。
子供たちは「ウコン」というモノを知らなかったのか、「うんこ」サイダー!?
パッと見、そう見えなくもないが…なじみのない言葉より、知っている言葉に置き換えてしまう…
昔、1袋20円くらいで売っていた粉のジュースみたいに、粉っぽい飲み物。
1本200円位したような気がするけど…値段相応のものではないな。360mlでこの値段は高級飲料って感じだけど、粉っぽすぎ。(うちはパパがお酒の匂いもダメなんで、アルコール類が家にないから…200円で高級品ですわ。)
しかも、プラスチックではなく、ガラスのコップが黄色に染まるというありえない事態。許せん!

トマトサイダー。
これは、子供たち、飲む前から拒否。
甘ったるいトマト、といってもケチャップ味ではない…知らずに出されたら、すいかジュース?って聞きそうな味。でも、後からやっぱりトマト。母のこの感想を聞いてから、口にしたBISだが…「普通にトマトじゃん!」
BISは普通にトマトは食べられるけど…1口飲んで、拒否。二度と口にしない。
もともと、さやはトマトを絶対に食べないから問題外。飲むはずがない。
パパが買った責任をとって1人でほとんど飲んだな…

湯あがり堂サイダーは普通にサイダーだけど…普通と違うのはダイダイ果汁が入っていることかな?
でも、値段が高過ぎる。こんな小さいのに…たったの95ml…オロナミンCでももうちょっと入ってる…
しかも、フタが昔ながらの王冠。栓抜きがないと開けられない。
買ったその場で開けてもらうか、栓抜き持っていないと飲めない…不便かも。
お店の人に栓をあけてもらって飲むっていうのが、レトロでいいんだろうか?
昔の自動販売機には、栓を開ける道具みたいなのがついていて、勝手に自分で開けてたけどね~
さらにさかのぼって、手で開けて出していた頃は普通の栓抜きが置いてあって、自分で開けてたけど…湯あがりサイダーはサービスエリアのお店のレジの人が、その場で開けてくれるような口ぶりだった。さやはお持ち帰りだったから開けてもらっていないけど…
もう1回飲みたいっていうのは、1本もなかったな。。。
ホテルの大浴場前にある自動販売機や観光地のあちこちで売っていた大山牧場(だったような蒜山だったような…)の1個300円のアイスとシャーベットはどれもおいしかった。持って帰って来れないのが残念だ。

写真撮影

バレエ秋のリサイタルのパンフレット用の写真撮影。
教室の隅で順番に撮影してもらう。
ジュニアの発表会は、全員顔写真入りらしい。
さやは今回初めて出演だから…今までは小学生以下の発表会で夏開催。秋のリサイタルで新ジュニアお披露目。

順番に撮ってもらった後に、写真撮り直し~~!って言われた子数名。
プリクラの方がかわいく写るのに…と、ぶつぶつ。
確かに。。。美白やデカ目で、プリクラはかなり補正されるものね~
普通に写真撮られるより、プリクラの方が中高生は嬉しいそうだ。
でも、プリクラでポーズ撮ってる写真では、クラシックバレエにはあわない…
発表会で踊っている写真はプロに撮ってもらったのを喜んで買うけど…おすましして撮ってもらうのは…
1人でカメラマンの前に座るのが嫌なんだろうな、やっぱ。
目の前でカメラ構えられて、人に撮られるのって、慣れないと緊張しそう。プリクラは機械にポーズして、自分の好きに撮ればいいだけだし、ラクだ。
カメラマンと1対1ではなく、発表会で踊っているところを勝手に撮ってもらうのは、平気らしい。
中高生だと10年以上舞台に立っている子も多いものね。さやはまだ習い始めて7年目、短い方なのです。

絶滅危惧種

「王子動物園のパンダ、死んだ!」と、朝の新聞を見ていたさやが叫んでいた。「麻酔で死んだみたい…」
何回か見たことはあるけど、あまり記憶にない。うちはパンダよりレッサーパンダ派だし…でも、死んじゃったの~~

人工授精のための精液採取で、麻酔したまま起きてこないで死んじゃったみたい…それまでにも何回も麻酔はしたことがあるから特別なことではないって話だけど…
シロンは子作りじゃなくて、玉取り手術(去勢)をした方がいいけど、てんかんの発作を起こしたことがあるから、麻酔をすると二度と目を覚まさず死んでしまうかもしれない…ってことで、手術できていない。注射もしばらくしない方がいいってことで、予防接種も打たせてもらえなかったし…注射で何かを体内に入れるのってそれなりに体に負担がかかっているんだろうなあ。
だから、パンダ急死 麻酔中 の文字に、さやはびっくりしたようだ。シロンに麻酔したら死んじゃう??それはやってみないとわからない…って獣医は言ってた。そんなの怖くて頼めない。麻酔で死ぬより、もともとの寿命で死んだ方がマシだろう。

新聞には、6月にレンタル契約を延長したばかり。人為的な原因で死んだ場合、市は中国側に50万ドル払う必要があるって書いてあった。
この部分、ネットの記事の方にはのせてないんだよね。パンダいなくなったうえに、お金も払わないといけない??
やっぱ、今回みたいに人工授精を試みている最中の急死って人為的死?
人間が他の動物の生命の誕生を操作するってイヤな感じだけど・・・普通に行われてるよな~人間にも…やめればいいのに。
野生のオスだったら、競争に勝ったパンダしか子孫を残せないのに、保護施設育ちだったら…
このパンダ君、今時の草食系君だったらしいから、子供できないタイプだったかもしれないのに無理矢理…長く生きているのが幸せってわけじゃないけど、こんな死に方って…かわいそう。


そして、パンダとは何の関係もないが、販売終了して数年立つAIBO。
部品の保有期限もあと数年だろう。その後壊れたら…もうダメなのかな??
母は丸っこいAIBOが欲しくて、懸賞に応募していたことがあるが…毛が生えてないから、お金出して買うほどまでは…

女の人にはこのタイプのAIBOが人気だったと思うけど、なんか今日、このAIBOたちが船場のロボットパレードに出るっていうブログの記事を発見。
これよ、これ!!勝手にとんでいってくれない時があるから、アドレス http://torino02.blog.so-net.ne.jp/2010-08-28
下の方に出ている、たくさんのおめかししたAIBOたちがかわいいから、勝手にリンクしちゃう。
パレードにはこういう揃いの衣装が必須でしょ。
なぜか、文字だけで写真がなかなか出てこない時があるな…かわいい写真があるのに。
こんな方も。。。http://novco.blog.so-net.ne.jp/2010-09-09
2足歩行派の方とは別路線で。。。こういう方が母は好きだ。
でも、壊れちゃったら、もう修理してもらえなくなるよね…
動かなくても、生きている犬と違ってボディーは残るから、飾ってあげることはできるし、普通の犬より長くそばに置いておくことは可能か。。。

ネコのひらき

ぬいぐるみを作る趣味はないのだが、1年以上前にさやが買って放置しているぬいぐるみキットがあった。
夏休みも終わってしまったので、もう作りそうにない。
邪魔だから、どんなものか開けてみると…あ、これ、さやには100%無理ですわ。
かなり立体構造のぬいぐるみ。
フェルトで同じサイズのパーツを上下くっつけて綿入れて終わり!の簡単なものじゃなかった。

しかたないから、作ってみようかと始めたが。。。
いや~~・・・毛並みのある生地だから、型紙置くだけでも、面倒。
毛の向きに注意してと書かれているが、いまいちパーツ1つ見ても、どこがどっちむくのか完成した時の方向がわからないから、注意のしようもない。ぬいぐるみ作るの初めてだもの。

まあ、スペースに限りがあるので、適当に置けるようにおいていこう。
さらに、切るのもたいへん。
毛が抜けて抜けて、そこらじゅう毛だらけ。
半端じゃない量の抜け毛。イラ~~っときますわ。
布を切るだけで、そこら中にゴミの山って・・・服も毛だらけ。

モノが小さいから、縫う部分はたいしてないけど、パーツのどことどこをくっつければいいのか、説明書見ながら、やってみたが・・・けっこうややこしい。やっぱり、さやには無理だ。
切り抜いたパーツを見ただけで、首ひねってたもの。
母も一度間違えて、前後逆に縫い付けて、やり直し。
まあ、初めてにしては、ちゃんと形になってきたわ。

バラバラだったパーツをくっつけて、背中を縫い付けている途中、さやが「そのネコのひらき、早くネコにしてよ。気持ち悪い!」
まだ顔も何もついていないけど、胴体だけでネコのひらきに見えるのか。。。
背中だけくっついて、足が両側にブラブラ。
魚は足がないから、背中をくっつけたままお腹を開いたら、なめらか~な曲線を描いたようなひらきになるけど、ネコは足があるから、ちょっと不気味かも。

とりあえず、布を縫い合わせて、ひっくり返したら、なんかネコみたいになってきた。
頭だけ綿入り、体はまだ布だけ。
ネコ製作中
顔がついてないのはまだマシ、これをひっくり返す前の裏向いてるのがイヤ!だって。これより前は写真撮ってないから、現物を見せることはできないが…せっかくひっくり返したのをもう1回戻すのなんてしたくない。
裏をあわせて縫ってるから、ふさふさの毛の方じゃなくて、裏側のただの布部分しか見えてないし、汚いネコの開きでしたわ。

ちょちょっと縫い付けて、完成!耳は外付け。
あ、ど~も~、できたみたいです~
これ…黒目だけじゃなくて、目の色が2色…ぬいぐるみの目は黒1色の方がかわいいんだけど…2色使いは不気味度がアップする。
ついでに、目を縫い付けるときに、先に顔に穴を開けて目を差し込むっていう説明をしっかり読んでなかったから、表面にそのまま縫い付けてプラプラしてたし…後から穴をこじあけて、無理矢理差し込んだけど…
目がうまくはまっていない
ふわふわの顔に後から目をつけるのに、土台の形が変わるからつけにくい、つけにくい。
穴をこじ開けたときに、白い布を縫いつけていた糸まで切ってしまって、白い布がめくれてくるし、も~~面倒くさい。こういうモノつくり、嫌い。
お腹側
ひらきはかわいくないけど、立体化して綿が入っていれば、まあそれなり。。。でも、フラッシュ光りすぎ。

うちのわんこは前足でガムを押さえて、上手に食べる。
ガムは持って食べます
短いけど太いの食べるのはたいへんなのだ
ぬいぐるみのネコとシロンじゃ、顔と手足の比率が全然違うな。

防犯カメラ

防犯カメラの映像を見る機会があった。警察官と一緒にチェックすることに…こういうのって、立ち会わないといけないの?
テレビのニュースとかで防犯カメラに写った犯人の映像です…!って、汚い画像が出てくるから、てっきり誰かわからないようなビデオ映像が写っているのかと思ったら…きれい、きれい、はっきり。といっても、普通のビデオほどきれいじゃないけど、想像していたよりはるかにきれいなカラー映像。
知っている人が出てきたら、誰なのかすぐにわかる。
いや~、前のタイプは画像が悪くてさっぱり判別できないって聞いてたけど、今のはよく見えるわ。驚いた。数年で格段の進歩。古いタイプにお金払っている人は、バカらしい気になるだろうな。

真っ暗で何も写っていない時間帯もけっこうある。写っていないのは困るな…って言ってる人もいたけど、人がいないから撮影していないだけじゃないの?
これも、熱源とかを感知したらビデオが撮影開始するんだろうな。
映像が切れている時間は機械がサボっているわけではなく、写す対象がいないから写していないだけだろう。
・・・よく考えたら、映像が途切れていたっていうより、真っ暗な画面が続いてたような気が…ビデオはずっとサボらずに撮影を続けているけど、それが置いてある場所が真っ暗だから暗い画面しか撮影されてなかっただけか。この前のホテルの照明みたいに、人に反応してつくタイプの照明で、人のいない間は消えているから、周囲が真っ暗。カメラは決められた場所を撮り続けて、照明が人に反応してついたり消えたりしていたんだろうな・・・

センサーに反応するのって、ある程度の大きさの生き物だけじゃないんだろうか?
小さい機械に大きなモノを盗んでこさせることはできなくても、証拠になる映像を写しているカメラを使えなくしてしまえば、人間が作業できる。
悪いことをするのに、その補助を機械にしてもらえば、人間が簡単に作業可能だよな。
機械が高性能になるのは便利かもしれないけど、悪用する人は絶対いるから、困ることも増えそうだ。

それにしても、こんなはっきりわかる映像がいたるところで撮影されているとしたら…
防犯目的なら事件が起こらない限り、映像が人目にさらされることはないかもしれないけど、犯罪を防ぐために店の中とかでカメラで離れて監視されているってことは、よくありそうだ。

犯罪防止のためとか公共の利益のためではなく、個人の趣味でいろんな場所に隠しカメラを設置して、怪しい映像を撮りためている人がいても不思議じゃないよな。
カメラやビデオがどんどん小型化、高性能化しているけど…なんかよからぬ目的のために使われることも増えている気がする。
1ヶ所にカメラを置くだけじゃなくて、ロボットやラジコンに積み込んで、遠隔操作でどこでも撮影に行けそうだものね~
小窓の隙間から人間は入れなくても、小さい機械が入り込んで、悪さし放題なんて時代になりませんように。

コナンの町

コナン君の作者、青山剛昌の出身地にある青山剛昌ふるさと館。数年前までは大栄町と言ったそうだが、今は北栄町。
米子まで行ってたら、今なら境港の水木しげるロードに行く人が多いらしいけど、うちはコナン君の町へ。
行く前に鳥取のガイドブックを買いに行ったら、るるぶの表紙がゲゲゲの妖怪たち。
さやはそんな本、中身はよくても絶対に買いたくない!って…母も同意見だ…気味悪い。で、まっぷるの方を買った。
他の小中高校生に聞いたって、普通は「コナン!」って言うと思うけど…なんで、ゲゲゲの鬼太郎?子供は絶対嫌がるのに…

道の駅・大栄の横にある青山剛昌ふるさと館。
水木しげるロードに比べて知名度が低いのは、役所の売り込み方が下手だからって噂だが…
おじさんおばさんなら自分の意思で鳥取まで行けるだろうけど、子供は大人に連れて行ってもらわないと遠くから勝手に行くことは難しいから仕方ないか…公共交通機関の便はとっても悪いし…
コナン君の支持層は子供だからなあ。これだけのために行っても、他が…

無免許のBISが車を運転しようとしているわけではない。
免許なくても平気
建物の前には阿笠博士のビートル。誰でも自由に…扉も開くから、乗れる。

記念館は有料だから、ここで記念写真を撮って、お土産コーナーでグッズを買って帰っていくだけの人も多い。
阿笠博士のビートル
うちも次の予定があるから、グッズ買って帰るつもりが、コナン大好き少女が活動開始。

町中に点在するコナンの像の場所を書いたコナンマップを事前に持ってきていたのだが、地図があまりに簡略化されていて、わかりにくい。
地図の通りなら、今いる場所のすぐ近くに新一の像があるはずだが、全く見えない。
歩き始めたものの、な~んかありそうな感じがしないから、車で走り回って探したら、見当違いの場所で発見。
あの~~、もうちょっとわかりやすい地図を用意しないと、来た人にわからないと思う。。。っていうか、どうみても書いてある場所と違う場所だと思うけど…

最初に見つけたのが、これ。工藤新一の像。
やけに小さい新一
ちっちゃ!!小さすぎでしょ、これ。
この後ろに車で像を見に来た人が止めておけるひろ~い駐車場があったけど、止まっている車が数台。
最初にこれ見たら、ちょっとショックで続きを回りたくなくなるような…
来ているのは大学生ぐらいの若い男女グループか小中学生を連れた親子。平均年齢かなり低め。子供を連れていない中高年だけっていうグループはいない。
でも、子供は小学生でも少し大きい子なんだよな。低年齢層ではコナンは話がまるっきり理解できないから…
こうすると大きく見えるのだ
人間が後ろに行って、近寄ってそこだけ写したら、なんとなく大きく写せるけど…実際はとりあえず小さい。

駐車場の中にあったけど、墓石に絵を貼り付けたみたいであまりイメージがよくないな。
やけに小さい蘭姉ちゃん
兄ちゃんがコナンで、さやが蘭姉ちゃんのつもり。

そこから駅にむかって、コナン君のオブジェがいっぱい。
街頭にもコナン君
橋の街灯についてたコナン君が一番いい感じ。

由良川にかかっているこの橋は「コナン大橋」。
コナン大橋
すごいね、コナン君。
でも、橋の横にあるコナングッズを売っていた店はつぶれていた。
道の駅の横にあるお土産コーナーには行っても、ここまで歩いて来る人は少ないんだろうな。
ふつ~に民家が並んでいるので写真撮りにくい
バス停もコナン大橋なんだ~と思ってよく見ると…
バス停??
バス停ではないようだ。予約制の乗り合いタクシー?
時間は書いてあるけど、その時間に必ず来るわけではなくて、予約はしないといけないようだ。普通にタクシー呼ぶより、利用がややこしそうだけど、普通に呼ぶより安く乗れるんだろうか。

マンホールのふたもコナン君。
横のキャラがいまいちだって
コナン君はいいけど、その横のごぼうとすいかみたいなキャラが邪魔だと…みんな言ってた。なんで少年探偵団じゃなくて、これ?

マニアックなさやは、橋のところから、ふるさと館まで歩いて戻る!って。
なぜかと言うと。。。歩道にコナン君の表紙の絵を描いた石製モニュメントがずら~っと並んでいるから。
歩道にコナン君の漫画の表紙が順番に
これ全部制覇するんだって。といっても、今コナン君は69巻まで出ているけど、ここにあるのは28巻分。
パパと兄ちゃんは先に車で戻ってしまったので、母とさや2人で歩く。

だいぶ、戻って来たね~と写真撮ってみた。
後ろに見えているのがふるさと館。その手前で勢いよく水まきしているのが見えているが…
後ろに見えるのが青山剛昌記念館
畑の中だけではなく、歩道にも水をまいているスプリンクラー。
めいっぱい水かけられた
車道に出れば濡れずにすむのだが、そこでよけてしまうと1巻抜けてしまう…ってことで、体でカメラを守りつつ、モニュメントの前だけ歩道に戻って写真撮らされた。

道端の飾りを制覇して帰るのかと思ったら、入場料払って中も見ることに。どこまで、コナンマニア。
図書館にある大きな新一の像のとこに行ってなかったなあと思ったら、建物の中に町中に飾られている全部のオブジェの色違い版が飾られていた。
オブジェ
受付のお姉さんに確認。原画を写さなければ撮影可ってことで、新一と。
さやは小さいコナンより新一&キッドの高校生派だ。
クイズに答えて、青山剛昌ふるさと館初級マイスター認定証っていうのをもらった。
初級だけど、問題がとんでもなくマニアック。級を飛ばして認定証をもらうことはできないから、次来たら中級にチャレンジできるんだって。中級の認定証の絵が怪盗キッドだと聞いて欲しがるが、次来ることはあるのだろうか?
なんか、ここで大幅に予定が狂うほど長く時間を使ったんですけど・・・

うちの「コナン」といわれていた頃。
幼い!!コナン君と言われていた頃 9才 
BIS 9才。本人もコナン君を意識して、わざとフレームの巨大な眼鏡をかけていたのだ。
コナン君と少年探偵団って小1、7才なんだから頭よすぎだよね~と、言うさや。
とくに歩美ちゃんと光彦くんなんか、ただの1年生なのにあれはありえない!と、自分と比較して賢すぎる小学1年生に文句を言っている。漫画なんてそういうものよ…

特別室

イモトがモンブランに登っていた。イモトって母が間違えていた伯耆町の出身らしい。
イッテQって無茶苦茶なことをタレントにさせるけど…子供は喜んで見ている。
でもさ~~、タレントにクソ寒い急斜面の山を登らせて、足手まといだから来るなって言われたディレクターがヘリコプターでラクラク飛んできて、さらに上から撮影してるって、あんまりじゃありません?
苦労して登った人しか味わえなかった景色を、いとも簡単にヘリで飛んで来て、またス~っと帰ってしまえるんだから…嫌がらせのようだ。

母も中学1年の時に、モンブランには行った事がある。さやと同じ年ってことは…32年前…
当時中学生がそんなとこにいるのは珍しかったが…貧乏人のくせに、旅行好きの叔母に連れられてウロウロ海外には出ていたのだ。
登山するわけがなく、ただのお気楽な観光。ツェルマットやシャモニーの町を通って、景色きれいね~~ってのんきなもの。
富士山の頂上より高い3842mにあるエギーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)の展望台まで、何の苦労もなく、ケーブルカーでひゅ~~っと行けてしまうのがすごいなと・・・今はもっと高い所まで行けるらしい。
行った時はまだ寒い3月。
日本を出発する前に、防寒のためにストッキング2枚重ねで靴下履くのがいいから、子供でもストッキングを用意してくるように言われたけど、それでも足先の感覚は全然ないくらいに寒かった…のは記憶している。乗り換えの待ち時間が一番寒かったような…
景色より何より、足先冷たい!って記憶の方が強い。

それに、乗っていったのがケーブルカーだったような、ロープウェイだったような…途中で乗り換えたのは覚えているが、何に乗っていたかはよく覚えていない。
写真とパンフレットは実家ではなく、この家の中のどこかにあるが、今探す気はないし…さすがにこんな前のことは記憶があやふやだ。

うちはみんなで海外旅行に行くゆとりはないので、貧乏旅行。BISは小さい時に何度か行ってるけど…最近は国内のみ…
今年は安い宿を選んで、極力宿泊費をケチったのが、子供にもすぐわかる。
狭いビジネスホテルは嫌だ…とごねる、さや。確かにね…狭いだけじゃなくて、隣の部屋の声や廊下の物音までよく聞こえてくるし…
かといって、贅沢はできないので、安い宿、シャトーおだかの特別室ってやつに素泊まり。
もともとは米子勤労総合福祉センター、鳥取県と米子市が所有していたものらしいので、体育館とかテニスコートとかもあるが、暑くて使う気にはならない季節。
お泊りしたのは特別室だったのだ
3階にこのホテルでは高い部屋が並べてあるようだ。ここ以外のほとんどの部屋には風呂はない。どっちかというとサービスを省いた旅館ぽい。
オートロックじゃないし、施錠しないで危うく出て行くとこでしたわ…子供たちは当然勝手に閉まるものだと思っているから、確認もしないし…
大部屋に大人数で泊まれば1人1500円から泊まれる格安の宿。
別棟の温泉に行けば大山を見ながら風呂に入れるらしいが、夜に入ったので真っ暗、景色はまるっきりわからない。
温泉と景色を楽しみたい人は、太陽が出ているうちにお風呂に入りに行かないとダメですわ。朝風呂はやってないから…

和洋室20畳の特別室。
マッサージチェアは全室完備
素泊まりならこの特別室でも1人4500円。4人で18000円。
2人で泊まったら同じ部屋を平日なら1人4900円×2で9800円で使える。
こういう料金システムだと、2人でチェックインして、あとから数人入っていっても、わからないんじゃないの?って気がしてしまう。
食事付けると4人で2万円アップするから、そのへんはパスして…4人で18000円払っただけ。普通の旅館なら1人も泊まれないな…

ここの売りは全室マッサージチェア完備。
しかし、特別室は部屋がそれなりに広いからいいものの、他の部屋は10畳が基本。
そこに、巨大なマッサージチェアがで~~んと置いてあったら、必要のない人には邪魔なだけって気もする。
部屋が狭いのって、ホテルではマイナスポイントって感じだし…
部屋になくても、お風呂の前とかロビーの上とか、いたるところにマッサージチェアがおいてあったし、人に見られるのを気にしなければ、館内のあちこちで使える…
といいつつ、さやは全コース堪能。

5年ほど前に父が欲しがったから、当時50万位する機種を試してみたことがあったが…いまいちだった。
みんな気持ちよさそうに座っていたけど、挟まれて痛いだけで…すごい圧迫感。
途中で機械が故障したら、そのままマッサージチェアに絞め殺されるんではないかって思ったくらい。
今回のものはそんなに痛くない。子供のさやでも座っていられる。
メディカルコースはそれなりにきついけど、軽めのマッサージコースみたいのなら快適。
肩の位置を最初に調整できるから、背の低い母やさやが位置があわずに首を絞められることもない。
でも、パパは痛い!死ぬ!!と途中で挫折。
背中や肩の部分は大丈夫だけど、ふくらはぎのあたりをぎゅ~~っと締め付けられるのが、痛いんだって。
確かにかなりの圧迫感だが…折れるって言うほどではない。
ん・・・パパの足が母やさやよりも太いから、きつく絞められてるように感じるんだろうか。

床の間にある石の置物。
奥の置物が夜中に人型に見えるんだよ~
これが、夜中に暗い所で見ると、人がいるみたいで気持ち悪いんです~~
知らずに暗い時に写真撮って、背後に人がいるみたいだったから、気持ち悪くて消去してしまいましたわ。
明るかったら、それなりにモノがわかるからいいけど、ボヤ~っと暗闇にシルエットだけだと、不気味。
ほら~奥の置物、胸像に見えない?
明るい所でも、後ろに生首+肩のあたりが置いてあるみたいな感じしません?

トイレと洗面所の電気はスイッチがなくて、人が入ると反応してつくんだけど…このセンサーの反応が悪いというか…入るまでつかないから、洗面所に立った時はまだ暗いし、びみょ~な遅れがイラっとする。
さらに洗面所は人が立って使用中でも、すぐ電気が消えるし、トイレも中でしばらくじっとしていると消えてしまう。
必要な時にだけついた方が電気代は節約になるんだろうけど、そこに人がいるのに勝手に消えてしまうのが、とんでもなく迷惑ですわ。
洗面所はまだ部屋に近いけど、トイレなんて完全に閉ざされた空間なのに、急に真っ暗…ってひどいわ。被害者はパパだけだったけど…パパだけすぐ電気が消える。
節電もいいけど、必要な時についてないのは、意味がない。
ヘンなセンサーつけないでよね。洗面所は上の方に感度調整できるつまみを見つけて、かえさせてもらったから、そこにいても消えるってことはなくなったけど、トイレはどこで調整できるか不明…中で動いていればいいみたいってことで、長く入る人は時々手足をばたつかせないといけないという、ヘンなトイレだった。人間が機械にあわせないといけないって嫌~ね~。

行った順番無視して書いているけど…
2日目に最初に向かったのが、大山。
山に行きたかったわけではなく、犬が目的。
夏の大山ならもっと涼しいかと思ったけど、トムソーヤ牧場近くの道路にあった温度表示で33℃。うちのベランダに比べればマシだけど、普通に暑かった。
暑いけど、晴れているようで、雲が多くて、山がよく見えない。
山がそこそこ見えたのが、ここ、大山まきば みるくの里前。
富士山と一緒で雪のない季節はいまいちかっこよさに欠けるわ。
大山
大山の標高は1729メートル。
ここで標高600mらしい。今回見た表示で900mが最高だったな…1000mの表示は通った車道にはなかった。歩く気なんか、ぜ~~んぜんないし。
普段ならここに牛が放牧されているはずなのに。。。1頭もいない。コスモス畑。
道を渡って撮ってみた
この角度なら富士山と似ているけど、やっぱり小さいなあ。

伯耆富士って言われるけど、3776mの富士山よりはず~いぶん低い。
車で行ける富士山5合目までは何回か行ってるけど、5合目は2305m。大山の頂上よりはるかに高いんだ…
実はこの日まで「ほうき」富士って、漢字を知らなくて、「箒」富士だと思っていた母。
べつに箒の形に見えないよな~と、昔から不思議に思っていたのだが、ここの周辺、鳥取県中部~西部を伯耆国っていうから「伯耆」富士だったんだ…昔の日本の地方行政区分だそうだが、これは知りませんでしたわ。
伯耆の字を見ても、ほうきと読んでなかった…「はくほう」か「はくろう」だと思ってたのだ…
もっと上の世代の人から見たら、大国主命が読めないさやとかわらない?
因幡(いなば)は読めても、伯耆(ほうき)は…現在でも「伯耆町」だけどローマ字表記でHokiって書いてあるから、ほき町かと思った。まあ、この辺もOtsuって書いてあるから、知らなかったら「おつ」って所に来たと思うだろうな。長音表記しないのは、人間の名前もそうだけど、読みにくいぞ。耳で聞いて知っている地名と別物かと思ってしまう。
ついでに米子を「こめこ」と読んださや、兄ちゃんは「まいこ」。
米子に向かう道での出来事。確認のため「今走っている道路は?」「よなごどう。」
それは耳で聞いて知っていても「米子」の字が「よなご」にならなかった二人。
県庁所在地でもないし、一地方都市では読めなくても仕方ないか…でも、米子空港あるよなあ…
滋賀県で新幹線の止まる駅は米原(まいばら)なんで、米をマイと読みたくなるが、名前だと米原と書いて「よねはら」さんが多いよな。
ついでに前は同じ場所でも「まいはら」で濁点がなかったし…行き先がMaiharaになってたもの…言い難いのになんで濁らないんだ~と思って見ていたのだが…知らないと読めないな、名前や地名。

大山をのぼっていく車道は普通の山道みたいにクネクネじゃないのでパパが不思議がる。
くねくね曲がらないで一気に上がっていく山道
カーブの多い山道のイメージを覆して、まっすぐ一気に上にのぼらされる道路。
時々曲がるけど、また一気に突き進め~って感じ。

見る方向で山の形が違う、大山。
富士山みたいな形をしているのは、西から見た時。
大山 南側
こっちは南側。なんか切り立った崖っぽい。鉤掛峠から見た大山。
パパのイメージする大山はこっちなんだと。母は富士山型の方だけど。
鉤掛峠から
上がEOSで下がサイバーショット。

意味もなく母登場。
お父ちゃん、山が隠れてますが・・・
あの~~。母を横にずらすか、パパが移動してくれないと、山が。。。
鳥取砂丘で壊れた靴をはいているが、修理して履いているのではない。
書いている順番がバラバラなだけで、砂丘に行ったのが一番最後だから、この時点ではまだ靴は無事なのだ。
さやも大きくなった
まだ思っている構図じゃないが…
なんか嫌なものでも見たのか、すごい顔の母。
さやも150cmを超えたと思ったのだが、新学期の身体測定でまだ140cm台だった…とショックをうけていた。
こんな顔はいかがでしょうか
こんな顔はどうでしょ?目がヘンでも気にならない方用。
ピチピチの中学生は脚を出せるが、+32才は出してはいけない。

たぶん、こっちが一の沢。
一の沢かな
下が二の沢。
二の沢かな
動物と違って、こういうのは違いがよくわからん。。。
三の沢は崩れて工事中だったから止まっていないのは、覚えている。

こっちは蒜山。
牛がいないぞ~~
茶色のジャージー牛がいっぱい放牧されているかと思ったけど、結局、1頭も見ることなく大山、蒜山を通り抜けてしまった。
やっぱり、口蹄疫の影響で牛は隔離して育てられているんだろうか。

牛がいないと母が騒ぐので、さやがお小遣いで買ってくれたジャージー牛ちゃん。
ジャージー牛ちゃん
牛とは思えないかわいさ。こういうのは本物に似ていない方がいいのよ。
とっても小さい牛ちゃん
とっても小さい牛さん。ついでにたぬきは高松・屋島のたぬき。ブーフは顔だけでも、かわいい。
手前の大きい顔のブーフは本物だけど、左の小さめの方は偽物のような気がする。
ゲームセンターで知らずにゲットしてしまったのだが…Little Suzy's Zooってタグ付は偽物って気がする。だって普通のSuzy's Zooってタグがついているのと比べて値段が格段に安いし…Littleのついていない方と比べて顔もかわいくないんだよね。

この日、米子道を1往復半したのだが。。。サービスエリアのない場所に大山がとってもきれいに見えるポイントがあった。高速道路上だから止まれない。
最初に通った時、すごくきれいだったから、次は写真を撮ってみるかと車の中から撮ろうと思ったら…
直前から大雨。突然、半端じゃない雨が降ってきた。
山に歩いて登っている人だったら、遭難しそうな感じの雨だったわ。
急に雨が降ってきて大山が見えない
普通に高速走行している車内から、無理矢理撮ってみたけど、何かわからない…

これは渋川動物園がある山を下りたところにある渋川海岸。瀬戸内海。
瀬戸大橋も見えるはずの位置で、天気もいうほど悪くないが、霞んでいて見えない。
やっぱり高いところにのぼる兄ちゃん
運動靴ではない母が、このボコボコの石の上を移動するのはたいへんなのよ。さやは途中で挫折。
渋川海岸

方向としては、この辺りに橋が見えるはずだが…肉眼でうっすら見えるものの、このカメラ(ちっこいLUMIX)では写らない。
瀬戸大橋が見える位置なのだが、曇っていてほとんどわからない
明石海峡大橋と違って、何本もの橋で島をつないでいるから、1本が長~いってわけでもないし…
あまりきれいな海ではないな
瀬戸大橋は車も電車も通れる四国への重要な橋ではあるが、見た目と関西からの車の便のよさでは明石海峡大橋の方が…
四国側から何度か見たけど、本州側から橋を見るのは何十年ぶりだろう。(ここではよく見えてないけど、児島ICの近くではもう少し見えていた。)
前に来た時は、橋は架かっていたけど、まだ開通していなかった頃のような。
当然、BISは生まれてもいない。
その時も鷲羽山から見て帰っただけ…結局、まだ瀬戸大橋って渡ってない。
垂水から淡路島経由して四国に渡ってから車線の少ない高松自動車道を走るより、山陽道を走った方がラクかもしれないが…山陽道はトンネルが多いのが難点だ。

最近、わりときれいな海を見ていたので、あまりきれいじゃないな、この海岸。
さやはまたカニや魚を捕まえている
でも、岩場があるから、さや待望の魚がいる。
小さい潮溜まりにヤドカリ、カニ、名前のわからない小さい魚多数。
もっと水のあるところですくう予定の網しか持っていないから、枠が太すぎて砂にはりつくように泳いでいる魚を捕まえるのはたいへん。それでもけっこう捕まえた。

逃がして帰るはずが、そのまま車の中に放り込んださや。
さらに2日間、炎天下の車の中に放置して、帰って来た時も忘れられてもう1晩車の中にいたけど、全部生きていた。びっくり。
そのかわり、車の中がカニ臭い。2cmくらいの小さいカニが2匹いただけなのに、ゆでたカニみたいな臭いが充満。リセッシュしまくってから、暑いのに窓開けて走りまわって、なんとか臭いがなくなったけど、迷惑・・・

カニも魚も3日ほど元気だったけど、1週間で全滅。かわいそ~に。
去年、鳥羽から持って帰って来たカニは脱皮を繰り返し、冬まで生きていたのだが…12月頃、どこを探しても見つからないから死んだのかと思ったら…藻みたいな中でじっと寒さに耐えていたよう。
そんなの知らずに、てっきり死んだと思って放置していたから、水槽の中がカラカラに乾燥。
冬眠していたのかもしれないけど、さすがに水分がないのがダメだったみたいで、数ヵ月後に気付いたら、水槽の端っこで干からびたカニになっていた。
水を求めて出てきたんだろうなあ。水槽の壁面を上ろうとしたような姿で干からびてた。
隠れて生きていたのに気付かなくて、脱水死?真冬に…
エビの乾燥卵は水の中に入れたら孵化するけど、さすがに大きくなったカニの干からびたのは復活してくれませんでしたわ。

こちらは、日本海、白兎海岸。岡山側の瀬戸内海よりはるかにきれいだ。
白兎海岸
波打ち際の最後の白い部分が静かな感じ。
こっちの島から渡ったのかと思った・・・
因幡の白兎の神話の場所ですわ。
奥に見えている小さいのがウサギのいた島かと思ったけど…ウサギが渡るには遠い…
後ろに見えてる、近いほうの島かららしい
近い方のこっちの島らしい。岩かと思った…
陸までの距離、80m。
伝説の島
とってもうさんくさい伝説だが…
道にあわせたら、海が思いっきり傾いてた
歩道橋の上から撮ったら、道に惑わされて、やたら海が傾くのだった。
道の向こうにあった
大国主命・おおくにぬしのみことって、子供たちは読めない。
さやも兄ちゃんも???、今時の子は話も知らないそうだ。
近くに行ってないので、道の反対側から撮ってみたが。。。なんか、この辺のスポットって、そこだけズームしないと普通に民家が一緒に写るんですけど…

米子から鳥取まで、山陰道はさけて海沿いを走って来たのに、白兎海岸以外は、けっこう海から離れていた9号線。
お~、やっとついた日本海
赤碕で、やっとこのくらい接近。
この海のむこうは韓国らしいけど、地図で見るとな~んか方角違うような…風が韓国の方から回りこんで吹いてくるってことなのか?
日韓友好交流公園で石の風車が回っていた。
石の風車
すごい重そうだから、絶対動力使ってるよね~~と近付いてみたが…
韓国が近いらしい 記念の石の風車
風力だけで回っているという説明が書いてあった。

トムソーヤ牧場

小さめわんこの多い渋川動物公園でならして、次の日に行ったのが大山のトムソーヤ牧場。こっちは大型犬もいっぱい。
ニューファンドランド、バーニーズマウンテンドッグ、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー…大きい犬もぞろぞろ。
みんな寝ている
だが。。。犬の柵の中に入ったら、犬大量死??って感じの光景。
暑くて耐えられない犬たちは、みんな地面に寝そべって、極力動かないようにしているみたい。

一番ご希望だったゴールデンレトリバーもいるけど、近寄らないさや。
何だかんだいって、大きい犬怖い。
最近、あまりいないものな~大型犬。
ゴールデンより小さいラブラドールレトリバーを2匹室内で飼っている家を知っているのだが、家具は片っ端から壊すし、散歩の時にお母さん(母よりはるかに若い)を引っ張り落としてケガさせたって話を聞いてるから、けっこう怖い、さや。
でも~~そういう犬って、雰囲気でなんとなくわかるでしょ。
それにそういう暴れん坊の犬なら、お客の前に出したりしないし、ここにいる犬はおとなしいはず。

賢そうだし、シェパードのとこにとりあえず行ってみよう。
シェパードもおとなしいよ~
犬の方にこないで、写真撮ってるさや。
奥の方から飼育係の人が「その子は体は大きいけど、すごくおとなしいから、大丈夫だよ~~」とさやに声をかけている。
飼育係のお墨付きなので、さやも近寄ってきた。
さやもシェパードにいった
やっぱり大きい。
昔、実家の近所でシェパード3匹庭で放し飼いにしている家があったけど、そこらじゅう走り回って、モノはなぎ倒すわ、家のおじいちゃんひっくり返すわ、すごい騒ぎだった…しつけられてない大型犬は凶器だ。
その気になったら、人間くらいかみ殺せるだろうし。。。うちの家もドーベルマン飼ってたけど、そういう系統の犬って、外から来る人は怖いだろうな。
今でも実家の近所はバーニーズやグレートピレニーズの超大型犬がいるけど…その子たちはおとなしい。
シェパード、大きいよ
さやが小さく見えるよ。さやの腕より立派な脚。
涼しい季節ならもっと活発に動き回ってくれたかもしれないけど、とにかく暑いので、ただ寝ている。
大きくても怖くないらしい
口の前に手を持っていっても、顔を近づけても平気。
怖いもの知らずの小さい子も、どんどん接近。っていうか、さやがさわってた犬の近くにお母さんがその子を連れて行ってたような気がする。あの犬は大丈夫!ってさやで確認済み?
多少のことはされても怒らない犬しかここにはいないだろうけど…ここで大丈夫だからって、道端の犬でやったら危険なのもいるかも。
シェパードの手、さやとかわらない。。。
見てよ、この立派な前足。さやの拳より、大きい。

小さいけど、やたら人を威嚇し続けていたポメ。
金網の向こうでやたらと威嚇しているポメ
金網の向こうに隔離されている犬たちの1匹だけど、さやが網に近付くと、こんな風に怒り出す。さやくらいの子にイヤなことでもされたんだろうか?とっても怒ってる。

クソ暑いのに、帰らないさや。どう見ても、疲れてるよ…人も犬も。
とりあえず、暑いんです
この子、生きてるのか心配な感じなんだけど
他の犬は寝てるって感じだけど、この小さいヨークシャテリアなんか、死んでるかと心配になってしまいましたわ。
しばらくしたら、歩き回っていたけど。。。なんか危険な感じ。

どこから出てきたのか、この犬が元気に歩き回り始めた。
この犬だけは元気だ
ニュージーランドハンタウェイのキク。
カッコいいタイプの犬かと思ったんだけど
ピシっとお座りして、カッコいい系の犬かと思ったら…
お腹出してゴロゴロ
お腹出して、ゴロゴロしちゃってますが。。。
さやは小さい犬でゴロゴロ
さやもおもしろがって、他の犬でゴロゴロ~~これ、何だ?シーズー?

やっぱり名前がわかっている方が、犬と接しやすいよな~
それも3文字くらいまでで短いのが、いいですわ。
盲導犬候補の子犬を預かって育てる時も、まずは犬に自分の名前を覚えさせるのが第1の訓練だって言ってたし…犬にも人間にも名前がわかっている方が都合がいいのだ。
渋川の方では、各犬が小屋につながれているから小屋に犬の名前が書いてあるけど、ここは自由気ままに歩いているから、後ろに張り出された写真を見て、自分で犬の名前を1匹ずつ確認していかないといけない。
たくさんいるから、気に入った子だけ、名前チェック。お姉さんは無言で何も教えてくれないのだ…外から声かけてくれた飼育員は愛想よかったけど…

母はこの子が気に入った。ベルジアングローネンダールのMIX、タロー。
母はこの子が気に入った
洋犬のようでいて、顔はどことなく和風なのだ。

1時間以上犬の中にいたから、すっかり平気になって、どこでも入っていくさや。
犬・犬・犬
大きい犬いっぱい。
大きいの2匹 ベルジアングローネンダール&ジャーマンシェパード
シェパードがこっちにやってきた。
べつにさやになでて欲しいわけじゃなくて、たぶん、この位置が一番この中では風が通る場所だから。

12時になったら、犬の休憩タイムで人間は柵の外へ出される。
休憩前になったら動き出す犬
その時間になったら、急にみんな立ち上がってるんですけど…
人間が出て行ったら、動くのか??人間の相手なんてしてられないよ…って感じ??
1時間後にもう1回さやは来たけど、やっぱり犬たちは寝ていた。

羊にエサをあげていたさやが、土に埋もれた黒い物体発見。
あれ、何??
前日にさやが追い掛け回されていたのと、似たような黒いミニブタ。
でも黒ブタは本当に真っ黒だったから、これは泥で汚れているだけかも。。。
豚がこんなところに
柵の向こうにいたら、追いかけてこないから、かわいいって。
他の動物のとこにはいかないで、終了~~~暑い。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。