BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観察

食事中のチョコ。
前のチョコと違って硬いものは苦手の様子。薄っぺらいものから先に食べていきます。
これもチョコ
10月中旬に生まれたらしいから、生後1ヵ月半のメス。
最初のチョコを買った時はオスかメスかはっきりしなかったけど、メスだったから、今回もメスで探しました。ハムスターのオスは重たそうなものつけてますから、さやは嫌がります。
回し車もすぐに使ってます
水槽の中で草に埋もれて暮らしていたから、回し車とかはしごとか初めてだけど、教えられなくても、そういうのはちゃんと使えるのね…
この回し車、ケージに付属のものではなく、特別に買ったサイレントホイール。普通の回し車と比べると、とっても静かなのです。一般的回し車と値段は100~200円くらいしか違わないのに、静かさが全然違う。
これをほぐして、モコモコにしないとね~~
誰に教えられたわけでもないけど、巣作りもできる。
小屋作り中
小屋の近くにも同じものがたくさんあるのに、なぜかここから運んで行く。。。隠れているつもり?チョコじゃなくてはしごにピントが合ってしまった。

じつは、チョコを買う前に…「うさぎが欲しい!」と、ごねていたさやです。
ライオンロップっていう茶色のうさぎで、鼻の毛がフサフサ、シロンと似ているうさぎがいたのです。
そこにいたのは、片手に乗る小さいうさぎだけど、5キロくらいになるらしい…シロンとかわらない大きなうさぎさんのようでした。

シロンの時も…同じ店でうさぎ(ネザーランドドワーフ)を見ていて、欲しい!と泣き叫んで、引きずって連れ帰ったのです。
愛想のないうさぎを10年も飼うくらいなら、犬の方がいい!って、今はなくなってしまったペットショップになぜか立ち寄るパパ。そこでシロンに遭遇。
今度はパパが「欲しいの~~」と、かわいくないウルウル光線で訴えてました。
柴犬色のポメに、パパは。。。なぜか、BISの入学祝ってことになっていますけど…
予想では今の半分サイズだったのに…必要以上に大きくなって、まめ柴くらいの大きさになってしまったシロンです。
スポンサーサイト

チョコ・チョコ

昨日の朝、チョコちゃん埋葬。BISは不参加。この時は、まだ熱が39℃くらいあったけど、今はもう下がったようです。
チョコが入っています…
家のプランターは浅すぎるってことで、ホームセンターにプランターを買いに…
土も有機野菜用の高めの土を奮発。チョコのまわりには薔薇を入れる予定でそれは先に買ってあったけど、追加でシクラメンを…でも、チョコの上に植えたのは、もともと家にあったミリオンバンブー。
丸まったチョコは本当に小さかった。
下の方に埋まっています

そして。。。子供は薄情といいますか…
お作法教室が終わってバレエが始まるまでの数時間の間に、10キロほど離れたホームセンターへ2代目チョコを探しに。
兄ちゃんがインフルエンザなのに、さやが出歩いていいのか?
方針が変わって家族に患者が出ても、本人に症状がなければ行動の制限はないってことなので…潜伏期間が長いらしいから、今なら体内にウィルスが入っていても感染力はないか??

チョコを買った近所のホームセンターにいたハムスターは、どれも好みじゃない。
その前に行ったデパートのペットコーナーにもヘンなハムスターしかいなかったし。
しかたないから、隣の市まで行きました。
そこのホームセンターは陳列の仕方が違って、ほとんど中にいるハムスターが見えません。
係の人に頼んで出してもらうと…草の中から4匹出てきました。
1匹は白っぽくてチョコに似ていたんだけど…どこか悪いみたいでほとんど歩けない。草に隠れていて係の人も気付いていなかったみたいで、慌てて別の場所に隔離してしまいました。
その子が元気だったら、その子がよかったんだけどね~見るからに、病気。
やっぱりブルーサファイアなのに白毛の多い子は体が弱いんだろうか?

残った3匹で1番大きいのは太りすぎでダメ!ってことで、残り2匹。
15分くらいながめて、やんちゃな子に決定。
チョコと比べるとかなり黒っぽいんですけど~ブルーサファイアというより、普通のジャンガリアン並に濃い色。
でも、もう「チョコ」です。
ケージに移しかえて、「チョコ~チョコ~」
新入り
顔が細長いぞ~ネズミっぽい。
大きく見えるけど、じつは小さい
肉眼で見るとかなりグレーが濃いんだけど、フラッシュ当たると白っぽく見えますね~新・チョコ。
生きていたチョコの最後の写真
初代チョコの生きていた時の最後の写真。
死ぬ1週間ほど前に大きなおうちにかえたばっかりだったのです。
ここから先は。。。見ない方がいいかも。。。 【“チョコ・チョコ”の続きを読む】

あつっ!!

ついにBIS君、新型にやられました。
昨日の夜、37.5℃。自分では熱があるのに気がつかず、さやに言われて熱を測って、熱があることが判明。
朝起きたら、38.4℃。病院行く前は39.2℃。そして、今現在、40.5℃。
今までに出したことないほどの高熱です。
高校に入ってから初めて学校をお休み。といっても、出席停止なので、欠席にはならないけど。

病院で鼻をグリグリされて…15分待ってください…ってことだったけど、それより早めにA型のところにラインが出て来たとかで、10分足らずでインフルエンザ確定。
今の時期、A型は100%新型です!って。

10代なのでタミフルは処方されず、リレンザ。
これが、専用の器具に薬入りのディスクをセットして吸引しないといけないから、ちょっと面倒。
BISがインフルエンザにかかったのは…たぶん、8年前。
それから高い熱は出したことないから、ふーふー言っています。

でも、朝から3食ちゃんと食べているんですけど~
夕方は40度超えてるから、さすがにいらないって言うかと思ったら、「いや~お腹すいてる!」ってことで、ご飯もおかずもしっかり食べている不思議な病人です。

エコカイロ

何度も繰り返し使えるカイロがあるはずだけど、なかなか売っていない。
さやがよく買っている子供向けの通販で見つけたものの、去年の在庫処分品で120円と格安だったので品切れ。
スーパーやドラッグストアのカイロを売っているところには、全然置いてない。
意外な場所で発見!文房具とかファンシーグッズを売っている雑貨屋さん。
キャラクターもののエコカイロでした。1個525円。
さやはガチャピンがいい!ってことで、ちょっと高いような気がするけど、ずいぶん探したので購入。
ショッピングモールのオープン1周年記念祭で2割引だったから、420円。使い捨てカイロの3分の1くらいの小さいサイズです。
カイロ1
中に入っている金属片をカチっとすると。。。
カイロ 2
金属のまわりの液体から、じわじわ固まっていく。
カイロ 3
透明のところはぷにょぷにょだけど、白くなったところは硬い。
カイロ 4
あと、ちょっと~~
カイロ 5
あっという間に、カチカチ。10秒もかからない。
ほっかほか。けっこう温度は高め。
カイロ 6
ムックの着ぐるみきているガチャピン。この絵がなかったら、買ってなかったかも…

中の液体は何なんだろう?
商品の箱には書いてないので、ネットで調べると…酢酸ナトリウムの飽和溶液。
限界まで溶かしてある酢酸ナトリウムが衝撃を与えられて凝固する時に発する熱らしい。
でも~1回固まっちゃったら、そのままじゃ元に戻らないんですけど~カチンカチン。
凝固したものを再び液体に戻すのには、鍋でカイロを煮る!!
商品の箱には、布に包んで、沸騰した湯で10分間煮るって書いてあるけど…1時間も使えない小さいカイロのために、10分以上ガスを使ってエコなの??
昔みたいに、ストーブの上でお湯沸かしているような家ならいいだろうけど、うちにはストーブないし…というか、今時、上が熱々のストーブって売っているんだろうか?

ってことで、とりあえずお湯を沸かして布で巻いたカイロを放り込んで、火はすぐに消す。そのまま30分ほど放置。。。無事、元の状態に戻って、再利用可。
それなら…と、放置時間を短くして、10分ほどで取り出してみると。。。ほとんど溶けていたけど、中にほんの少し結晶が残っている状態。
あ、早過ぎたかな…と思ったけど、透明の液体になっていたから放置しておくと、冷めたら凝固して使えない状態に逆戻り。
お湯につけておく時間が短すぎるとダメですね。。。

お湯から出してすぐはホカホカなので、そのままカイロとして使える。
さめてきたら、金属片をパチンとすれば1時間くらいは暖かいらしい。
でも、両方あわせても2時間使えない感じ。
朝学校に行く時だけ手を温めたいっていうのならいいけど、1日中使っていたい人には普通の使い捨てカイロの方が役に立つでしょう。
だからキャラクターものにしないと、売れないのかな?
1回試してみたら、もう2個目を買おうとは思わないし。 【“エコカイロ”の続きを読む】

わかっているけど。。。

寝ているだけ…と主張しつつも、昨日はずーっと泣いていたので、チョコちゃんが二度と動かないのはさやもわかっています。
それでも、今日もケージをのぞきこんで、起きてこないか、確認。
幼稚園の頃に飼っていたハムスターは、年とってヨボヨボになって、さやが見ている目の前で力尽きて死んでいったけど…今回はあまりに突然だったから…

生きている時は怖がって素手であまり持てなかったけど、今は何もしてこないので、掌にのせてながめています。やっぱり動かないけど…
体が小さくて筋肉もあまりないせいか、カチコチじゃなくて、くた~っとしているから、本当に眠っているみたい。
パパが出張中で家にいないので、まだ小屋の中に入れたまま。
姿が見えるとかわいそうだから、早く埋めてあげたい気もするけど。パパもお別れしたいかな~って。
小さいから、家のプランターに埋めようかと。
共有の敷地内は、飼っていた小動物、金魚などを埋めるのは禁止なので。。。金魚と違って、生ゴミに出す気にはならないし。

夕飯前には、チョコちゃんを小屋ごと別のケースに移して、ケージは丸洗い。
なぜかというと。。。
チョコにそっくりのハムスターを探して、その子に「チョコ」って名前をつけて飼うから…だそうです。
死んでショック、二度と生き物は飼わない!って人もいるけど、飼い始めて1ヵ月半なので、飼った気がしないから、また飼うのだそうです。それも、同じ名前で。
パパが帰ってくる前に新しい子を中に入れておいたら、チョコ死んでないって思うかな~って…
パパにハムスターの個体の区別がつくかどうか???
シロンならポメラニアン100匹の中に入れてもどれがシロンかわかるけど、ハムスターは…???

短い命

毎朝、さやが出かける時には小屋から出て来て、愛想をふりまくチョコちゃんが今日は出てこない…まあ、眠い日もあるだろうと気にもとめなかったけど…
夕方になっても、とっても静か。ケージの中を見ても、それらしき姿がない。
まさか、脱走?でも、簡単に開けられるケージじゃないし…
自分で紙をモコモコにして、入口をふさいでしまっているので、小屋の中は見えません。
軽いから、小屋を持ち上げても、重さじゃわからない。
紙をホジホジすると、中にいるのは見えるけど、普通はこれだけ動かせば自分から出てくるはず。
???死んじゃった???

さやが学校から帰ってきたので、小屋を開けて紙を取り除くと。。。やっぱり、中で倒れていました。
丸まって寝ているみたいだけど、これだけ動かして、ハムスターがそんなにのんきに寝ているはずがない。
室温20度超えてる家で冬眠するはずないし…死んだのでしょうね。
さやは認めないけど。
1時間ほど手の上で温めたり、カイロにものせてみたけど、動かない。
それでも、「寝ているだけ!」って言っています。
そのまま布に包んでケージの中に戻して、そのうち起きてくる…って言うけど…。

2時間後に帰ってきたBIS君。
「チョコ、死んじゃったよ…」って言ったら、
「冗談でしょ。寝てるだけだよ~」とケージの外から見てたけど、手を突っ込んで確認。
「あ、この感じは前にも経験したことがある。これは、死んでるな。」だそうです。
さやがさわった時には、まだ柔らかかったけど、兄ちゃんがさわった時には死後硬直がすすんだようで、ちょっと硬くなってきていたらしい。

家に来てまだ1ヶ月半くらいしかたってないんですけど…
昨日は元気に走っていたけど…エサも普通に食べてたけど…
BISとひっくり返してみたら、外傷とかはないけど、もしかして前歯がない?折れた?
BISによると、歯が折れたのを飲み込んで、窒息死することがあるらしい。
そんなに苦しんで死んだ雰囲気ではないけど…
ストレスかな?今まで飼っていたハムスターはどれも2年は生きていたんだけど、あまりに早い死。

最初から人の手に乗ってくる愛想のいい珍しいハムスターだったのに…
こんなに早く死んでしまうなんて、びっくり。
さやが1人で世話していたから、エサや水をもらえない日があったのは確かだけど…
ブルーサファイアにしては小さくて、全然大きくならなかったし、もともとどこか悪い子だったのかもしれない。。。

たまごっち大感謝祭

1996年の今日、たまごっちが発売されたとかで、今日はたまごっちの日らしい。
歴代のたまごっちをどれでもいいからお店に持っていくと、何かもらえる…ってことで、さやは朝からもらいに行きました。他にもらっている人、だ~れもいなかったけど…
もらったのは、たまごっちをお世話した「感謝状」と、本物の卵を買う時に使えるたまごギフト券100円分、たまごっちIDで使えるパスワード。

さやの歴代のたまごっち。
たまごっち
ここにはないけど、「でかたま」っていうのも買ったなあ、どこ行った?捨ててはいないはず…たまごっちももう何個かあったような…
右端のまめっちのついたのは、限定品が売れ残って安くなっていたから買ったけど、すでにあきていて使わなかったやつ。

初代が発売された頃、さやは生まれていない。兄ちゃんは買わなかったので、初代のたまごっちはありません。今18才(BIS君より1学年上)の姪っ子が、はまっていたけど…
何を思ったのか、今日、パパがさやに買ってしまったのが、下の方の真ん中にある紫色のたまごっちID。本日発売!
世話するのは嫌いなのに、パパはけっこう買います。一番上の白いたまごっちも、じつはパパが欲しいって買って、さやが世話していたのです。

粗いドット絵の古いたまごっちに比べると、最新のたまごっちIDは絵がきれいになって、色もついています。値段も2倍以上になっているけど。
アイテムは携帯でダウンロードして、手に入れるんだって。幼稚園児より、さやたちみたいにちょっと大きい子ターゲットなのかしら。。。

食べられた~

朝起きたはずのさやが、すねて部屋にもどってしまいました。
何かと思ったら、この前さやが作ったシロン人形がバラバラ。
犯人はシロンです。

その後、5時間ほどかけて、今度はしっかり固めて作ってみました。
でも、途中でシロンの毛が足りなくなったので、未完成。
しっぽの分が足りないので、ボサボサのまま…
うぎゃー、バラバラ
左側がシロンにバラバラにちぎられた、シロン人形。

作ったものをシロンと一緒に並べてみよう…と、横に並べると。。。
食べちゃった~~~
いきなり、ガブリ。
まだ、完成していないのに、食べないで~~
今回はカチカチになっているから、簡単には外れないけど。。。

お仕置きです!?
お仕置きです!!!
って、わけではなく、お風呂に入っているだけです。
なんか、最初は緊張気味でかたまってるけど、シロンはお風呂が好きです。

でも、ドライヤーは大嫌い!
ぼけぼけだけど、なんかおもしろいポーズ
毛が抜けるので、BIS君は掃除機で空中の毛を吸い込む係です。
ドライヤーしている間、さやが写真を30枚くらい撮っていたんだけど、なぜか全部こんな感じでボケボケでした。どういう撮り方をしたのやら???

軍手

さやはまだチョコちゃんを怖がっています。
ケージの外から見ている時は、「かわいい~!」なんだけど… 
手を出したら、乗ってくるけど、さりげなくカプっと噛んでいくから怖いって。血が出るほどでもないけど…
ケージから出して、部屋でお友達と遊んでいたら…2人ともちゃんと持てないから、床をチョコちゃんが走り回って逃げていく。
家具の裏にはいってしまったら、たいへんなので、「ママ、助けて~~!!」

食事の支度中なので、さわりたくない。
家で飼っているといっても、ネズミみたいなものですからね~
軍手を1組渡すと…2人で片手ずつはめて、チョコちゃん捕獲。
軍手があれば、問題なくさわれるようなので、もう1組渡すと、両手にはめて、遊びだす2人。
直接さわった方が、ほわほわ柔らかくていいと思うんだけど…
慣れるまでは、軍手があった方がいいようです。

じつは。。。さやはシロンが来た時も、怖い!と逃げ回っていました。
お店では「かわいい~」って連れてきたのに、家の中で放したら、「怖い~!」
800gしかない赤ちゃん犬だったのに。。。何が怖いのか???
さやが踏んだら、きゅ~…でシロン君の方が終わりだと思うけど。
知らないところに連れてこられたシロンの方が、よっぽど怖かったはず…

今は5キロほどになってしまった、超巨大ポメラニアン。
近所の子供にライオンみたいって言われるけど、噛みません。
そういえば…大人は「ポメだ!」って言うけど、子供は「ライオン」とか「チャウチャウ」とか「きつね」とか…好き勝手なこと言ってます。
ガブッ!!

あれ、何?

スージー・ズーのとこで、ぬいぐるみの熊はかわいいけど本物は怖いって書いたけど、さやが教頭先生から聞いてきた熊の話が…赤毛のアンのアニメの絵がイメージと違ったって程度じゃなくて、一大事。

先生が小学生の頃の話だっていうから、昭和30~40年代かな。琵琶湖の上の方、スキー場で有名な場所。
お兄さんと2人で近所の川に魚釣りに行った時…遠くに黒いモノがガサゴソ…なんだろうと思ってお兄さんを呼ぶと、「声を出すと魚が逃げる!」と怒られただけ。
そのうち近付いてきたから生き物だろうと思って、もう1回お兄さんに声をかけたら、やっぱり「魚が逃げる!」って頭を殴られたので、黙っていたけど…
そのうち、すごく近くに来て、大きくて怖そうだったから、今度はお兄さんが気がつくように、そっちに引っ張りながら「あれ、何?」って聞くと…
お兄さんの答えは…「逃げろ!!」
「なんでもっと早く言わないんだ!あれは、クマだろ!」って怒られたらしい。

それまで本物の熊を見たことがなかったから、何の生き物かわからなかったって。
さやが聞いてきただけで、先生に直接聞いたわけじゃないから、詳しいことはわからないけど、その年になるまで、熊の姿を知らなかったのね…昔の子。
テレビは田舎にまで普及していない時代かもしれないけど、本くらいはあったでしょう?
でも、昔の本って写真じゃなくて、絵で書いてあったような気もする。
かわいく描かれたクマさんしか、知らなかったのかな?
先生の家にも、ぬいぐるみのクマはあったけど、実物とは全然違ったから、初めて本物を見ても、クマだってわからなかったそうです。
クマが人を襲うかもしれない動物だってことも…ぬいぐるみはかわいくても、本物はかわいい愛玩動物ではないのだ。知っているのと知らないのとでは…
数年の違いでお兄さんは知ってたそうだけど…この頃の数年の経験値の差は大きいからね~

でも、今の子でも、小さい子って本物のクマ、ちゃんとわかるのかな。
さやは何回も動物園で見ているけど、このへんは県内に動物園がないから、動物園行った事ない子はテレビ以外で見ていないはず。大きさとか、けっこうわかっていないかも…道端でクマに出会うこともないから、確認しようがないけど。

まだラッコを飼育している水族館が少なかった頃、うちの母がラッコの実物を見たことなくて、見たいというので、水族館へ。
テレビで見て想像していたのが猫くらいの大きさ。実物見たら人間並の大きさ。
思っていたサイズと全然違って、「いや~!かわいくない!!」って現地で騒いでいたことがあったけど…
せっかく連れて行ってあげたのに。。。うちの親が想像していた大きさは、コツメカワウソくらいですな…きっと。

人型でも姿形がリアル過ぎなくて、小さい方が受け入れやすいですね…お人形も普通、手に持てるサイズだし。
描き目でも入れ目でも、白目のたくさんあるリアル型は怖い。黒目たっぷりの漫画顔の方が許せる。
いちごちゃんは、明らかに人間とは違う赤い目。これは、さやの希望だったけど…なぜか、黒はダメ!なのです。

赤毛のアン

変色した古い文庫本発見。
印刷されたのは昭和54年、今から30年前。1冊320円。(今は660円で売っているようです。)
子供用は小学生の頃に読んだはず。
この文庫本を買ったのは、高校に入ってからではないかと…
今の文庫本より文字が小さくて、ぎっしり、ぎゅうぎゅう詰めって感じ。
まだ老眼じゃないから読めます。というか、コンタクト外したら文字が見えるのは30cm範囲内くらいなのに、これで老眼になったら、それも見えなくなるのだろうか???

アニメの赤毛のアンもやっていたけど、絵があまりにも想像していたアンと違ったから、全然見ていません。
なぜか、マリラだけは想像していた雰囲気だったけど、その他がイメージと違って、アニメの方は受け付けませんでした。
アニメは人物が固定されてしまうから…挿絵のない小説だと、自分で勝手に想像できるけど…

今の子は小さい時からアニメや漫画。
文字だけの本を読むことがあまりないから、ストーリーよりキャラ重視になってしまうのではないかと。
それに、こういうものって絵が先に飛び込んでくるから、想像の余地がないような…
少し大きくなると、好き勝手にヘンな妄想はするみたいですけど…
漫画の○○のお話が好き!っていうんじゃなくて、○○に出てくるキャラクターの△△が好き!って感じ。
アニメだと、さらに△△の声を出している声優の▲▲が好き!!になってしまうそうで…話とは何の関係もなくなる。。。レベルが低いぞ。 【“赤毛のアン”の続きを読む】

どこにもない!

さやが欲しがっているガラス絵の具は、静岡でも見つかりませんでした。
ガラス絵の具はあきらめて、値段は何倍も高いけど茶色のマニキュア…と思ったんだけど。
工作用に1本1000円以上出すのはもったいないし、もうちょっと安いのないかな…と探してみたら、735円が一番安い。(ミニサイズを除いて…)
でも、それも品切れ。
ソニープラザでお店の人に聞いてみたら、倉庫まで在庫調べに行ってくれたけど…その商品は全国のソニプラで欠品、メーカーも在庫切れで、今は手に入らない状態と教えてくれました。確かに、京都駅周辺のお店でもことごとく売り切れ。
他の色は普通にあるんだけど…茶色なんて普通に指につける人は多くないと思うけど…やっぱり用途はデコ用でしょう。

ボンドに色をつけて…っていうのも使えそうだけど、どんな色になるのか想像がつかない。
実際に混ぜて、乾かして、色を見てみないと…
ガラス絵の具も家にあった古い黄色は、固まったらまるっきり違う色になってしまったし…どうみても黄土色で、黄色には見えない。きれいな黄色が欲しくて使っていたら、悲しい色になるとこでした。
その点、マニキュアは完成色が確実にわかるのがいいけど、高いのが難点です。
【“どこにもない!”の続きを読む】

スイーツデコ

さやは最近手作りグッズにはまっていて、フェルト手芸、粘土細工、編物…と、いろいろ挑戦中。
その中でも一番のお気に入りが、粘土でのスイーツ作り。
小さい時から小麦粉粘土や紙粘土でよく作っていたけど、ランクアップして樹脂粘土を購入。
それに絵の具を練りこんで色を作ったり、上から塗ってみたりと、楽しそう。

粘土のお菓子
直径15cm(モノがのっている白い部分は10cm)のお皿なので、スイーツ1個1個はとても小さいです。1.5~3cmくらい。
計量スプーンとか、その辺にあるものを型に使って、同じ形のものを次々と作成。
歯ブラシや爪楊枝で、細かい模様はつけていきます。
2、3日乾かしてから、切ったり着色することもあるので、時間はかかるけど、本物のお菓子を作るよりはラクチン。
出来上がりサイズも小さいし、保存もきくから、作品を残しておきたいさやにはピッタリ。

あとは上からソースになるものをタラ~っとたらすと、もっとリアルになるらしいのですが、まだ購入していないので…というか、買いに行ってるけど、商品が品切れしていて、手に入らないのです。
売っていそうなところを7ヶ所ほど回ったけど、どこもソースにつかえる茶色とピンクは品切れで入手不可。
今、こういうのを作るのが流行っていて、見つけるとまとめ買いしてしまう人がいるそうで、全然手に入りません。
青や黒はいっぱい売れ残っているけど、食べ物にその色は。。。まずそうに見えるだけだわ。

???

NASAが2012年の地球滅亡説に反論を出したっていうけど。。。
日本はそのうち滅びるんじゃない?って気がするんだけど。
植物も動物も外来種にどんどんやられちゃってるし…

十数年前、BIS用に買ったイギリスの幼児向け世界地図 First Atlas で、日本のところに書かれていたのは…
Japan is famous for its factories.
Japanese companies make computers, watches, televisions, radios, cameras, house hold goods, and cars.
今は、どうなんでしょう?第ニ次産業が日本の主産業とは思えないけど…
最近は、国内で売っているものでも中国製とかベトナム製とか、アジアの別の国のモノが増えてるような気がするし。

それに、工場関係の求人が激減して、去年から工業高校の就職率も激しく低下したそうで…
機械を使えば人手は減らせるだろうし、生産自体を国内ではなく、賃金の安い海外に変えてしまえば商品を安くできて一時は喜ばれたかもしれないけど、それで仕事のなくなった人たちは何をすればいいのだ?

今年も卒業しても就職できそうにない人はけっこういるって話だけど、人手がたりなくなるから、人型のロボットが必要だ!っていうのは、本当なんだろうか?
就職したくても、できないって言ってる若者がたくさんいるのに…企業の要求するレベルに達してないからっていうのも、あるだろうけど…

ロボットを作るために人間が働けば、仕事が増える?
ロボットも産業用ロボットが作ってくれて、人はいらない???
人の姿形そっくり、意思もあるなんていうのができたら、人間自体がいらなくなるような気がするけど。。。普通の働く機械でじゅうぶんだと思うんだけど、なんで人間みたいなのを作りたがるんでしょ?

スージー・ズー

なんか子供の頃に見たような…と思ったら、35年前からあるキャラクターだそうですが、今、子供たちに人気。
スージーズーって、子供たちが言ってる音だけ聞いたら何のことかわからなかったけど、Suzy's Zooだったのね…

さやも好きだけど、バレエ仲間も1つくらいはグッズを身につけている子が多いです。
どっちかと言うと、10才以上の子に人気って感じ。
熊のブーフが一番人気。
母は黄色い鳥がいいって言ったら、主人公は熊じゃなくてそのアヒルの方だそうです。
でも、キャラクター商品は熊だらけで、熊がメインかと思ったんだけど…
カラフルなケアベアのくまさんたちより、スージー・ズーのブーフの方がいいけど、やっぱウィッツィーが好み。

人里で本物に出会ったら、怖がられて、銃で撃たれたりする熊さんも、ぬいぐるみなら、とっても人気。かわいい~~
アヒルも本物はいらないけど、このフワフワのぬいぐるみは欲しくなります。
本物は手におえないけど、作りものならOKってものも、けっこうありますね。 【“スージー・ズー”の続きを読む】

小さかった…

注文していた化粧品が思っていたより早く到着。
前回は豪華に見せるためか、シルバーのかわった詰め物の中に商品が並べてあったけど…これが、商品にくっつくし、床に落ちたら取れにくいし、迷惑なシロモノでしたが、今回はシンプル包装で助かりました。

金色の箱を開けたら、通常の品以外についてくるおまけの方の化粧品のサイズがいつもより小さい。
普段は通常品の半分~3分の1くらいのそれなりに使えるサイズがセットになっているのですが…
今回はとても小さい。それでも、金額的にはけっこうするものなんですけど。
思ったより小さかった
左下の方が今回のモノ、右がいつもの…量は半分以下。チロルチョコサイズ。
この大きさだったら、普通にカウンターで買い物した時にサンプルでくれるサイズ。
サンプル詰め合わせみたいな感じもする。 【“小さかった…”の続きを読む】

久々にロボット

BIS君、今日は久しぶりにロボット。
学校から県のロボット大会に出るのだが、それがどんな大会なのかよくわからない。
ピンポン玉や角材を運ぶ、車輪型でアーム付きのロボットを作るというのは、去年も聞いたけど…
大会名で検索しても、全然ひっかかってこないし…なんか、よくわからない大会。

1個1000円のモーターで高め、3000円だと超高いっていうことで、学校では買ってもらえないらしい。
家にころがっているサーボやボード、そのまま眠らせておくより、使っていいなら、持って行って使ってもいいよ!って言ったら、BIS君、突然活動開始。

すでに出場する機体は出来上がっていて、今日はその操縦練習と他のチームと対抗戦をする段階まで来ているって言うので、今さら新しくって言うのも、どうかって気がするけど…
予備の機体があった方が、1台壊れた時に安心かも…って。

まあ、今年の大会には使えないだろうけど、なんか、設計図かいています。手書きで…
今回BISが作ったアームは、電気科の人たちにほめられたらしくて、調子にのっています。
開脚エクサ
死蔵品のエクサ。
うちのロボットはみんな開脚が得意なんだそうで…さやもこれぐらい開いたらいいんだけど…
とっても巨大なエクサ君
これ、解体して使おうかな~~って。

それにしても、BIS君、学校から帰ってくるなり、珍しく何十分もロボットの話を延々と母にしてくれたのですが…母にはよくわからない。
「パパが帰って来たから兄ちゃんさっきの話、パパにすれば~」って言ったら、無言。
母なら聞いてるだけで、よくわかってないから、たいして指摘されないけど、パパだとダメ出しされると思って、言わないんだろうか???

原材料・シロン

羊毛フェルトで作る犬とかおやつのキットがあるのですが、自分の家の犬の毛でも作れるってことなので、さやがシロンの毛で作りました。
シロンの毛

羊毛フェルトってけっこう高い。キットになると、さらに高い。
上手な人が作ると、こんなにリアルな犬になるのですが…
フェルティングニードルっていうので、毛をひたすらつきさしていると固まってきます。
パーツ同士も重ねて、突き刺すと、毛が一体化してくっついていくって感じ。
このニードルが厄介で…替え針は1本120円くらいのものだと思うけど…すぐに折れます。
慣れれば力加減がわかって、折らなくなってくるけど、最初のうちはあっという間に5本くらいボキボキ。
そして、鋭利な先端が毛の中に残ってしまうと、それを探し出すのに一苦労。

さやは、頑張りすぎると折れるから…って針を刺す回数が少なかったから、モサモサのままですが…その方がシロンらしいかも。
フェルト羊毛の犬
まだ、目もついていないし、手足もプラプラだけど、なんとなくかわいいからOKです。
下の犬はガチガチに羊毛が固まっているから硬いけど、シロンはふわふわ。

なんといっても、原料の毛がこちら!
ヘンな格好
もこもこのわんこをブラッシングして、ブラシについた毛をそのまま使用。プンと臭うかも…
毛が足りなくなったら、ブラシすれば、すぐに手に入るのがお手軽。
急に寒くなったからね~布団、くれ~~
最近は人間の布団で寝てるし…臭くはない…ってことにしておこう。。。

争奪戦

この時期になると、化粧品のクリスマスコフレってやつが続々と発売されます。
たいていはメーカーが選んだモノがセットになっていて、客に中身を選ぶ権利はないけど…単品で買うよりかなりお得。
さらにポーチなどもついているから、あっという間に完売っていうのも多い。1つのデパートで、限定数20個とかけっこう少ないから仕方ないか…
趣味の合わないポーチより、化粧品そのものをサービスしてくれた方がいいけど、若い子にはおまけが重要らしい。

毎年、かわいいポーチがついているジルスチュアートのメイクセット。
今年はスウィートネスコレクション・7875円。
ケーキみたいなふわふわポーチに入っていて、これはとってもかわいい。
でも…10~20代の女の子が対象ですからね~淡いピンク系のシャドウやフェイスカラー…化粧品の方が全く使い道がありません。
さやは超かわいい~~って言うけど…実際に顔につけたら、この色は使えないって…しまりのないピンクメイクって大嫌い。

でも、やっぱり人気だったみたい。今日が発売日。このへんで店があるのは大丸京都店か河原町阪急。
そんなとこまで、これのために、絶対行きたくない。予約も可能だけど、予約日に行列ができて、あっという間に予約も終了するらしい。
あとはデパートのウェブショップ。
阪急と大丸で売るのはわかっていたけど…阪急の方は発売開始が夜中の0時から。
そんなの若い人が絶対に待ち構えて争うだろうから、嫌。
さやは「ママがパソコンにはりついて頑張ればいいじゃん!」
嫌です~自分が使わないもののために、頑張りません。
朝、見たら350個のキットは完売していました。

まあ、それはどうでもいいので、母の目的は基礎化粧品のキット。
これはポーチとか余分なものはついてなくて、純粋に化粧品のセット。
毎日、朝晩塗りたくるのに、1品1万円とか平気でするから…でも、ママがしわしわになったら嫌だから…と、パパからの購入許可は出ている。
いくら効果があっても、1個15万とかには手が出ない…というか、買うのは税抜き1万円までです。

今日は愛用しているエスティーローダーのパーフェクショニストのキットの発売日。
3箱くらい欲しいとこだけど、頻繁に売り出すから、とりあえず1箱で…
数が少ないのに1人でたくさん買ってはよくないでしょうし。
前回は10分くらいで売り切れたので、今回は10時前にいつも買っている大丸のサイトにログインして、目的のページを開いたら、まだ時間前なので、カートに入れられない状態。
そろそろ時間かな~と、更新ボタンを押したら、アクセス不可…しばらくその状態が続く…たぶん、ジルスチュアートのキットを狙った人が集中しているんだろうなあ…

伊勢丹でも同じモノが売っていたはずだから、と伊勢丹の方へ行くと、こちらは通常通り。ジルスチュアートの取扱がないから、平穏なものです。
買おうと思ったら…ここは特別配送地域外だったようで、送料が2倍かかる。
交通費ケチってネットで頼んでいるのに、無駄だわ…ということで、再び大丸に戻ると、混雑は終了した様子。
無事に目的の品を買って、ジルのセットはどうなったかな?と見てみると…すでに完売していました。
5分とたっていないのに…
その時間に買えるってことは、学生かな?普段は平和な大丸ウェブショップが大混雑していた一瞬でした。 【“争奪戦”の続きを読む】

新型だよ~♪

BISが液晶を壊した小さい方のカメラ。しばらくそのままで使っていたけど、ほとんど見えていないから、何を撮っているのか???
さやは写真に小細工するのが好きだから、EXILIMの新しいのを欲しがっていたけど、母としてはLUMIX。BISが壊したのは2年前のEXILIM。
撮るのはたいてい母ですが、いつもカメラを選ぶのはパパ…なんか電化製品みたいで、機能とか比較するの面倒なのよね~母は。。。
兄ちゃんが壊した直後から何となく決めてたみたいだけど、LUMIX FX60に決定。
プレシャスシルバー。

ちょいと持って出るのに小さいサイズに慣れてしまうと、子供たちは大きいのは持ち歩きたがらない。
2人とも携帯は持ってるけど、カメラとしてはほとんど使いませんね~液晶が小さくて見難いから…
一眼レフが欲しいけど、高いし、写真にこだわりがあるわけじゃないので…
さやの発表会の練習の時だけは、いいカメラが欲しいって気がするけど…

このカメラには個人認証機能っていうのが、あるらしい。
カメラが人の顔を覚えて、その人にピントを合わせてくれるとか。使っていないから、どんなものかは、まだ不明。
さやとパパがおもしろがっていたのが、犬を撮るモード。
シロンが移動しても、カメラが勝手に追いかけていってくれるんだって。個人認証機能の犬バージョン?
おもしろい、おもしろいって盛り上がっていました。カメラがシロンを追いかけてる…早過ぎると見失うって。
動画とはべつに音声付きの写真も撮れる。プリントじゃなくて、テレビとかにつなげて見ろってことね…

小さくて、薄っぺらくて、カメラ持ってる気がしないけど。。。
試しに暗い部屋の中で写真を撮ってみた。
なぜかむこうをむいたままのシロン
大きい方のカメラを向けたら、ポーズ決めてくれるシロン君が、これには見向きもしない…
寝ているところにせまってみた
EXILIMは液晶に出ているものとけっこうズレた場所が写ったけど、これは液晶に見えているままのものが写るようです。

金魚

さやがお祭りでもらってきた金魚。
しばらくは5匹で元気に泳いでいたけど、突然動きが鈍ったと思ったら、1匹死んで、もう1匹も…さらにもう1匹は下の方で横たわって、今にも死んでしまいそう。
尾びれが閉じてしまって、なかなか上に浮かんでこられない。
シロンも病気の時は、いつもクルッと上向きのしっぽが下におりたままだけど…

エサを入れたら、必死に水面に向かってくるけど、到達しないうちに、沈んでしまいます。
他の2匹もあまりえさを食べないし、何かの病気かな?
倒れている金魚もすぐに死んじゃうんだろうなあ…でも、シロンと違って病院連れて行って診てもらおうとは思いません。
愛着ありませんから。

次の日、やっぱり沈んでいるので、てっきり死んだと思って、兄ちゃんに
「取り出して捨てといて!」と頼んだのですが…(金魚は生ゴミ扱い。)
BIS君、「この金魚、生きてるけど~~」
倒れた金魚
よく見ると、生きてるんです、これで。ずっと横たわって沈んでいたけど…
食欲はあるみたいで、エサを入れると、食べようと水面に。
やっと水面にたどりついても、大きい金魚が邪魔して食べられません。

うちの金魚のえさは浮遊性で沈まない。だから、食べ残しが沈んでくるのを待っていてもダメ。
パンも沈むかどうかわからない…肉まんの皮なら、なんか沈んでいきそう。
麩を食べるくらいだから、なんか粉モノでいいかなあ…って安易な発想。
BISの肉まんをちぎって、横たわっている金魚の前に沈めておきました。
油にやられて他のまで死んでしまうかもしれないけど…まあ、それは、それで…金魚は好きじゃないので、扱いがてきとー。

それを食べて元気になったのかどうかわかりませんが…なんと、復活。
1週間くらい閉じたままだった尾びれが、だんだん開いてきて、普通に泳げるまでに回復。びっくり~~
沈んでいた金魚が元気になるなんて、思いもしませんでした。
今はすっかり元気に泳ぎ回っています。
もらってきた時は3センチくらいしかなかったような気がするんだけど…ずいぶん巨大化しました。気持ち悪い。。。
こんなに大きくなると気持ち悪い…
左の大きい奴が他のを追いまわす。エサを食べるのを邪魔する嫌な奴。
巨大化した金魚
右の上というか、2匹泳いでいる金魚の後ろの方が、死にかかっていた金魚。
5匹いた時は区別つかなかったけど、3匹になったらどれがどの金魚かわかるようになりました。
金魚が増えた
2ヶ月前は、小さかったのにね~~

3連休

さやは土曜日は修学旅行だったので、振替で今日が休み。3連休です。
5年前の兄ちゃんの頃は、しょぼく、バスで若狭湾少年自然の家で体験学習。
さやたちは新幹線にフェリーで広島、宮島。積立額も2倍です。
小学生にはかなりの距離。反対向きなら熱海を越えて小田原あたりまでいけるはず。
それで1泊2日は、ちょっと悲しいかも。2日目は明るいうちに戻ってこないといけないし、むこうでの滞在時間は少ない…

一緒に学校へ行っている子が3人、数日前から新型インフルエンザで2人は修学旅行に行けず。
さやも現地で熱出すんじゃないだろうね~呼び出し来たらどうしよう…って言ってたけど、何事もなく帰ってきました。

お小遣いは3000円。
買い物時間があまりなかったから、選ぶのに時間がかかって、お金はあったのにあまり買えなかった!と悔しそう。
マスコット200円、カード30円、きれいなストラップ350円とか、普通のお土産の相場からすると半額以下の値段…お土産も小学生価格なんだろうか?
宮島で200円で買ったシカのマスコット…同じモノが奈良で580円で売っているのを見たってさやも言っています。どう考えても、他の物も普通より安いような気がする…観光地では、普通より高めの価格設定のとこも多いのに、良心的だわ。 【“3連休”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。