BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天橋立

20年ぶりくらいの天橋立。
BISとさやは初めてのはず…
京都縦貫道路はまだ全線つながってないけど、京都市内から5時間かかっていた頃から比べたら、とっても早く行けるようになりました。

正午頃の小天橋から見た海。
小天橋から海のほう
うちのカメラで撮った写真じゃよくわからないけど、下が透けて見えるきれいな海。
ところが。。。3時間ほどたってもう1回来てみると。。。
最初に来た時と色が違うんですけど。。。
どよ~~んと暗くなって、海の色まで変わって中がよく見えない。
なんで、こんなに変わるんだ?ってくらい、汚く見える色になってました。不思議。。。
透明度高い
お昼の時は、こんなに透明だったのに。
小天橋
廻旋橋のはずだけど…これを動かすような大きな船が通らない…
昔行った時は、本当に橋を開けて船が通ってたけど…今回は橋が動くところは見れませんでした。今も動かしているのか???
回転する橋
真ん中のとこから橋が開いたはずだけど。。。
ケバイ色に見えたけど、写真で見ると赤い橋よりはマシだな
真っ赤な橋よりは、この色の方がここにはまだとけこんでいるかも。まあ、どっちもどっちって感じだけど。
大天橋の下の海
ここは釣りをしている人がたくさん。
この海の魚なら、食べても大丈夫かな…って感じ。
昼ごはんは海鮮丼とか刺身定食を食べてたさやたち。刺身がまぐろとかじゃなくて、鯖とか日本海の魚で普段のお刺身とは種類が違う。

人がいないみたいだけど、手前には何十人かいるんです。
夏なら海水浴場だけど。。。
すでに海の中で遊んでいる人、数名。それを見て、靴を脱いださやです。
クラゲ発見!!
海水浴場の海の中に入って歩いていたさやが、クラゲ発見!
長~~い触手
長~~い触手で、ぶよぶよゼラチン質で気持ち悪い。でも、つつくと結構硬い。
BIS君が一生懸命棒で引っ張り出してきたけど、重くてなかなか引き揚げられない。
ひっぱり出したら、長いのが取れちゃった。。。
どうにか水の外に出したら…道行く人が気味悪がってのぞきこんでいました。
海に行ったマロン
今回も連れて行っていたので、さやが砂で遊んでいる間にBISと撮影。
砂の上には置きたくないから、BISが手で持っています。
親父くさい兄と妹
兄ちゃん、おじさんぽい。

股のぞきをするためには、上の山にあがらないといけないのだが。。。
昔は歩いて登れたような気がするけど(気のせいかも…よく覚えていない)、強制的にリフトかモノレールでした。
高いの苦手なさやは怖がっていたけど、モノレールは20分に1本しかないから、仕方なくリフト。
上に向かっている時の方が、山肌しか見えないから怖くないはず。
リフトに初挑戦
母は後ろに乗っていたので、必死にしがみついているさやの後姿しか見えない。
PIC_0166.jpg
パパがビデオで撮ってたけど、怖がっているのがわかりにくい小さめの写真で。。。
モノレールもあります
リフトは地面とそれほど離れていないから、いうほど怖くはないリフトだったので、なんとか乗っているさや。
隣を走っているのがモノレール。帰りはこっちに乗ったさやです。

まずは股のぞき。
BIS君撮影
下の黒いのは、BISのおしり。
カメラを持って覗いたBIS君でした。
もうちょっと頑張った
これじゃああんまりですわ…と、もう1回頑張ってみたBIS。
でも、よくわからないなあ。
怖いから手を離してくれないさや
さやは怖くて無理~~~!!と、母の手を離してくれないので、こんな写真に…

思いっきりのぞいてみた、母とBIS。
空まで見ろって言われると、ここまで曲げないと…
これくらいのぞきこまないといけないらしいけど。。。
でも、このぐらいの方がラクチン
かっこ悪いので、この程度の人もけっこう多い。パパとさや。
帰る頃には慣れて、1人でここまでできました。
スポンサーサイト

海~~

今日からバカンス、南の海~~~!!
海で~~す!
のはずがない。
受験生のBIS君、のんきに遊ばせるわけにはいかないのだ…が、今日はお出かけ。
ここは、日本海。天橋立の海です。
調子に乗って、海に入るさや。
クラゲ捕獲中
太陽が当たっていたら、それなりに青く見えるのね~、もともと海はきれいだし…なんか日本海は黒っぽいイメージだったけど、けっこう青い。
今日は書かなくていいでしょ~~って言ってるのに、さっさと書いて!ってことで、少しだけ。
天橋立
山の上にはリフトで移動。ラクチンでした。残りは明日。

にょきにょき

冬を越えて成長中のおぼろ月。
取れた葉っぱの方から。。。こんな気持ち悪いのが、もじょもじょと生えてきています。
白っぽくなって、見にくいけど。。。
ピントがうまくあわないのは、まあ気にせず…なんとなく、わかればいいでしょ。
もじょもじょ
足のはえた虫みたいなのが、中から顔出しているようにも見える。
なんか気持ち悪いのが出てきた
↑ 1週間前。
たぶん、葉っぱになるんだろう
↑ 今日。それなりにもこもこ上のところが育ったみたい。
こっちはそのまま枯れました
そのまま枯れてしまった葉っぱもある。どういう葉から新しく育ってくるのかは、よくわからない。

去年からある方は、茎が葉っぱの重みに耐えられずに倒れているような感じ。
このへんを。。。
こんなに端っこに植えたつもりはないのに。。。と思って、下の方を覗いてみたら、最初に茎が出ているところから、ぐにゃ~~っと曲がっていました。

矢印のあたりを見てみると。。。
ちょっと近づいて。。。
モコモコと増えてます。
さらに、奥を覗くと。。。
さらに、中に。。。
折れた葉っぱの落ちた部分から、新しい葉っぱの塊がモコモコ。
かわいいような、気持ち悪いような。。。

上の方はこんな感じ。
つぼみ
下の方のもこもこ増えてる葉っぱとは違うから、つぼみだろう。
たぶん、つぼみだろう
つぼみの方も1週間で育ったようだ。

土の方に植えた小豆も芽が出てきた。
小豆の芽が出てきた
茶色の皮を破って、緑の豆から芽が出てる。
もっと下に埋めたつもりだったけど、もこもこと持ち上がってきてしまったみたい。
土に植え替えた小豆
ひょろひょろ伸びているのが、コットンの上で育っていた小豆
1週間前に土に植え替え。
その横の小さ~~いのが、上で大きく写ってる芽。
1つ上の写真見たら大きいのかと思うけど、実際は小さい。葉先まで2cmくらい。

小さいおじさん

昨日さやが見ていたテレビでジャージを着た20cmくらいの小さいおじさんの話をやってた。というか、来週の予告だったけど…

うちの父が、部屋の中に小人がいる!って騒いだことがある。
ちょうど5年前の今日。うちの母が死んだ日。
同じ所にいて、だれも見えなかったけど、父だけに見えたらしい。
ジャージのおじさんじゃないけど小さい生き物。

まずは病室の床にピノキオみたいに鼻の長い小人がいるって言い出した。
その時には1才の子から40代までかなりの人数いたけど、だれにも見えないから冗談だと思ってた。
妖精とか小さい子には見えるって言われたりするけど、子供たちも反応なし。

次は大人ばかり、30代~70代、数人がいる時に、また来た!って騒ぎ出した。
赤いとんがり帽子をかぶった小人がたくさん歩いてくるって。
疲れてるんじゃない…ってことで、連れ出すと、エレベーターの中にもついてきてる!って。
それも1人2人ではなく、こんなにたくさんいるのに、なんでみんなには見えないんだ??って、大騒ぎ。
鎮静剤でも打ってもらおうかと思ったけど、診察時間じゃないから無理って言われて、そのまま家に連れて帰ったら、そこにはいないって言ってたけど…
病院にいる間は、超具体的にそこにいるっていう小人さんの様子を説明してました。

なにかの幻覚?
精神状態がおかしい時に、見えるものなんだろうか?
いないものが見えるのは、認知症の症状の1つでもあるらしいけど…
その頃からすでにだいぶボケてたからなあ。。。
脳の機能のどこかに異常があると見えるのか??

感覚のズレ

どこかの学校案内にこんな内容のことが。。。
高度なものを求めるほどチーム製作が基本になる。
1人でも製作できる時代だけど、得意な技能を融合させればはるかに完成度の高い作品が出来上がる。
才能、情熱、技術は大事。それと同じくらい重要なのがお金、人数、期間。
それが趣味ではなくビジネスとして取り組むプロの宿命。。。現実的ね。

趣味はあくまで趣味。仕事にできるかどうかは、好きってだけではダメ。
趣味を仕事しにている人もいるけど、好きなことは仕事にしない方が好きなままでいられる…っていう人も多いし…
やりたいからやる!作りたいから作る!が許されるのは小さい子供だけ。
大人がそれやってたらね~~何かとたいへんなことになりそう。

この学校、創ることは壊すこととも言ってる…そのヘンはちょっと危険な感じ。
これまでの常識を壊す、自由を奪うルールを壊す。。。
ゲームの中だけじゃなくて、現実社会のルールも壊せって感じですけど、いいんでしょうか??
壊したほうがよさそうなものもいっぱいあるけど、気に入らないから、なんでも壊すだけでは、困りますが。。。一方向からしか見えてないのは困る。

AO入試で一芸入学も可能な時代だけど、やはり基本ができてないのは困る。
言葉が理解できないと、意思疎通ができませんからね~相手と。
出来上がったモノを見てください!だけでは。。。
ただ作っちゃって、いいモノだから買って~~って言われても。。。
理科系の人って、作ることは思いついても、それをどう使うかとか、だれかが悪用することとかは後回し。
この前も研究室の人が画期的だって説明してくれたシステム。
ど素人が聞いても、それっていらない情報も悪意のあるウィルスみたいなものも一緒にもらっちゃいません??って思うんですけど…
聞いてみると、当然もらってしまいますよね~~。。。でも、それは後で対策は考えればいいから、とりあえずそういうことができるっていうのがすごくありません??って。。。
できても、迷惑度があがるのは困る。
きっと、企業でも同じことはとっくにできる状態になっているけど、実用的じゃないから使わないだけのような気がする。

さやの読んでる雑誌に書いてあったけど、大金かけて造って、事故で運転停止した「もんじゅ」。
技術万能主義の負の遺産って話だけど…運転再開するって…
止まっている間も維持費は毎年100億円。14年間で1400億。
放置しておくだけで、何でそんなにお金が必要なのだ?
普通の会社が造ったものだったら、すぐにその会社つぶれてたでしょう…
国民のお金を使って作る、使わず置いとくだけでもさらに費用がかかる、壊すのもたいへん…なんて危険物、気安く造らないでくださいな…って感じ。

運転再開すると維持費は200億。それでどれだけ発電してくれるのか、普通の発電所がいくらかかるのかも知らないけど。。。
200億あったら、貧しい国に小学校を4000校建てられるんだって。
1億人でわけたら200円だけど…まとまったら、大きな金額。
戦車10億、ジェット戦闘機120億、潜水艦500億。。。個人でどうこうできる金額じゃないものが売れるから軍事産業は儲かる、戦争がなくなることはないよな。。。
大金扱っている役人さんたちには100円のモノ買うのに悩む子供や1000円のモノを買うのに節約している庶民の生活なんて想像もつかないんだろうな。ゼロの数が違いすぎる。

帝都高速度交通営団

東京の地下鉄って前は営団地下鉄って言ったような気がするけど…
「帝都高速度交通営団」なんて、すごい名前だったのね。
パパは今日、横浜&東京観光中
カメラは持っていっていないはずだが…さやと電話しながら電池が減る…って言ってたのは、写真を撮りたかったからか??

実家の部屋をゴソゴソしていたら、父が東京にいた頃の記念品が出てきた。
その頃の地下鉄の切符。
切符
地方公務員だけど、研修のために霞ヶ関に送り込まれていたのが、昭和46~47年(1971~72)。父、34~35才。
30円区間の切符がいっぱい。子供なら15円!私は小学1年になった年なので…
今の160円区間の運賃のよう。定期は別に持っていたみたいだけど、それはない。
住んでいたのは渋谷の三軒茶屋。単身赴任だから、私は東京には住んでいません。

そういえば、自動改札になる前って、けっこう記念に切符をもらってくる人っていたよな~。
切符は自動改札に吸い込まれていくものだと思っているさやは、じいじが勝手に切符を持って帰ってきた悪い人かと心配してたので、駅員さんに言えば簡単にくれたよ~~と、一言。
今はどうなんでしょ?と思ったら、頼めばもらえるようだが…別に欲しくはない。
兄ちゃんはICOCAだから、近くのJR在来線に乗ってる分には切符もいらない…

さらに、当時のお小遣い帳みたいなメモが一緒に。。。
ぼける前は、1円単位でしっかり管理しているじいさんでしたから、細かく書かれていました。
朝定食 110円、カレー 70円、ラーメン 60円、寿司 110円、とんかつ&ハンバーグ 155円と安い。
もしかしたら、一般の店じゃなくて、役所の特別安いとこなのかもしれないけど。
週刊誌 100円、新聞 10円・25円、バス 30円、タクシー 200円。
タクシー120円チップ100円と書いてあるとこもあるので、1メーターは120円なのかも…
巨人ーヤクルト戦、どこの席かわからないけど650円。
メモを見つけたのが、父のところに行ったあとなんで、直接聞いてないけど…今のことは全く記憶が持続しないけど、この頃のことなら、逆に完璧に記憶しているかもしれないな。

タバコ 100円…他のと比べたら、意外に値上がりしてないような…他のモノの値上がり具合からみたら、1箱1000円でもいいんじゃないの、このさい。
Yシャツ 1600円、ネクタイ 1000円…スーパーなら今でもこんな値段で買えるけど…
他のモノは値上がりしているのに、衣料品は今、低価格のモノが出回りすぎじゃない? 【“帝都高速度交通営団”の続きを読む】

道具だけ

最近、テニスにはまっているさや。
まだ幼稚園児くらいの頃に懸賞で当たった短いラケット&ボールのセット。
ウィルソンリカちゃん発売記念の懸賞だったから、ラケットもWilson。
これは。。。何だ??
その頃はボールに当てることもできず、使うことなく何年も放置されていたけど、同じラケットが2本入っていたのを思い出し、春休みからお友達と2人で遊び始め…楽しいらしい。

でも、テニス部に入る勇気はない。
仮入部1日、反復横とびしただけで終わり。
正式入部は美術部です。
虚弱体質ですからね~~そんなに練習したら、倒れる!って。
で、友達と約束したからって、ソフトテニス用のラケットだけは買いました。
さやのラケット
美術部で新しく買ったのは、鉛筆5本・735円だったので、安いラケット(5千円ほど)はおまけで。まだ、あとで油絵セットは買わないといけないみたいだけど…(鉛筆1本147円ってずいぶん高い。他のバラ売りの鉛筆なら2~3本買える高級品。)
テニス部に入部するなら、1万円くらいのものを買った方がいいらしいけど、遊びならこれで十分ですってことで、決定。今時のラケットは軽いわ~~。ユニホーム代とかも必要ないし、お手軽。

そういえば、今時の小学校4年生の運動能力は親世代の幼稚園年長と同じくらいしかないって、新聞にのってたけど。。。そこまで、ひどいのか?
子供の頃の1年ってすごい大きな差のはずなのに…確かに、鈍い子多いものな~~

母は中学の時は毎日部活で猛特訓してたけど…昔は今より無茶苦茶な練習のさせ方してたから…
野球部がうさぎ跳びしすぎて、疲労骨折者続出。すぐに、子供たちにうさぎ跳びをさせてはいけないって決まりができた時代…今は当然のように禁止されていますけど…巨人の星とかで、特訓といえばうさぎ跳びって時代でしたから…大人の勘違いで子供が犠牲に…
でも、自分の体を思うように動かせないっていうのも、困るわ。

付録

最近、雑誌にやたらとおまけがついてくる。
本だけの時より、若干値段がアップするけど、付録目当てで買う人が多いのか、付録つきがどんどん増えてきている感じ。ファッション系には毎月のようについている。
女性向けに多いのが、小さめバッグ付。ペラペラで中途半端な大きさの安っぽいのが多い。
子供ならいいかもしれないけど、大人が持って歩くには恥ずかしい…でも、大人向けの本にも付いてる。
それを毎月毎月つけられたのでは、本しかいらない人には、ゴミが増えていい迷惑…
だから、最近は趣味に合わない付録がついていたら、買わないようになってしまった。
それでなくても、エコバッグって全然エコじゃないし…
付録についているのは、もうちょっと小さめでサブバッグに使ってね…って感じのものだけど、安っぽくて(実際に安いから仕方ないけど)。。。外に持ち歩く勇気はない。

化粧品のおまけやお店の景品でやたらたくさんエコバッグがついてくるけど、もらったものって全然使ってない。
というか、おまけでもらうようなエコバッグ、食料品の買出しには使用不能なものが多い。しかも、どういうセンスしてるんだ?っていうくらい、持ちたくない色柄。
店で売れ残ったものを配っているのか?って気もする。
拒否可能な時はもらわないけど、商品と一緒にパックされてしまっていたら、取り出して置いていくのもヘンだし…やはり、家に帰ったらすぐにゴミ箱へいれるべきか…

さらに。。。最近流行のブランドムック。
これは完全に付録がメインだ。
この前、さやがレスポートサックのミニバッグのついたモノを買ったんだけど、付録が違うものが同時に3種類発売。
渋めに黒を選んだけど、もう1種類もかわいい…子供が持つにはいいサイズでお手頃価格。一緒についている本が別の内容なら…って気もしたけど、付録3種類で表紙も違うけど、本の内容は同じもの。
何種類か買うって人も多いみたいけど、雑誌の方はどう考えても、ただのゴミですね~どれも、同じ本だし。
っていうか、そこまでして、本の部数を割増しないといけないのか? 【“付録”の続きを読む】

怪しげな歌

♪ ちんちんぽんぽん ちんちんぽんぽん ・・・ ♪
小学生くらいの頃、家で妹が連呼していた記憶が…
なんとなく、汽車のしゅっしゅっぽっぽっ!て勝手に思ってたんだけど。
実際にテレビで歌われているのは聞いたことがない。
妹&弟が2人で歌っているのを毎日何回も聞かされた記憶があるけど、♪ちんちんぽんぽん♪しか記憶がない。たぶん、妹たちもはっきり歌っていなかったんだろう。

音の響きがなんとなくかわいい感じで、ついでに小さい男の子の前についているものを連想する。
残りの歌詞を知らなくても、なんとなくそんな感じがしてしまうのだ。
今日はシロンのお腹周りの毛をカットしていて、つい、歌ってしまったら、パパに大ウケ。
ママはよくその歌を歌うな~~
。。。数年に1回、口走る程度ですが。。。やっぱり、記憶に残る歌詞?

そして、ネットで調べ始めるパパ。
カタカナでチンチンポンポンが正式な題名らしい。
やっぱり小さい兄妹がお風呂に入って、男女の違いを不思議がっている歌だった。
さらに見ていると、Amazonで500円。
???
なんで、そんな古い歌が普通に売ってるの?
と思ったら、数日前に発売されたばかりらしい。
しかも、発売日には10位にランクインしたとか。。。こんな歌が?

さやに聞いても知らない。
BISは。。。ちんちんぽんぽん♪と、歌い出した。
高校生の間では、知られているのか??
知ってるっていうけど、歌詞はあってるけど、曲が…
♪ちいちいぱっぱ ちいぱっぱ♪のリズム、すずめの学校になってますけど…
小学生の頃ならかわいいけど…中高生の2人ではかわいくない。

あずき成長中

さやがお手玉を作った時に中に入れたアズキが落ちていたけど、数個あっても使用方法がない…ので、湿らせたコットンの上にのせておいたら、芽が出てきました。
さすがにコットン1枚では、すぐに乾いてしまうので、コットン増量。水、たっぷり。
びよ~~んと伸びた
皮がふやけて芽が出てくるまでは結構時間がかかったけど、その後は急成長。数日でひょろひょろと10cm越え。長い方は20cm近い。

はっぱ
こんな感じの緑の葉っぱ。
大豆は、ぴちぴちの時は枝豆だけど。。。小豆って乾燥した豆になる前はどんな姿なんだろう?
母もパパも知らない。見たことない。
兄ちゃんも知らない。さやも。。。
どうなるか、育ててみるか。
でも、水耕栽培じゃ、ひょろひょろモヤシっこって感じ。土に植え替えないとダメだろうな。
引っこ抜いて、土に埋めたら育ってくれるかな?

部屋の中に土を置くのは嫌なので、さやが去年買った観葉植物をベランダに放置していたら、ほとんど枯れていました。
それもそのはず。。。後から調べてみると、どれも暖かい地方の植物なので、室温15℃以上のよく日の当たる場所で育てるように…ってことだったらしい。
ははは。。。毎日気温一桁で、しかもエアコンの室外機からの冷風が当たる外に放置してましたわ。枯れて当然、ごめんなさい。

でも、唯一、冬を越えたのが多肉植物の朧月。アロエの仲間?
寒さにやられたのか、葉の色は汚くなっているけど。
おぼろ月
名前がおぼろ月なんで、真っ暗い夜に写真を撮ってみた。
つぼみらしきものが。。。
こんな端っこに植えたつもりはなかったけど、なぜか隅っこの方に。。。
分厚い葉っぱがポキっと折れると、その茎の部分からまた新しいのが生えてきます。
それも、葉っぱが1枚じゃなくて、同じようなのが1塊そこに…
増殖中
折れた葉っぱの方も、切り口から新しい葉がモコモコと。。。こんな感じに増えていきます。
こんなのが、折れた葉っぱのついていた茎にはモコモコと何個も出現。すごい生命力って感じ。
でも、増えた部分は切り離して、別株にしてあげた方がいいんだろうか?

不注意男

いつものことながら、注意力が足りないBIS。
テストなのに、筆箱忘れた…って。
持ち物は確認済みって言ってたくせに、車で走り出してから、
「確認したと思ったのに。。。筆箱が入ってない!!」
またか!

家を出た後でもコンビニのある場所で気付けば、シャープペンと消しゴムくらいなら買うこともできるけど、会場に行ってからではやばいよ。見知らぬ人に貸してもらえるか?購買が開いてればいいけど…会場では貸出しませんって書いてあったし…
テストに行くのに、筆記用具を持って行かないとはどういう神経してるんだ?
こんな時代でも、テストでパソコン使用は認められていないから、筆記用具は必須だろ…
途中で買うことのできない受験票には、とても注意しているけど、そればかり気にして、他の忘れたんでは。。。

まだ家からそう離れていなかったから、逆戻り。
筆箱を取りに行っている間にチェックすると、中には本1冊と受験票だけ。
こんなにさっぱりした中身なら、バッグを開けさえすれば、筆箱が入っていないことは一目瞭然。
動き出す前に、バッグを開けてたら、そこでわかっただろうに。。。確認するのが、遅い!
普通なら自転車で駅まで行くから、自転車だったら途中であけて確認なんてすることもなく、現地まで気付かなかったような…

なんで、入れたと思っても、開けて最終確認するっていう作業を怠るかね~??バカ。
先月もテストの日に提出するノートを絶対に持った!って威張ってたくせに、テスト終了後に自転車飛ばして、すごい勢いで取りに戻ってきたけど…
次の日には国語の先生に数学のノート提出したって学校から連絡来るし…注意力なさすぎ!
ロボットの試合会場についてから、充電した電池を全部忘れてきた…とか、パソコン忘れた~!って途中で取りに帰ったり…つきあってられませ~~ん。
自分が困るだけなのに、懲りないヤツ。
それがBIS君たち一群の特性らしいから、改善には並外れた努力を必要とするのだろうが…だいぶマシになったけど、まだまだポロっと失敗が。
まあ、上にあるような人様にあまり影響のない、自分1人にふりかかってくる失敗なら、次どう行動すればいいか、自分で考えて動いておくれ。

寂れた街

ハーバーランドがオープンしたのはBISが生まれるちょっと前。
海の近くのショッピングゾーン…出かける時にはおしゃれして行かないと場違いな気がする街だった。
牧場帰りの格好で行くなんて、ありえない!って思ったけど…人がいなかった。
ほんとに、全然いない。
従業員の数の方が多いでしょ。
今時のデパートには珍しく7時閉店。住宅地が近いわけじゃないし、オフィス街でもない、ようするに町外れだから…
人がいないんですけど。。。
さやがウルトラマンみたいになってるけど…午後7時頃の阪急前。
反対側のビルは8時まで営業しているけど、来る人がいない。
閑散としすぎで、いくら明るくても1人だったら怖そう~~
花の名前はさっぱりわからない
フラッシュ光りすぎた…花もあちこちに置いてあってきれいだけど…

1992年の開業当時の店はほとんどない。残っている数少ない店が神戸阪急。
だけど、中はガラっと変わっている。普通はデパートに入らないテナントを寄せ集めたって感じ。
2012年撤退って噂もあるけど。。。
オープン当初からある店って、阪急以外はモザイク内の数店だけじゃないだろうか?
なんか、あとから無理矢理作った街は、ダメでした…みたいな感じ。
神戸の人は意外に保守的だったんだろうか?
駅から離れているっていうのも、いけないんだろうけど…神戸は車が混むし…
わざわざ行かないといけない場所で、平日あけていても人が来ないんでしょうね。
近くに観光スポットがあるわけでもなく、駅の向こうに後から作られた商業施設ですから…それも日用品を売っているわけじゃないし…。
ダイエーがやってた安売り系より、オシャレ度、高級度重視なのか??って気もしたけど、今はユニクロとかソフマップとかあるし、残っている店は中途半端な感じで、買い物に行きたい所ではなくなってる。
阪急が2012年に本当に撤退したら、開業から20年で街はつぶれるんだろうか?? 【“寂れた街”の続きを読む】

遊び&体験コーナー

ドッグショーは雨で地面のコンディションがよくないから中止。そのかわり練習風景をご覧ください!ってことで、牧羊犬の訓練。
働く犬
さすがに賢いですわ。愛玩犬とは違って、仕事してます。
眼力だけで羊を追ってるし。。。
それにしても、寒かった!
観客は10人もいない。
まだ続きはあったけど、15分ほどで引き揚げ。
それでも、スタッフのお姉さんたちに丁寧にお礼を言われてしまいました。
観客いなかったら、やる気も違ってくるだろうし、見ていてあげたいけど、座ってるだけの客には寒すぎ。
前日が暖かかったから、手袋とかカイロみたいな冬支度してないし…
上着着ていっただけ、まだマシ。近くにいた幼児連れのお父さんなんて…暖かいと思っていたのか上着も着てなくて、すごい寒そう。子供とお母さんは着ているのに、お父さんだけ着てないから…かわいそ…

犬のふれあいコーナーは中止、乗馬も中止。アクアボールもダメ…で、外でやることない。唯一できたのは、ゴーカート。
ゴーカートにやっと乗れた
他にお客がいないから、コース内の芝生で写真ど~ぞ~って、頼んでもいないのに入れてくれた。
身長140cm以上でないと運転できないけど、6年の終わりにやっと超えたから、さやも乗れる!
1人で乗せるつもりだったけど、コースが見えないところまで行ってしまうので、パパが一緒に。
なにせ、鈍い子ですから…パパ、心配。
見ている人には遅い車に見えるけど、乗ってる人にはそれなりのスピードに感じるらしい。
アップダウンのあるコースだから、さやの怪しい運転でさらに怖かったって。
そして。。。
ブレーキとアクセル間違えた危険な娘
最後の車を止めるはずの場所でアクセルとブレーキを踏み間違えて、突っ込んでくるんですけど~~
停止線、はるかに越えてます。下り坂だから、けっこうな勢いで突っ込んできましたよ~~
パパもさっさとブレーキ補助してよ。この前は兄ちゃんがブレーキ担当していたっていうし、さやの頭の中にブレーキなんて存在してなかったんじゃなかろうか?
最初は終わったらもう1周1人で乗る!ってはりきってたけど、無理!無理!!てことで、1周で終了。
危険運転注意!!の人物でした。

建物の中の体験教室はいろいろ。パン作りとかもあったけど…動物さわりまくったあとで食べ物作るのもね~~って気がするし、家でも作れるから、画材を揃えるのが面倒なトールペイント。
前の日の友禅の体験教室では水を使うと滲むから筆をしっかり拭くように!って言われたので、ここでまで筆に水をつけないで描こうとするさや。
それじゃあ絵の具が全然伸びないでしょ。普通に水彩画みたいに描いていいんじゃないの??
レストランの中が体験教室
標準の所要時間は40分くらいらしいけど、1時間半かかったシロンの絵。

何年か前、なんかのテレビでやってたようなのが。。。
こんなのもやってみた
さやのキック力では当たっても、何にも反応しません。。。弱すぎ。 【“遊び&体験コーナー”の続きを読む】

ひつじとやぎ

母が小さい頃、ヤギはどこかで見た記憶があるけど、羊って見たことなかった。
ヤギの方が日本ではポピュラー?
パパは羊なら六甲山牧場にいたっていうけど、関西在住じゃなかったし、親が車の免許を持ってないから行ったことなかったし。
羊を初めて見たのは、さやと同じくらいの年の頃…スイスの田舎町で放牧されてるとこ。
本物だ~~!と喜んでいたような気がする。かわいくはなかったけど、緑の草の中に白い羊ってイメージ。今の日本じゃ土の上に汚れた羊が多いけど…

ヨーデルの森で外に出ていたヤギは茶色と白と2種類。
茶色いのは小さい。白いのに脅されて、なかなかエサももらえないし、すぐに端っこに追いやられる。
白いのが邪魔するんです
パパが白いのをひきつけている隙に、さやが茶色の子達にコソっとエサやり。
柵の外側からしかエサはあげちゃダメだけど、パパが白いのにスコップであげつつ、わざと下に落としたのを、コソっと拾って茶色い子にあげてました。
そうでないと、白いのが茶色いのに飛びかかってエサを奪うのだ。ヤギ社会にも年功序列とかあるのかな?
暴れてました
おとなしそうに見えるけど、暴れん坊の白いヤギ。人には向かってこないけど。
すぐにツノつきあわせて、暴れてました。

カンガルーのとこには柵があって、そっちには入るなって書いてあるけど…
カンガルーの方から勝手に入ってきてます
カンガルーが勝手に柵から出て、こっちに来るんですけど…
自分で扉を開けるヤギ
ついでに、やぎは柵の扉の鍵を上手に自分であけて入っていく。。。柵の意味がない。。。
鍵は口でつまみみたいなのをひょいっと持ち上げて、簡単に開けてしまいます。

茶色のヤギはとっても臆病なのだ
茶色のヤギさん、背中をさわっているとあったかい。天然の暖房。。。寒いとは思わないから、手袋も持ってなかったし…
母の髪の毛は雨に濡れるととんでもなく広がる厄介な髪質。さやが似なくて、よかった。。。でも、BISは一緒なのだ、かわいそうに。

アルパカ小屋へ、もう1回。黒い子も前に出てきた。
黒い子も食べてます
アルパカの横は羊。
子羊
3月に生まれたばかりの子羊。
子羊・横から
小さい時は、たいていの動物はかわいい。
くれ~~くれ~~
子羊にエサをあげていると、大人の方が横で「め~~」じゃなくて、「くれ~~~」って聞こえる鳴き声で要求するので、さやに大うけ。
かわいかったのは子羊、鳴き方が面白かったのは親羊。
で、羊のぬいぐるみをパパにおねだり…で買ってもらったさや。動物園とか行ったら、必ず何か買ってくるからぬいぐるみだらけ。
うちのアルパカ牧場
家にたくさんあったアルパカぬいぐるみの中へ。。。
今回のお気に入りアルパカの太陽君のマスコット。あまりかわいくないけど。。。茶色いやつ。
あとは子羊のぬいぐるみ。羊のぬいぐるみの方がアルパカよりはるかに大きい。実物は反対だけど…
残りは全部ゲームセンターで取ったアルパカだけど、やっぱり白がほとんど。
実際に飼われているアルパカも白が多いらしい。
色付きは毛を使いたい時に、希望の色に染まらないから使いにくいんだって。

ヨーデルの森のうさぎたち

入口から少し歩くとふれあい広場っていうのがあって、アヒルやウサギにエサをあげられる。
一番まとわりついてくるのは、ホロホロ鳥。かわいくな~~い。
斜めってヘンな感じ
斜めに撮ったらヘンな感じ。
まっすぐ
必死にエサくれ~~って迫ってくる。
全然かわいげないけど、あげないのもかわいそうなので、ちゃんとあげる、さや。

その奥にはうさぎやモルモット。
扉の下を通り抜け
柵があるけど、ウサギは下を自由に通り抜け。
マーラがやってきた
大きなマーラは元気に飛びついくる。
マーラが飛びついてくる
カピバラの次に大きな齧歯類らしい。
ねずみっぽくないカピバラと違って、マーラはちょっと足の長いウサギって感じ。耳は短め。
下がぬれてるから、飛びつかれたら、服もドロドロ…その辺は想定内で汚れてもいい服で来てるから大丈夫だけど。
黒っぽいから、足型がついた~~と喜んでるさや。
家帰ったら洗うし~、記念に残しておくとか言わないでよ。
傘食べられた~
傘を食べられた。この傘、他の動物にもけっこうパクっと噛まれてた。
なんか、味がするのかな?
パパとさやの傘には来ないのに、この傘だけあちこちで噛まれる。
何年も車に積んだままの傘だから、さやの食べこぼしでもしみこんでいるのかも。。。
それとも明るい色が動物には食べ物のように見えるのか?

ウサギはおとなしい
ウサギのえさはにんじんを棒に刺してあげるように書いてある。
もさもさのウサギ
ウサギもぬれてなかったら、もっとふわふわなんだろうけど、雨の中、外に放り出されているから、雨にぬれてベチャっ。この時は雨がやんでるけど、ウサギはぬれてる。
これ、うさぎ
↑このかたまりもウサギ。左が顔。
穴掘り中のウサギ
こっちは穴掘りに夢中なウサギ。
ひたすら掘り続け、満足げに出てきた。
終わった!!!
でも、意外に顔は汚れないんだ…もっとドロドロの顔で出てくるかと思ったけど…
エサを待っているモルモット
モルモットも並んでエサを待っているけど、棒だと1回に1匹しかあげられない…

フラミンゴは平らな皿でも水が飲める
ツルは平らなお皿のスープが飲めないってイソップの話があったけど、フラミンゴは平らな皿で水を飲める。
池の水は飲まないで、お皿の水を飲んでた。
生みたて卵
うさぎと遊んでいる間に、鳥が卵を産んでいた。どの鳥の卵だろう?
アヒル、チャボ、ホロホロ鳥、フラミンゴがいたけど…気がついたら、何もいない地面にコロンと転がっていた。どれが産んだか??

もふもふアルパカ君

関西ファミリーWalkerの広告にアルパカの顔が。。。場所は「ヨーデルの森」。
触れるらしい。行かなくては…
姫路の北側、車なら中国道・福崎から播但道・神崎北…片道150キロくらい。

天気予報では晴れだったけど、朝から雨降ってるんですけど~7日(水)の話。
現地の天気は晴れ!ってことで、出発。
でも、やっぱり雨降ってる~~~寒い~~~。中に入って、見るとこあるの?
営業中だけど、入口に張り出されていた予定はいろいろあるけど、中に入るとほとんど閉まってるんですけど~~
予定時間に遅れてカピバラのランチタイムが始まるって放送はあったけど、その頃さやはウサギに夢中。
大きいカピバラより小さいウサギがいいってことで、うさぎと戯れていました。
他にお客さんいなくて貸切だし…こっちはまたあとで。

他の施設はほとんどお休みって感じ。でも、奥の方にアルパカ小屋発見!!
3匹もいました。やたらと近いんですけど…
エサくれ~~
晴れていたら外の広場に出されているだろうけど、雨だから小屋の中で超近い。
手を入れないでねって書いてあるけど、勝手に向こうから頭出してくるんですけど。
100円でエサを買って、スコップみたいのであげられるので、さっそく挑戦するさや。
でも、大胆にアルパカ君たち迫ってきます。
手はいれなくても、勝手に出てくるんですけど。。。
茶色い子が一番愛想もいい。黒いのはいまいち、近くにも来ない。一番おとなしいのはグレー。

雨だけど来園者サービスのためにお散歩タイムってことで、飼育員のお姉さんがアルパカを連れ出しに来ました。
今日は黒い子!って言ってたんだけど、さやが
「え~~~黒い子、怖い。茶色の子がいい!」
ってボソっと言ったのを聞いてくれたのか、茶色の子、太陽君を連れ出してくれました。ラッキー。一番かわいい。
お散歩中
小屋から出たところで、背中にタッチ。背中のもふもふ感が最高!!
やっぱりふわふわ。シロンといい勝負。
シロンに触りなれていると、デパートで売っている高級ムートンでもゴワゴワに感じるけど、アルパカ君の毛は柔らかい!
まだ1才の子供だって話なので、そのうちもっとゴワゴワになるかもしれないけど、今はもさもさのふわふわ。
一番人気の白いアルパカ君は出稼ぎ労働中だそうで・・・この前、海遊館の横にいた白いアルパカかな?

お外で記念撮影させてくれるけど、写真撮っている間、飼育員のお姉さんが犠牲になっているのだ。
おとなしくさせるのに、手をかませて前を向かせてる。
まだ子供だから、さやより小さい
普通はハムハムっとかじっている程度なんだけど、驚いたときはガブっといくみたい。
小さい子がアルパカ見つけて走ってきたのに驚いた太陽君、いきなりお姉さんをガブっとかみました。
しばらく噛まれた手を隠したままのお姉さん…痛そうだ…
本当に小さい子供は動物の扱いわかってないですから…見たい!って思ったら、すごい勢いで近寄ってくるから、動物の方がびっくりして逃げます、暴れます。
追いかけたら、逃げられるのがわかってないし。
雨が降ってきたから、だんだんベタベタのアルパカになってきてしまいました。超撥水加工ではないようだ…
走り去るアルパカ

アルパカ見るために往復300キロも離れた場所まで来たんだから~~しつこく小屋でエサやり。
というか。。。ゴーカートが2時にならないと始まらないってことで、その目の前にある小屋の中で雨宿りしつつ時間つぶし。とにかく、寒いのです。
もうすっかり慣れたさやは、手でエサやってました。お姉さんが噛まれるのを見ても、怖くないんだって。
あ、ど~~も~~

もっと写真撮ったはずなんだけど、パパが撮ってくれていたはずの写真がないのだ…不思議。
データカードを取り替えた後しばらくの間、そこだけデータが飛んでいるというか、存在しない。
どこに消えた?データカードがなかったら本体に記録されるはずだけど、そっちにも入ってないし…アルパカ小屋を出てからの写真は撮れてるし…不思議だ。
【“もふもふアルパカ君”の続きを読む】

岩田山(嵐山)

今日ではなく6日(火)の嵐山。
嵐山中之島
向こう側が中之島。
嵐山の中ではここが一番桜が多いらしい。
川の横の桜
流れ落ちているところはけっこう激しく見えるから、さやは怖がって近寄りません。
渡月橋
川に背を向けて立つのは怖すぎ…さやにはこれが限界らしい。
渡月橋の方を見ると桜は咲いているけど目立たない。嵐山は桜より紅葉だな。

嵐山に行った目的は岩田山のおサル。
普通の観光客とは行く場所が違う。山登りしないといけないから、最近のガイドマップには載ってもいない…
道端の桜
岩田山に近いのは阪急嵐山駅だけど、何度も乗り換えるのが面倒だったから、遠いけどJR嵯峨嵐山駅から徒歩。
お土産屋だらけの渡月橋付近と違って普通に民家の中って感じの場所を通り抜け。

渡月橋のかかる大堰川へ。いや、渡月橋からは桂川?保津川下りって言うし、保津川か??
橋には大堰川って書いてあるんだけど…
橋には大堰川って書いてあった。これは渡月小橋。
この小さい川が大堰川で、横の広い川は別なのか?地図で見る限りは同じ川のようだが…地図には桂川(保津川)って書いてあって、大堰川とはまったく書かれていない。鴨川と一緒で名前もだんだん変化しているのね、きっと。
桜の周りとお土産屋には人がいっぱいいるけど、このへんはそうでもない。
ここは人が少ない
っていうか~~、全然いない。渡月橋のすぐ横なのに。。。不思議。

岩田山といっても、京都タワーのてっぺんよりちょっと高いだけ。低くて、あっという間に登れます。
寄り道しつつ20分くらいかな?よく覚えてないけど…
京都タワーよりは高いようだ
静岡で山っていったら、1000メートルこえないと…ここは、丘って感じ。
山に行くとは思えないさやの足出している軽装からも、簡単なのはわかるでしょう。母なんて街中歩くブーツですから…それくらいなだらかな坂です。
でも、一足先に入った70代くらいのご夫婦…すぐに抜かしたけど、そのあと頂上で会わなかったから、途中で登るのあきらめたんでしょうね。
頂上に辿り着いた人でも、売店の人に「タクシーはどこまで入ってこられる?あまりに疲れたから、すぐにタクシーに乗りたい!」って訴えてたけど…登り始めが階段ですから…そこまで下りないと車は入ってこれないのは確かですわ。
体力に自信のない人は登らないほうが無難。
自分の足以外に頼るものがありませんから。
小さい子はたいてい途中で親に抱っこされていました。1人じゃ無理みたい。親は覚悟して行かないと。。。

おサルにえさやり
休憩所の中でエサやり。外への持ち出しは禁止。サルに襲われます。。。
小さいサルは硬いものが食べられないみたいで、落花生の殻ごとあげると捨てます。中身だけ渡すと食べるけど…
巨大なサルは殻ごとバリバリ。

高いとこ嫌いなさやなので、張り切っていたわりには、早く帰ろう!って。
下山中
山側に近いところしか歩きません。
下の方の階段には手すりがあるけど、手すりが壊れたら一緒に落ちる!って疑い深く、絶対に手すりも持ちません。
以前、静岡の用宗海岸の海辺の階段の手すりが外れて、外側にぶら~~っと落ちていたのを見ているので、手すりは外れるかも…って思っているみたい。
おサルのお見送り
帰りなので、おサルが近くまで来ても怖がらない。
行く時は、ぎゃ~ぎゃ~怖がってたいへんでした。
いや、何の反応もない
サルの方も全然気にしてない。
山の上から桜
山の上から桜を見下ろす。
桜を見下ろせる
山の中の桜
なんかよくわからないけど、山の中~~の写真。どこも木だらけ。
前に来た時は、クマが近くをうろうろしていたらしいけど、今回はそういう情報もないので…でも、いるのかも。。。

渡月橋から
渡月橋の真ん中から山側。
さやは怖がって近寄らない 【“岩田山(嵐山)”の続きを読む】

大盛況?

さやは1年生だけど、BISは高3、最上級生です。
高校も昨日が入学式で1年生が入ってきたので、今日から部活の新入生争奪戦が始まったとか。
コンピューター制御部なんてね~~…と思ったけど、けっこう人気で人もたくさん来たらしい。

新入生の人数で部活に割り当てられる活動費の金額もかわってくるとかで、必死。
しゃべりすぎて、疲れた~~って。。。真面目なBIS君。
平部員ですが、「ソフトの技術面はこいつが一番だから!」との部長発言により、1年生相手にBIS君頑張ったらしい。
さあ、部員は増えるのでしょうか?

さや作

嵐山の友禅染めのお店で絵付体験。
友禅の絵付け体験中
下絵のついたハンカチ1枚に色付けするのが一番簡単で安上がりコース・1000円。
saya.jpg
出されたハンカチには結構こまかい絵が。。。
お店の人は、色のセンスがいい!って。
はみだしはちょっと練習すれば上手になるから大丈夫。
問題は色の使い方なんだそうで…ダメな人はいくらそういう仕事したいって言われても、ダメだって。
これは持って生まれたセンスで鍛えられるものではない!って言い切ってましたが…
努力ではどうしようもない生まれついての才能なんだって。
さやのひいおじいちゃんは描いた着物を昭和天皇に献上した職人さんだって話なので、そういう遺伝子は持っているのかもしれない。母はお絵描き大嫌い…

プティフール
とってもきれいなケーキ。これは帰りにお店で買ったもの。職人さんのセンス。

さや作・シロン
こっちはヨーデルの森で1時間半かけて描いたシロン君。
キーホルダー1個500円。画材は貸してくれるけど、何の指導もなく、好きに描けって。

かわいすぎないか。。。
かわいいけど~、幼稚園の入園式かと思ってしまう壁面装飾。
中学生にはかわいすぎるような。。。

さや、今日から中学生。やっぱり制服大き過ぎ。

SDカード

昨日はぽかぽかの嵐山。今日は凍えるような兵庫の山中、ヨーデルの森。しかも雨降ってくるし…でも、行ってしまったのでとりあえず、うろうろ。広い敷地に客が10数人って感じ。
写真いっぱい撮って、アルパカ小屋の中でカメラのカードを取り替えたけど…帰宅途中に見ると、入れたはずの場所にない!!
カメラ確認したら、手持ちの方にはお目当てのアルパカ君は1枚も写っていないし…
くそ寒い中、貸切に近い状態でアルパカ見て、さわってきたけど、兄ちゃんに見せる写真が1枚もないではないか!!

いつもならケースに入れたカードをポーチとか大きくてファスナーの閉まるものの中に入れてから、バッグに入れるのに、あまりの寒さに指が動かずケースだけポイっとバッグの小さいポケットに放り込んだ記憶が…
バッグの上があいていたから、落としたかな?
カメラ本体にメモリー内蔵されてないし、現地でカードなくしたら、何も残ってません。
手探りで引っかきまわしても、それらしきものはないし。。。きゃ~~!!動物さんは写真が欲しいのに…

家に帰ってから、ぜ~~んぶひっくり返したけど、どこにもない。
そういえば。。。それとは別にクマ用のちびバッグを持っていたんだ。
最後の最後にそのバッグをひっくり返してもない。けど、よく見ると、内側にファスナーが…開けてみると、中に探していたカードが入っていました。
福袋に入っていたもので、自分で選んだものじゃないから、作りをよく覚えてなくて、そんなとこにファスナーがあるのわかってなかったんだけど…
無意識にファスナーあけて、落ちない場所にしまう努力はしていたようです。よかった~~
こんな時間だというのに、さやは今、兄ちゃんに写真見せながら説明中。
明日、入学式なんですけど。。。

見えなくていいものまで見える…

人間の記憶だけの方がいい時もあるかもしれない。
春の発表会はフラッシュ、三脚を使用しなければ、カメラもビデオも撮影可。
でも、ずっとカメラをのぞいていたら全体が見えないから、肉眼でもみたいし。。。

さやはそれなりに上手に踊れたように見えたけど、写真で一瞬を切り取ってしまうと、やたらとアラが見えてしまう。
ビデオなら、止めなければさら~っと流れてしまうけど、写真は一瞬を切り取ってますから…その瞬間がピシっと決まっていなかったら、前後がいくら決まっていてもわからない。
プロなら、その一瞬を切り取ってくれるかもしれないけど、素人じゃ~ね~…いつ、シャッターがおりるかもわからなし…カメラが次を撮れる状態に戻るのに時間がかかるし、被写体は動いているし…
う~~ん。。。写真で見るとダメかも
母ではこれが限界だ。もっと高くからの方がきれいに撮れるけど、そんな遠くからじゃあ、まるっきり写らないし…
相変わらず手が。。。
左手が~~伸びてない…
トゥでちゃんと立てるけど
トゥはきれいに立ててるって言われるけど…
どれもこれも手に神経行き届いてないわ
指先まで神経行き届いていませんわ。
横の子がバッチリ決まっているから、比べてしまう。。。
手の角度が悪い!
どれも、手の角度に難あり。。。ただ見てるだけなら、あまりわからないけど、写真だとしっかり証拠が残ってしまう。。。

パパはビデオ撮るから上の方にいたけど、ちっこいカメラでそんな遠くから写らない。
普通の室内なら写る距離だろうけど、真っ暗なんで。。。ボケボケ写真多数。ちゃんと撮れたのは1枚もない。
パパの横で孫の写真撮っていたおじいちゃんは…シャッター押しても、全然切れない。やっとシャッターがおりたと思ったらブレブレでまったくわけのわからない写真しか撮れていないので、本当はダメだけどフラッシュつけてしまったそうで…それでも撮れなくて、あきらめたらしい。その距離ではフラッシュも届かないだろう…
気合入っている人は、長さが30㎝くらいありそうな巨大なレンズで撮ってるけど…そんなの買う気にはならない…たぶん、重くて持てないし…使い方もよくわからないし…四角い小さいカメラじゃなくて、昔ながらのカメラの形していて、お手軽なカメラで、何かないかしら?
ハイビジョンのビデオカメラなら好きなシーンを写真で切り出せるっていうけど。。。持っていても面倒でやったことないって言ってるし、写真も横長だったら、嫌だ…

カメラが…ビデオが…

さやは今までで一番上手だったと思う。進歩したものだ。パパ、うるうる。
でも、撮影班が。。。失敗した。

舞台は暗いのにフラッシュ禁止だから、うちのカメラじゃロクに写らない。
それでも、なんとか撮影。
他の方はうちよりもさらにコンパクトなカメラなので、全然ダメ~ってことで、舞台ではなく楽屋で撮ることに。
12人揃って、はいポーズ!
お母さん来ていなかった子たちが自分の携帯のカメラでも撮って欲しいというので、預かって撮影。
返そうと前に進んだら…先に前を横切ったはずの人が引っ張っていたキャリーケースに引っかかってすっ転んだ。

あまりの大胆な転倒に、横で写真撮ってた子が「びっくりして床撮っちゃった~~」って。ごめん、ごめん。
でもさ~~、母は鈍くないのよ、普通の大人としては…
それがひっくり返るって、ありえないけど。。。事実。
犯人はキャリーケースというか、それを引っ張っていた人というか…駅でも最近よくあるっていうけど。

キャリーケースを引っ張った人が通り過ぎた時点で、もうこの通路を歩いても大丈夫って判断したから前に出たけど、その人が突然立ち止まった…だけじゃなくて、後ろに持っていたキャリーケースを何を思ったか急に後ろに下げた。
本人は通り過ぎて前にいるけど、キャリーケースだけが、突然戻ってきたんです。
キャリーがズボっと歩いてる母の足元に。
そこで、おとなしく止まってくれれば、体勢立て直せたかもしれないけど、足が乗った状態のキャリーをその人が引っ張ったから…軸足もはねられたから…そのまま床に~~
でも、キャリー引っ張ってた人、そのまま何事もなかったかのように、去っていきました。目は後ろについてないから、自分のしたことはわからずに、こんなとこでひっくり返って鈍い人?って思っただけかも。

で、手に持っていた携帯は持ち上げて床に打ち付けないようにしたけど、首に自分のカメラぶら下げてたんだ…もう片方の手はバッグ持っていて使えないし…やっぱり床にカメラが当たったみたい。
電源切ってもレンズが引っ込まない。。。あれ?壊れた??
家に帰って、パパに見せたら、「見事にレンズ歪んでる。壊れたな。。。」で、壊れたなら、もういっしょだ~ってことで、レンズをバキっとやったら、元に戻って動くようになったけど…
その様子を横で見ていたBIS君。「でも、音がすごいよ。ギア逝ってる…」
完全に動かなくなるのも、時間の問題かも。。。

まあ、写真は全部撮り終わってからなので、写真は無事です。
でも。。。ビデオが。。。ビデオはパパが持っていたから、ふっとんだわけではない。
上手に踊れたから見てみよう!ってつけたら、途中で突然映像が。。。ない。
最後のアナウンスだけ入っていて真っ暗。
パパが撮影のボタンを押し間違えたみたいで、さやが画面に出てきた直後にブチっと終わってます。
な~~んにも写っていません。ショック~~~
この踊りは春1回限り。秋のリサイタルではメンバーが変わるし…
なぜか、このメンバー、今日はみんなカメラでビデオ撮っていなかった。ほとんどカメラ。
撮っていた人がいたとしても、ビデオって自分の子真ん中で撮るから、よその家のビデオ借りても、自分の子写ってないし…趣味で全部撮っていた人がいるはずだから、思い当たる人に聞いてみよう。全体を写したビデオなら、きっとだれか撮っているだろう。

明日は発表会

明日は春の発表会。
小学生のクラスから、ジュニアにランクアップ。
もう、親が楽屋について入らなくていいのです!!
化粧も自分でする。どんな顔になるのやら。。。
リキッドで大胆に描くアイラインが一番の問題。
まあ、舞台の上だから、多少汚くても、客席の人にはわからないだろう、たぶん。

衣装も自分たちで飾りつけしたから、母のやることはもうない…と思ったら、くまの衣装作っといて!って…
今、お友達と365ベアで盛り上がっているけど、今日着せていった服が好評だったから、明日までにくまのバレエの衣装作って~~だと。
簡単そうに見えるけど、小さい服の方が細かい作業で、難易度高いのよ~~
メイメイの家に遊びに来た
家にある着せ替え人形の服を着せたら、なんとかなるはずだ。
ちびクマが着ているのは、ブラッツのTシャツ。 【“明日は発表会”の続きを読む】

黄金比

パソコンのディスプレイにも使えるワイド画面の小型テレビをパパが見てたけど…
写真も、こういう風に横長主流になるんだろうか?

カメラで撮った写真のサイズって古いテレビみたいに横縦4:3。
ビデオカメラで静止画撮ると…ワイド画面の横長写真になるけど…16:9って長すぎって気がするんだけど。
普通は縦横の順に書くような気がするから3:4とか9:16って書きたいとこだけど、これはなぜか横縦で書くのもヘンな感じ。16:9って、なんか縦に長い四角を思い浮かべてしまう…

小学生用の百科事典を処分する前にパラパラめくっていたら、黄金比って言うのが目に入った。
かつての日本の黄金比って縦横、1:√2 だいたい1:1.41
この本が書かれた時はこれが黄金比だったみたいだけど、これは白銀比とか大和比といわれるらしい。
世界でいう黄金比って1:1.618
日本で使われていたのより横長ね。

心理学者さんが縦横の比がいろいろな長方形を作って、一番美しいと思う形を選んでもらう実験をすると、一番多く選ばれたのは2:3 縦横1:1.5の長方形だったってこの事典に書いてありました。
古いテレビの縦横は約1:1.33 1.5との差は0.17
ワイド画面だと1:1.78で差は0.28
世界の黄金比1.618と比べたら ワイド画面の方が近いけど、日本人の感覚だと、昔のテレビサイズの方が美しいサイズのような。。。
世界に対抗するためには世界基準でって言うんだろうけど、島国日本、独自の進化をしてきたんだから、日本人には日本人の好みがありそうな気がするけど。。。
パソコンのディスプレイもみんな横長サイズに慣れたら、横長じゃない写真って、ヘンに見えるんだろうか?

疎水~賀茂川~ゴール

疎水の桜は有名らしいけど、見ごろではなかった。
桜は咲いてるけど…
近代美術館側。
川を船が
橋をはさんで反対、京都市美術館側。ちょうど川を観光船が…
お花見
桜とマロン。
コンサートホール前
コンサートホール前のマロン。
あ、川だ
北山通りをふらふら歩いて賀茂川へ。
昔はもうちょっと下で1本になる前の西側の川は賀茂川って書いたけど、今は鴨川(賀茂川)って表記らしい。
怖いからって這うように帰ってくるさや
さやは川だ~~!って喜んでおりていったけど…「くさい。。。」って。
写真じゃわからないけど、確かにぷんと臭う川です。
ここから向こう岸に渡れる
1ヶ所向こう岸に渡れる場所があったので、とりあえず行ってみるさや。
けっこう流れは速いけど、深くないし、怖がるほどのものでもないけど…
たったこれだけで
ちょっとだけ進んで、クルッと向きを変えたと思ったら…
帰ってきた
ジャンプして帰ってきました。怖がり。。。
奥に見えてる小さい子に道を譲ったわけではない。
それなりに人は歩いているけど、あまり目立たない
もうすぐ桜まつりが始まるらしいけど。。。
ネコ発見!!
桜が少しだけ咲いている。
その下にネコ発見!
ネコ
すごいおとなし~~くしてるけど、顔はかわいくはないかも…
桜
しだれ桜。
お花だらけ~~
川沿いの白い花。
賀茂川のほとりで
黄色い花。
花の名前、全然知らない…
目の高さに桜があるけど
目の高さに桜。
ウエストポーチに巾着袋。いっぱいぶらさげている、さや。
今回は巾着袋の中にくまを入れて持ち歩いています。 【“疎水~賀茂川~ゴール”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。