BISのブログ

主に、ロボットの事をメインにしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自慢の毛が…

数日前のシロン君。
足が。。。
さやに包帯巻かれてしまいました。

先週の水曜日の夜、抱っこしようとしたら、急にガルッ!!
さわらなければおとなしいけど、体にさわろうとすると、威嚇する。
普段おとなしいシロンには珍しい。
どこか体が痛い時に、こういう態度とるんだけど…お腹を触られるのが嫌な様子。
BIS君、知らずに手を出して、ガブっとかまれました。

だんだん元気がなくなってきて、ご飯も食べない。
病院に連れて行ったけど…???原因不明。
しばらく様子を見ていたら、右前足を地面につけなくなりました。
だれか、踏んだ?
レントゲンを撮ってもらったけど、骨にも関節にもとくに異常なし。
でも、前足全然つきません。あげっぱなし。それに、さわると右膝は腫れているって。
傷があるのかな?でも毛がありすぎて見えない…ってことで、ふさふさの毛をジョリジョリ。
地肌が見える
この写真じゃよくわからないけど、右足の膝周りだけ、毛なし、地肌丸見え。
腫れてはいるけど、傷もない。
痛み止めを使うとひどくなるかもしれないって話で、抗生物質を注射。
このわんこ、注射は全然痛がらない。痛みに鈍すぎるような気がする…

なんかよくわからないけど、翌日には腫れもひいて、普通に地面に足をつけて歩き出しました。
プリティーなシロン君ですが、オスなので、トイレは片足あげてします。
だから、つけられない足があると、トイレがたいへんなんです~~
4本あっても、1本あげるから、もう1本つけられないと、バランス崩れて、崩れて…
どうしてもあげられない時は、下にしてしまうけど、男のプライドなのか、よほどのことがない限り、痛い足も使ってしまうので、負担がかかっていそう。
うちはフローリングだけど、シロンの足には最悪!ってことで、家中カーペットを敷き詰めました。これも光触媒加工。
でも、いまいち臭いを分解する効果を感じない。逆に防汚・撥水加工で水分を吸い込まないから、ファブリーズとかしても意味がないんですけど。
スポンサーサイト

沖縄・後編

BIS君、急に場所の名前を思い出したって。ここは湧出展望台から見たところ。(昨日の最後の写真と同じです。)
CIMG5505.jpg
高さ60mの断崖絶壁。海岸近くに湧き出る真水がかつては島の人の命の水だったそうです。

ここはニャティヤ洞。海に面した自然の洞窟。通称千人ガマ。
数えたことはないが、千人くらい人が入れるってことらしい。
この写真は奥のほうで全然広くないけど、入口の方から見ると広い。写真を撮った場所が悪かった…って。穴の向こうには海が見えているけど、それも写っていないって。
ニャティヤ洞
戦争中に防空壕として使われていた…っていうから、ヘンなもの写らない?ってBIS君に聞くと…「ここは、死者0人!」だそうです。

朝、早くに出発~
伊江島
帰りの船から伊江島を撮ったとこ。
島から本島へ
こっちは進行方向に向かって…沖縄の本島を撮ったとこ。
CIMG5524.jpg
傾いてる~~本島の近くの島。この島は橋で本島につながっている。
なんで、空の色が全然違うんでしょ。

ホテルムーンビーチ前
CIMG5525.jpg
ここでスノーケリング、ジェットスキー、ジェットスキーに引っ張られたバナナボートと遊びまくったらしい。
BIS君、バナナボートで子供のように飛び跳ねて楽しんでいたようです。
飛びすぎて、見ている他の人に「危ね~!」って言われたけど…はねすぎて乗員8人全員、水中に落ちたとこもあったから、まだまだ…

ジェットスキーは…免許を持った人の後ろに乗せてもらっただけで、自分で動かしたわけではないって。
だから、トロトロお試しじゃなくて、慣れてる人が普通に走りまくってくれたので、すごいスピード感。潮はねまくりで、激走を味わってきたそうです。自分で運転するのは難しそうだと…

スノーケリングで海の中をのぞきながら、深さ7、8mくらいのとこまで行ったら、途中の5mくらいの海中に幅が1mくらいありそうな巨大な貝(シャコ貝?)がパカっとひらいているのを目撃。
届かない位置だからいいけど、はさまれるなよ~って言われてたのを、しっかりみつけてしまった…って。
人が手に持っているシャコ貝の写真をネットで見せたら、「こんなもんじゃない、とてつもなくでかいやつ!」って主張しています。

CIMG5526.jpg
ロープの内側は普通に泳ぐ場所。他のマリンスポーツはその外。
暗いのは…朝6時過ぎに撮影したから。こっちより、日の出が遅いので。

部屋の前
ホテルのベランダ前。葉っぱだらけで暑苦しい…

んで、沖縄の感想は?
「とくにない。」。。。はっきりしない男だ。

沖縄・前編

兄ちゃん、ほっておいたら沖縄の話なんてしてくれないから、強制的に写真を引っこ抜いて、聞いてみることに。
CIMG5443.jpg
大阪(伊丹)から出発して、1時間くらいたったどっかの島。
沖縄までは2時間…中間くらい。
BISが言うには、主翼つけねのすぐ後ろの座席だったので、羽の動きがよく見えるベストポイントだった…そうですが。。。羽の写真なんてないぞ。
BIS君。「まあ、撮るようなもんじゃないでしょ。」だそうです。ひたすら、その場で観察。
CIMG5451.jpg
沖縄本島に到着してから、最初に休憩した場所。名前は知らない…と、いいかげんなやつ。
空港からバスで1時間くらい。
CIMG5452.jpg
これも、同じ場所。上からのぞいてみた写真。
CIMG5458.jpg
形がおもしろい岩だったので、撮ってみた。カメみたい。
CIMG5462.jpg
さらに1時間ほどバスに乗ってから、フェリーで島へ渡る。
フェリーに乗るまでの待ち時間長かった~だそうです。乗ってから、出港までも長かった。
CIMG5465.jpg
暇だったので、なんか撮ってみた。でっかい浮き。
この時は、まだカメラも壊れていなかった。
CIMG5480.jpg
フェリーから見た伊江島。
ここでは、民家に宿泊。

2日目、ダイビング。
船の上から見たら、透明度の高い海だった。
船から降りる時、上から係の人が軽く押してくれたので、勢いあまって海中で1回余分に回ってしまった。
ちょっとレクチャーを受けてから、本格的に海の中へ。。。
ウエイトをつけたベルトをもらい忘れて、体が浮き気味で泳ぎづらかったらしい…バカたれ。
熱帯魚いっぱい、イカっぽいやつ、ちょっと大き目の魚もいた。たぶん、ハギ。
大きい岩のくぼみの中に、ミノカサゴ~危険!さされたらやばい。
BISは見ていないけど、ウツボもいたらしい。

1日目の夜に、エイサーを見に出かけたときに、カメラの液晶を壊したので、ここからはどこ撮っているのか、ほとんどわからない状態で、てきとーに写した写真。
CIMG5498.jpg
伊江島の北の方の海、東シナ海。
CIMG5502.jpg
上の写真の出っ張っている場所から、下の海を写した。
水、きれい。ここはきれいだけど、泳いだところはあまりきれいじゃなかった。
CIMG5505.jpg
2個上の写真の左側部分。

ダイビングは午前中に終わってしまったので、午後は民家のお手伝い。
グアバの収穫。 写真はありません。
グアバは皮をむいて、ミキサーにかけて、こして種をとってから、煮込んでグアバジュースを作ってくれました。冷やして、翌日、飲みました。生のグアバより、おいしかった。(BIS談)
他にもドラゴンフルーツとか島バナナとか、家で出したら絶対食べそうにないトロピカルフルーツを、ちゃんと食べてきたようだ。
あとちょっと、続く。

皮むき・その2

りんごの皮むきに挫折したさやでしたが、母がナシの皮をむいていたら、さやがやる!と今日は自分から挑戦。
昨日、兄ちゃんやパパに、根性なし!って言われたからね、悔しかったかも。
負けん気の強い子ですから…できないで終わっていられなかったようです。

母がナシをむきながら、「りんごよりナシの方が皮がやわらかくてむきやすいかもね~」って言ったのと、使っていたナイフの見た目がかわいかったから、すっかりやる気に。
昨日は普通の大きな包丁を使ったけど、今日はかわいい黄色のペティナイフ。
見た目が、おもちゃみたいなのです。
なんか、ほんとに切れるの、これ?って感じのナイフだけど…ちゃんと切れます。
刃がギザギザだから、油断するとヘンな切り口で皮膚が切れてけっこう痛い目にあうので、注意は必要ですが…恐怖心を和らげるデザインと色合いなのは確かかも。

刃の部分が小さいのが、なんといってもさやにはよかったみたい。
怖がりつつも、順調にむいていきます。
しかも。。。剥き始めてしまえば、兄ちゃんより見た目はきれいな仕上がり。
凸凹具合は兄ちゃんより少なく、可食部分もたっぷり…BISが初めてむいた時はりんごがかなり小さくなったけど。
皮がボロボロなのは、初めてなので、まあそんなものでしょう。
全部さやがむいたんだよ~
この写真のナシは、さやが1人で全部むきました。
でも、包丁の持ち方が違う!と、兄ちゃん黙って見ていられずに、手が出る。
さやは怖がって遠くを持ちすぎなのよ~これじゃあ、よけいに危ないです。
ざっくり切る時は包丁の柄を持つけど、むく時はその場所の刃を親指で押さえながら切らないと…
BIS君も兄の意地で、皮を薄~く、むけるんだ!って、りんごの皮を薄くつなげて長くむけるのを、披露していました。

皮むき

さやにりんごをむかせようとしたら…
手が切れる~、怖い~、無理~と大騒ぎ。震えて、かたまってしまいました。ダメだ…

母も小学生の頃、初めて包丁で果物の皮をむいた時、指の皮までべろっとむいたけど…
妹と2人で留守番していて、お腹がすいたから、庭の柿を取って、皮むいて食べようとして失敗したのは覚えています。指は切ったけど、食べ物にはありつけました。
帰ってきた親に、「バカだね~柿はツルツルしてむきにくいのに…」って感じのことを言われました。最初はやっぱり、すべりにくいりんごにしておけと…そんなこと、知らないもの…

兄ちゃん、特訓だ!と、去年の冬は毎日のようにBIS君、りんごの皮むき。
ボコボコで汚いむきっぷりは、いまいち上手にならなかったけど、べつに怖がったりしないで1個まるまるむきます。
あまりの汚さに、さやは文句いいまくりだったけど、自分でむこうとしたら、まったくダメ。兄ちゃんの方が使えます。

さやは野菜をザクザクと切るのは平気だけど、手に持ったりんごの皮をむくのはダメでした。
まな板の上の野菜を切るのは平気だけど…皮むきの方が難易度高い。
そういえば、学校でも芋とかピーラー使って、包丁でむかないものね。
大根とかにんじんの皮ならピーラーの方がきれいにむけるけど、さすがにりんごはむきにくい。
でも、今時の食べ物、皮をむかないと食べるわけにはいかないので。。。

発達

子供が要求を受け入れられずに泣きわめくというのは、どこの家でもよくあること。
うちの子たちはもう大きいので、泣くことはないが…文句は言いまくる。
これ、正常な発達。BIS君も、反抗するようになりましたね~
この年で従順ないい子だったら、異常です。
子供が自分の思い通りにならなくてゴネている時、叱る、要求に屈する、ご機嫌をとる…なんてことせず、相手しないでほったらかして、心いくまでゴネさせておくのがよいのだそうです。
相手すると、いつまででもダダこね続けます。

ただし、人の迷惑を考えないで騒ぐ場合は、ピシっと厳しく。
人間として基本的ルールは幼いうちに学ばないといけないのです。
大人になってしまったら…手遅れ。
なんか、今、さやが見ている番組で子供のモラルと学力が低下している…ってちょうど議論していますけど…偉い人は学校じゃなくて親がしっかり世話しろ!って。。。子供はね。


運動会延期

週末に予定されていた小学校の運動会は、インフルエンザによる学級閉鎖で延期。
2週間以上先延ばしで、平日開催に。
休日だと観客席に野放しの幼稚園児、保育園児は平日には来れないから、落ち着きのない観客が減るのは助かるけど…

運動会練習の予定の時間数を使ってしまったからと練習せずに運動会ってわけにもいかないし、そんなに先に延ばして大丈夫なんだろうか。
休みが多くて、授業数がギリギリ。いろんな行事を削って授業時間に当てるって言っていたのに、体育にばかり時間を使ってしまったら、他の勉強ができない?それとも、終了後はしばらく体育なしで調整か?それも悲しいような…

6年生は組体操があるから、練習しないわけにはいかない。
ダンスを踊ってから組体ってパターンが多かったけど、ダンスをちゃんと踊れない子が多いからか、今年は組体操だけ。
16人タワーとか、ピラミッドとか、欠席者が出ると形が崩れて、たいへんだ。

予想では10月上旬が新型インフルエンザのピークって言われていたような…
学級閉鎖がその日にあったり、雨が降ったら、開催されずに、そのまま今年の運動会は中止になるんだって。
6年生は最後の運動会なのに、みんなに見てもらいたい集団演技なのに、なんとも不安定な予定で。。。
変更した日に学級閉鎖があったら実施できないのは???
学級閉鎖のクラス以外で開催っていうのは、ダメなんでしょうね~運動会はできなくても学校には行くのに…
この前、どこかの学校で、「欠席者がたくさんいるのに体育祭を実施した。そのせいでインフルエンザが広がった。」って非難されていたからか…?学校もたいへんだ。

寄り道

BISは小学生の頃、1人で電車に乗ってNOVAに通っていたけど、さやはどこに行くのも親が送り迎え。
今時、暗くなってから女の子を1人で歩かせたらダメ!っていうか、昼間でも夏休みに学校に行くだけでも必ず保護者が送迎すること!で、1人で行動させられません。
ヘンな人が増えたせいで、子供たちはとても制限されています。

でも、中学生になったら、子供だけで行動しないといけないことも出てくる。
ちょっと練習…ってことで、兄ちゃんと2人で京都のおばあちゃんのとこまで行ってこい!と放り出してみました。
どこの家でも男の子は役に立たない…って言われるけど、これだけでかくなっていれば、見張り役には使える。
距離はそれほどないけど、JR、地下鉄、阪急京都線、嵐山線と乗り換えが多い。
車でしか行ったことないから、駅を降りてからの道は全く知らない。引っ越して、昔と場所が違うし…
地図をプリントアウトして兄ちゃんが持っていくことに。兄ちゃんは地図は得意だけど、さやは地図も読めない人ですから厄介。
到着したら連絡してくるってことだったけど、2時間半経過しても連絡なし。いくらなんでもついてる時間でしょ~っとおばあちゃんに聞いてみると、
「まだ、きてないよ。寄り道してから来るって連絡あったけど…」だそうです。
BIS君、「夏休みに四条の学校へ講習を受けに行ってたから、京都の中もわかるんだ!」とおばあちゃんに自信ありげに言ったらしい。

でも…BISとさやが寄り道していたのは、新京極。最寄駅は阪急河原町駅です。
BIS君、地下鉄には乗っていたけど、阪急は乗ったことがない。だから、河原町駅の存在を知らなかったんだって。
河原町駅のすぐ近くにいたのに、そこから電車に乗らずに、わざわざ歩いて烏丸まで戻ってから、阪急に乗ったそうです。
そういえば、学校から行った時も電車代ケチって京都駅から河原町までみんなでひたすら歩いたって言ってたし…
河原町―烏丸間を1駅だけ乗るのは無駄な気もするけど、今回はもっと先まで乗っていくんだから、河原町から乗ればよかったのに。
河原町駅の存在を知らないBIS君には思いもつかなかったそうです。

河原町の駅を知らないなんて~~
普通、京都で買い物するなら河原町でしょ。駅があるって考えないかな~?
新京極通が四条通にぶち当たった所に、河原町駅につながっている階段があるんですけど…大きく書いてあるんですけど…なぜ、気付かない。
JR利用者には行きにくい場所だけど、京都の繁華街は京都駅周辺じゃなくて、河原町のはずだけど。
最近は店の入れ替わりも激しくて…さびれ気味なのは確かだけど。

体型

さやはバービーみたいってよく言われます。手足が長くて小顔。
身長140cmのおチビにしては、腰の位置が高くて実際より背が高く見える。リカちゃんみたいと言われたら悲しまないといけないけど…
お人形
左からブラッツ、リカちゃん、バービー、ジェニー。
一番背が高くて、胸が大きくて、ウエストがくびれているのがバービー。
バービーみたいは、普通ほめ言葉。でも、さやは背も低いし、胸もない…
だから、さやはバービーみたいって言われると、この怖い顔みたいって言われていると思って、嫌がります。
あと5年したら、17才。さて、どんな風に成長するか?
母がこんな子に作り上げますって言うわけにはいかないので…。 【“体型”の続きを読む】

奈良公園のシカ

奈良に来たからには鹿を見る!って。
さやは春に学校から行ってるけど、買い物禁止だったので、しかせんべいをあげられなかった…って。今回もたぶん無理です。時間が遅すぎ。
慌てて健康ランドを飛び出したのが5時半頃。
夕方の渋滞で1時間近くかかってしまいました。6時過ぎたら一気に暗くなる。6時半だと、もう真っ暗で鹿なんて見えないよ~といいつつも、公園付近まで行ってみる。

なんか鹿らしき影は見える。
でも、駐車場ないね~とウロウロ、東大寺の方へ行く細い道に入ってみると…偶然にも鹿が道を歩いています。よく見ると、少し先の広くなったところに15頭くらいいる。
車も通っていないので、道端に車を止めてシカさんにご挨拶。。。と思ったら、シカたちが、みーーんな母めがけて集まってきました。10頭以上に囲まれた母でした。
母が真っ白い大きなバッグを持っていたので、闇の中でも見えたのか?何かくれると思ったのか…食べ物持ってないです~~シカせんべい売ってるとこなかったもの。
しか、しか~
なぜか、ここでも兄ちゃん人気。シカが集まってくる。おサルにももてるのよね~

1頭だけかわいくないシカがいるってさやが嫌がっているので、見ると…根元から角がない雄シカ。
角はオスにしかないから、他のはみんなメスなんでしょう。
動物の雄雌なんて顔でわからないけど、なんとなくこのシカはおっさんくさい。顔が他の鹿と明らかに違うんです~かわいくない。(写真はありません。)
今は発情期で雄には近付くなと注意看板に書いてあるので、よけいにさやは怖がっていました。
            さわってみた
他のシカはとってもおとなしくて、近付いても、フラッシュが光っても平気。怖がりのさやも、危害を加えてきそうにないシカには、さわれました。
女子大生らしき2人組に頼まれて、シカと一緒の写真を撮ってあげたんだけど、真っ暗闇にシカの目が光りすぎて怖い。あまりの不気味さにみんなで盛り上がってしまいました。
これじゃあ、あんまりでしょ~ってことで、近寄って、フラッシュ控えめで撮ると…それなりの写りに。
目だけキラリーーンのシカは怖すぎ。一緒に写っている人間の目は光っていないのに、なんでシカは光るんだろう?
目が怖い
これ、まだマシな光り方。フラッシュを明るくすると、もっと怖~い目にしあがります。

これ、道路に立っているんですけど
道の真ん中に立つ、さやとシカ。闇の中で黒い服は危険…というのが、よくわかる。上の方の黒い服や髪の毛が見えない。
全身黒服の人って、車から見にくいのよね~危険です。夜道は明るい服で歩きましょうって感じ。
このカメラはBIS君が壊したカメラ。暗闇でどこ撮っているのか全くわからないので、てきとーにこのへんかな?って感じで写してみました。どこが写っているかその場で確認できないけど、撮影は可能です。
フラッシュの調整はできるけど、モード切替は不可能なので、あとはカメラまかせ。 【“奈良公園のシカ”の続きを読む】

奈良健康ランド

5連休といっても、さやは土日がバレエ、パパは月曜から出勤…休みがあわない。
仕方ないので昨日はバレエをお休み。
夏休みにプールにあまり行けなかったから、連れて行って~と毎日騒いでいた「奈良健康ランド」へ。
兄ちゃんは名前が悪い…と、行きたがらない。
健康ランドっていうのが、ジジくさいって。
お風呂じゃなくて温水プールで泳ぐの!ってことで、無理矢理連れて行かれました。

途中まではよくロボプロのイベントをやっていた仕事館に行くのと同じ道。京滋バイパスはガラすき。でも、反対車線は10km以上とまっているようなノロノロ。同じ時刻、名神は40kmの渋滞。京滋バイパスは混んでいないけど、名神に入れなくて止まっていたみたい。これで高速が無料になったら、もっと渋滞ひどいんじゃないの???

それほど遠くはないけど、わざわざ泳ぎに行くほどのものなのか?
プールは小さい流れるプールと、スライダー、泡があちこちから出て体をマッサージするタイプのもの。リゾ鳴尾浜やゆららと同じようなもの、最近はそこら中にあるタイプ…
この前も静岡で行ったばかり。お風呂と違って水着着用なので男女に分かれる必要がないけど、プール単体では規模が小さい。
ここはタオルを貸してくれるし、水着のレンタルもあるから、お金さえ持っていれば、手ぶらでいくことも可能。
水着のレンタルはしたくないけど、大量の水を含んだタオルを持ち帰って洗濯する必要がないのは、助かります。4人分のタオルとバスタオルってすごい重い。
今まで行った中で一番すいていたのもよいかも…でも、すいているということは…つぶれる可能性も高い…???真冬に泳ぎたくなったら、行くかも。
意外に中高生の女の子がグループで来ている。若い子の水着姿…を期待して行っても、幼児とおじいちゃんおばあちゃんの方がはるかに多いけどね… 【“奈良健康ランド”の続きを読む】

細かいこと

兄ちゃんが買ってきたご当地キティのタグに穴が。。。お店の人があけたことは明白、兄ちゃんのせいではない。
普通はそれを外して根付を使うんだから、タグは用のないものですが…集めている人にはこの部分も重要。
これがないと、どこの何を模したキティなのかわからない。あまりに種類が多すぎて…
ご当地キティができて今年で10年らしい。(キティちゃんは35周年。)
さやが集め始める前に母が買ったものが10個くらいあるけど…ご当地キティだから買ったわけじゃなく、なんとなくキティがかわいかったので買っただけ。忠犬ハチ公と一緒のキティとか。
ペラペラしたタグは邪魔だったので、全部きれいにはがしてしまってついていません。
さやはそれが気に入らないらしくて、自分の集めているご当地キティコレクションの中には入れてくれません。

さやは最初から顔が汚れていたり、箱がつぶれていたりするのも、ダメ。そこにある中でもきれいな状態のものを選んで買います。汚いのしかなかったら、あきらめる…
それなのに。。。BIS君、そういうのに無頓着。タグに穴のあいているやつ買って来ました。
今までお土産やさんで、タグに穴あけてつるしたりしているの、見たことないです。商品に勝手に穴あけちゃダメでしょ~買った人が外すのは自由だけど。
根付より若干値段は高くなるけど(50円~100円)、なるべく箱入りご当地キティを買うようにしているのに。。。BIS君そこでケチっちゃダメですよ~ 【“細かいこと”の続きを読む】

帰ってきた

BIS君、沖縄から帰ってきました。
初日に「民家にいる」「カメラの液晶壊れた」っていう連絡以外、なーーんにも言ってこなかったから、さやが寂しがっていたけど、何かあれば学校から連絡があるだろうし、何にもないから無事でしょう…ってことで。。。
飛行機の出発が1時間遅れたとかで、予定より遅めの到着。

焼けてるよ~黒い~~!テンション高い!
お金は持たせたんだけど…買ってきたのは…
お土産
さやに頼まれていたご当地キティとちんすこう。
あとの2つは、滞在中に自分で作ったモノらしい。

さやが次々と質問するから、兄ちゃんたいへん。
とりあえず、海の中の様子を一生懸命説明していました。
痛そう~
ダイビングの際に負傷。ウェットスーツを着る時にひっかけて、生爪はがしそうになったらしい。今は血豆のようになっています。
そっちが痛かったら、気付かないうちに他の指は皮がむけてた…って。
何でむけたのか、自分でもわからないらしい。今もけっこう痛いそうだ。

これも派手に割れてる~
そして、カメラの方も派手に割ってしまいました。
見えているのは、横の1cmくらい。どこが写っているのか、わかんないんだけど…
お疲れで部屋にこもっているBIS君です。でも、明日は休みではなく、学校。

朝から

シロンが朝方、足元でゴソゴソしていると思ったら、いきなり「ウゲ~ウゲ~」ってヘンな声出してる。
よく見たら、ゲロゲロはいています。
それも、布団の上に。。。
まだ、朝の5時だよ~眠いのに…と言っても、仕方ない。
敷パッドを外して洗って、戻って周りをチェックすると…床にも吐いてある。
そのままじゃ臭いので、掃除。手間のかかるやつだ。

犬って、人間よりも頻繁に吐くらしいけど…吐いてしまえば、ケロっとしていることがほとんど。
フルーツとか野菜でも犬にあげない方がいいものがあるけど、犬はそういうのも嫌いってわけじゃなくて、喜んで食べてしまう。人間の方が気をつけないといけないのだ。

最近は家中どこでも行ける状態のまま寝ているけど、夜中に来ることはあまりない。
シロンもぐっすり寝ているみたい。(前にDSの万歩計みたいなやつつけておいたら、夜中はたま~にしか、動いた気配がなかったから。)
今、母だけがベッドではなく下で寝ているから、助けを求めに来たのか?
部屋から放り出したのに、戻って来て布団の上で寝てるし…あつかましい犬だ。
いくらかわいくても、犬とは寝たくない。
でも、ゲロはいたあとだし、調子悪いと可哀想だし…、近くで様子がわかるから、そのままにしておいたけど。
さやはシロンが来てくれるかも…って、休みの日は場所をかわってくれって、下で寝てシロンが来るのを待っています。
布団の上のシロン
さやのベッドの上に布団をのせて、さらにその上に乗っているシロン。 【“朝から”の続きを読む】

アンダーギー

沖縄名物、アンダーギー。ただのまん丸ドーナッツのような気がするけど…
さやが作ってあげる!ってことで、兄ちゃん、沖縄に行く前に食べさせられました。
しかも、紫芋バージョンで、すごい色。エクサカラーは食べ物にはむかないような。。。
紫芋の色
スーパーで売っている粉に卵とサラダ油を混ぜて、揚げるだけ。水はいれない。
揚げると普通のドーナッツ色
揚げると、外側は普通に焦げた色に。
揚げ物に初挑戦のさや。怖い~を連発しながら、揚げていました。
中はやっぱり紫です
もっさりしたドーナッツって感じ。のどにつまりそう。
やっぱり、真ん中に穴が開いている方が、効率いいような気がする。。。

今日も連絡はない…今日の予定はスキューバダイビング。
昨日送ってきたもう1枚の写真。
         島の中 【“アンダーギー”の続きを読む】

出発~~

今日から沖縄のBIS君。
昨日は興奮したのか、お熱。夜には下がっていたけど…
朝が早いから寝るって…9時前から電気消して寝ようとしているんですけど~早過ぎ。
しかも、これまた興奮して眠れなかったとかで…朝、起きてきません。何やってんだ。

子供だね~お出掛け前に興奮して寝れないって…
BIS君、1人で旅したことないから。。。いつも、親が一緒。おばあちゃんのとこくらいなら1人で行った事あるけど、知らない土地に行くのは学校の旅行くらい。
他の人に言わせると、大阪とか1人で行けるのはすごい!ってことだけど…それは何回も行ってる場所だし…

BIS君、今回、現地の民家に滞在です。日本語通じる場所だから、大丈夫でしょ。
携帯不定期連絡してくるって話だったけど、今のとこ連絡はない。
沖縄の海の写真を送ってくるって言ってたんだけど~

追加…7時過ぎにメール&写真が届いた。
                   伊江島
携帯の待ち受けサイズ?なんか、めちゃくちゃ細いんですけど~~
滞在中の島を到着前にフェリーから撮ったみたい。ただ「民家にいる」と。。。 【“出発~~”の続きを読む】

脱皮

鳥羽から持って帰ってきたカニ&ヤドカリ。
3匹はすでにいない。。。でも、一番小さいカニだけは元気に成長中。
元気なカニさん
一昨日、白っぽくなってぷかぷかと水に漂っていたので、てっきり死んだと思ったのですが…
どうやら、脱皮したみたい。
浮いていたのは脱皮した残骸か、それとも脱皮する直前で動けなくなったカニなのか???
抜け殻って感じじゃなかったから、たぶん脱皮しようとしている時のカニだったのではないかと。。。スポッと抜けた残骸は、石の上にバラバラになってのっていました。
死んでいるようにしか見えなかったんだけど~~
今日も元気に走り回っているので、あの状態でも生きていたんでしょう。

何食べるのかもわからないから、海藻サラダ用のカチカチに干からびている海藻の中から、適当なのをみつくろって入れてみた。
大きなカニはこれを好んで食べていたみたいだけど(必死に食べているところをさやが見たらしい)、小さいカニは甲羅の幅が1センチもないから、何もかも小さくて、はさみでモノをはさめそうにない。。。何を食べているのかもさっぱりわかりません。

海藻は大きすぎて無理なんじゃない?ってさやは心配する。
確かに大きなカニがいなくなってから、海藻は減らないので、金魚のエサを入れている。
死なずに成長しているから、それを食べているんだろうか?
この小さいカニが脱皮して育つとは思いませんでしたわ。。。
大きいカニは怖がっていたけど、小さいのはかわいいって部屋の中に入れて見てるし…
この貝の中がお気に入り
小さいのは今のところ臭くない。
小さいってだけで、かわいくもないのに、かわいい~って言ってもらえて、おとくね。

シロン君は大きくてもかわいいです。何してもかわい~い…でとってもお得なシロン君。
シロンのお気に入りの寝方
最近は、寝にくそうだけど、イスのこんなところにあごを乗せて寝ている。
眠いんですよ~~
こんな顔かわいくないんですけどね~それでも、かわい~い!と言われるシロンです。

レンズ付フィルム

昔の旅行の話で思い出したのが、「写ルンです」っていうやつ。
当時使っていたカメラはレンズとセットで10万くらいしたはず…そんなものをビーチに持っていって盗まれたら困るので、海に行く時はこれを持って歩いていました。
使い捨てカメラって言われてたけど、べつに捨てるわけではないので。

20年ほど前に写るんですで撮った写真を、スキャナで取り込んでみた。
でも、よく見たら、端っこになんか時間が表示されている。
これって、普通の安いコンパクトカメラで撮ったやつかも…
古い話なんで…でも、写るんですに日付表示の機能はなかったような…やっぱ、安物カメラの方かな。。。といい加減。
写るんですで撮ったの
画像がとっても粗いです。
写っているのは…22才のパパ!さすがに腹は出ていない…

場所はモーリシャス。マダガスカルの横にある小さい島。
動物園の爬虫類館にいるようなでっかいトカゲがそのへん走っているし、ホテルの部屋の中に小さいトカゲは侵入してくるしワイルド。海は綺麗だけど…生活は貧しそう。
いたるところにハエがぶんぶん。小さくて何となくかわいい感じで許せてしまうハエだったけど…食べ物にも当然のようにのってるし、飲み物にもなんかいろいろ浮いている。きれい好きな日本人には許せない光景かも。
パンフレットのきれいな写真を見て行ったけど…きれいじゃないところもいっぱい。
日本人は…ほとんど見かけないし、日本語はまったく通じない。
どうせ旅するなら、そういうとこもおもしろいけど、公用語は英語なのに、なぜかフランス語の人の方が多いし、看板の表記もフランス語っていうのがけっこう多かったので、度胸がない人はダメです。

で、船で写真を撮っていたら、ドイツ人のおじさんが写るんですに興味を示した。
ドイツ人って日本人と同じようなものが好きだって言うけど…カメラとかやっぱり好きなのか。
そんな紙の箱みたいなのがカメラか?と不思議がる。
Japanese technology!とひっくり返して見ていたけど…ポラロイドじゃないから、撮った写真を出すこともできないし…
値段は?8ドルくらい…って言ったら、全然信用しない。
ドルの換算間違ってるんじゃないか?って、子供扱い。。。(20そこそこの日本人なんて、あちらの人が見たら子供にしか見えないだろうけど…)
カメラがそんなに安いはずがない!って。
これはカメラじゃなくて、「レンズ付フィルム」ってことなんで、フィルムだと思えばそういう値段でも不思議じゃないでしょ!と頑張ったけど…
フィルムだったら、カメラが必要だろうってことで、納得いかないみたいでした。
一緒にいた日本人も巻き込んで、頑張ったんだけどね~カメラの構造知らないから、なんでレンズ付フィルムで写真が撮れるかなんて、説明できませーーん。 【“レンズ付フィルム”の続きを読む】

まだ泳いでいます

最近はけっこう涼しい。前も後ろも田んぼで、とっても風通しのいい家なので、さやは「寒い…」と、フリースのブランケットをまいている。
そんなことする前に、袖のある服着れば~…スリーブレスで寒いはないでしょ。

そんな中で、BIS君、今も水泳の授業があるのです。
それも、1時間目とか、まだ気温の上がっていない時間に。皮下脂肪の少ない男の子たちは辛いだろう。。。
今年はとくに熱心。というのも、修学旅行は沖縄3泊4日。
むこうでは全員海に入る。泳げないのは困る…ってことらしい。
スキューバダイビングは全員。BISは選択でジェットスキーも。

BIS君、平泳ぎはそこそこいけるが、クロールが全然ダメ。泳げるけど、超遅い。
タイムを計ったら、クロールの方が平泳ぎより遅いんだって…普通、クロールは速く泳ぐための泳法だと思うんですけど…BISには、そうではないらしい。

選択で選んだジェットスキー。予想外に希望者は少ない。
普通は小型船舶の免許がないと乗れないんだから、こういう時に試してみるのもいいと思うんですけどね~危険な乗り物ではあるけど…学校でやるからには無謀なことはさせないだろうし… 【“まだ泳いでいます”の続きを読む】

かわいくない

さやが母の小さい時の写真を見て、「かわいくない!」を連発。
確かに、ぶくぶくでかわいくない。
でも、少し成長してからはそれなりにかわいかったはず。。。「かわいらしいお嬢ちゃんね~」ってよく声かけられたって、親や親戚の人が言っていました。
でも、やっぱ、かわいくない写真ばっかり。
かわいい写真は???
それは、ぜーーんぶ小学校の文集に貼るためにはがしてしまったので、ないのです。
残っているのは、いまいち。かわいくない!って思った写真ばかり。悲しい。。。

小学6年生の時。。。ここまでくると、さすがに自分で記憶しています。
卒業文集を作る時に、学年全員のものとはべつに、各自原稿用紙に100枚、「○○のおいたち」っていうのを書かされました。
400字詰原稿用紙に100枚、11~12才の子供に書けと。。。BIS君たち高校生の作文でも4、5枚なのに…
写真もつけること!って、アルバムからいい感じに写っている写真を片っ端からはがして、貼り付けたのを覚えています。焼き増ししたらお金かかるし…
クソ真面目に100枚、提出日の朝の4時までかかって書いたのに~~(100枚書かなかった子も多かった気がする…)
今、それがどこにあるのかわからないので、かわいい写真はないのです。

学校の先生はどういう意図で書かせたのか知らないけど、はた迷惑って感じ。当時、親もブーブー言っていたけど…
昔のアルバムって糊で写真を貼り付けていたから、はがすのもたいへん。はがしそこなって破れた写真も多数。
父が「ネガは全部残っているから、そのうち焼き増ししてやる。」って言ってたけど、結局、そのまま。

しばらくは自分の本棚に立てていたと思うんだけど…18で大学行くのに家を出て、そのまま就職、結婚。実家にあったものは持ち出さずにそのまま。。。しらないうちに親が片付けて、どこに入れたか忘れた…ってことで、行方不明。
アルバムもずーーーっと行方不明だったけど、それは4年前に発見。
父がアルバムの写真をチェックして、足りないのは焼き増ししてくれるってその時も言ってたけど…結局、ほったらかしで、今もないままです。
学校でろくでもないもの作らせなかったら、こんなことにならなかったのに。。。せっかく親が作っていたアルバムが台無しですわ。
たとえ「○○のおいたち」が残っていても、小学生の書いた文章なんて読みたくないし。。。ヘンなもの作らせないで欲しかった…人生の中の最初の10年分だけまとめてもね~なんか中途半端。

危険な乗り物

観覧車だと思うけど…パパがこの写真を見て、とても怖がっていました。
観覧車だよね~これ
これ1才くらいの時だけど、おとなしい子だったから平気。BIS君だったら、1周回る間に落ちてたかも…中でおとなしくしていられなかったら…暴れん坊の子供は乗せられないな~
何人乗っていいの?
パパは「大人は1人しか乗れないだろ?」って言うけど…
1つ上のゴンドラには2人乗っているように見えるけど。1人で観覧車に乗ってもおもしろくなさそうだし~やっぱり2人は乗れると思うのですが。。。人だけじゃなくて、丸ごと外れて落ちそうだって…

これは乗り物???
この枠だけの乗り物は?ゴーカート???3人も乗っていますけど~

最近、こういうのも見ないなあ
このリフト…小学生の頃は1人で乗っていたけど、知らないうちになくなった…と思ったら、昭和49年の七夕豪雨の時に崩れて、下の住民に被害が出て、廃止になったらしい。べつになくても歩いて登れる山だったから、気にもしていなかったけど。。。30年以上たって、なくなった理由を初めて知りました。
うちはスキーに行かないけど、今もスキー場ってこういうのに乗るのかしら?

40数年前の遊具って、人間むき出しで全然保護されていない感じ。乗ったらあとは自己責任で!って感じだけど、今は安全基準とかうるさそう。

でも~~一番身近で怖かったのは、普通の自転車。
2人乗り禁止といわれつつも小さい子供は後ろの荷台の上に座らされたけど、今みたいに後輪に何のガードもついていなかったから、ボケッとしていると車輪に足をまきこまれて。。。ガリガリ。。。妹も弟もみんなやられました。
ひどかった時は3ヶ月くらい包帯ぐるぐる巻きで、病院通いしないといけないほど、えぐりとられました。
バイクのマフラーでやけどしたのと比較にならないくらい重症でしたけど~うちの母親は「あんたが悪い!」って。(自分が母親に言われたかは記憶にないけど、弟にそう言っているのを聞いたので…)
そりゃあ足を突っ込んだのは子供本人ですけど…幼稚園行くより前の小さい子ですから…

BISの部屋を白黒で
これは白黒だけど、今のBIS君の部屋。
カラーだとこんな部屋でした
同じ写真に色をつけたわけではないので、位置がずれていますが…カラーだとこんな感じ。色がないと、なんかわかりにくいです。
今時の子は温室育ちね~~

昭和40年の写真

母は昭和39年(1964年)12月29日生まれ。生まれた日の写真はなくて、最初の写真は昭和40年の元旦。
京都で生まれたから、父親は静岡からカメラ持ってきたみたい。東海道新幹線は開通したばかりで乗れず、在来線も満員の中、8時間くらいかかえてきたとか…
昭和40年のアルバム
白黒だ~今のL版の半分くらいの大きさで、さらに枠がついてるから、小さい写真。
色がなくなってる。。。
こっちは生後60日だって。。。これはカラー写真だったけど、色がほとんどなくなっています。
この時代、カラー写真はまだ普及していなかったとか。
カメラの古い写真を撮るってモードで
今のデジカメで「古い写真を撮る」ってモードで撮ると、色を復元してくれるって話だったので、一番下の写真を撮ってみたけど。。。なんとなく、紫が濃くなったような気がするけど、いまいち。
これ、私ですけど~どう見ても、男だよ。
さやが「さやが男みたいだったって言うけど、ママの方がひどいじゃん!」だそうです…確かに。
9ヶ月。。。おもちゃだらけ
本家の初孫ってことで、みんながおもちゃを買ってくれたみたいです。
この年でいっぱいあっても。。。もうちょっと大きくなってからの方がよかったなあ。。。
表紙の色はそれなりにきれい
表紙の色は、そんなにはげてないんだけど…印刷物と写真では、違うのね。
レオの目は黒とブルー…今回のレオは赤目だったけど…

3才。。。スーパーしもぶくれ。。。
このアルバム、撮った日付がほとんど書いてないんだけど…妹がまだいなくて、着物着ているからたぶん七五三後のお正月、3才。
ここからは、そんなに色がなくなるほどひどくない。退色しやすいっていう赤もそれなりに写っているし…
3才の写真はそれなりにカラー
この頃は小さくて足が届かなかったけど…もう少し大きくなったらマフラーに足が届くようになって、父が乗って帰って来たばかりの熱々マフラーに足があたって、やけどした記憶が。。。めちゃくちゃ怒られた父でした。
どう見ても手作りの犬小屋が後ろに。。。
犬小屋だけじゃなくて、家の方も簡素だ。
簡単に割れるガラスに木枠の窓。。。入ろうと思えばすぐに外から侵入可能な家って感じ。平和だったのね~これで建てた直後。昭和43年。  

ジャングル大帝

昨日、フジテレビ開局50周年・手塚治虫生誕80周年記念でジャングル大帝やっていたんですね。
10時過ぎに、パパが「あ、レオ見るの忘れてた!」って言うので、初めて知ってつけたから、見たのは後半1時間ってとこ。

いきなり、ロボットのハチが動物たちを襲撃するシーン。都合が悪くなったら、そのロボットを遠隔操作で消去。その後も自分たちの都合で作ったモノを消去、リセット。
いやな感じ。自分の手を汚さずに人や動物を傷つけたり、その証拠をあっという間に隠滅したり…近い将来はあんな感じなのかしら?
前半は見損ねたからよくわからないけど、40年以上前のアニメとは違って、今回のは今よりも未来が舞台?ロボット、クローン、作られた自然…今より先の話って感じ。

手塚治虫のアニメというと、母の場合、ブラックジャック、ふしぎなメルモ、ジャングル大帝の順かな。鉄腕アトムは興味なかった人なんで…

でも~~ジャングル大帝って、レオがかわいいって記憶だけで話は全然覚えていない。
母が生まれた時の写真が貼ってあるアルバムはレオのやつだし、昔のオープニングの歌も歌えるけど…話は???
最初の放送が1965年らしいから、覚えているはずがないけど。。。パパは生まれてもいない。。。
やっぱり、アトムよりレオの方がいいなあ。

子供に見てほしいんだったら、午後9時からじゃなくて、ドラえもんとかの映画みたいに7時からやって欲しいとこですけど…11時過ぎまでやってたから、さやは「レオが終わるまで寝れなかったし、今日は眠い…」って。

う~ん

BIS君、学校帰りに本を買いに行ったら…本屋がつぶれていたんだって。
一番近い本屋は、数ヶ月前に閉店。次に近い本屋もいつのまにかコンビニになっていて…スーパーに入っていた本屋までつぶれていたそうです。
広~い売り場の本屋が2ヶ所ほぼ同時にオープンしたから…小さいとこは対抗できなかったか?
車に乗っていく人は多少遠くてもいいけど、徒歩のお年寄りとか、自転車の子供には、新しい本屋へ行くのはかなりの距離。買い物できる場所が一点に集中して、車に乗らない人にやさしくない町になっているのかも。
大型書店だけじゃなくて、ネットで注文したら数日で家のポストに届けてくれるのもあるし…お店もたいへんだ。

そして。。。BIS君、何も買うものもなく、スーパーを出ようとしたら、自分のおばあちゃんくらいの年の人が、荷物を持っていて入口のドアが開けられずに困っていたので、ドアを開けてあげたらしい。古いスーパーは自動ドアではないのだ。
お礼にってポテトチップス1袋もらって帰って来ました。ドア開けただけで、ポテト1袋?図々しいよ、兄ちゃん。
「いや~僕も断ったんだけど、どうしてもっておばあちゃんが言うから…」だって。
BISがおばあちゃんくらいの年っていうから、むこうも孫くらいの年の子だって思って、孫にあげるつもりでくれたんじゃなかろうかと。。。このへんのおばあちゃん、けっこう知らない子にもお菓子くれるけど…
それにしても、BIS君、人の年がわかるようになったのか?進歩だ。

小さいのも怖いかも…

お店では大人気のマッサージチェア。でも、家に置くには、邪魔。
お店で見ても大きいけど、家に入れようと思ったらかなりの広さを要求される。
数年前、父が欲しがった時に調べたら、奥行きが2mくらいあるんですよね~それに座ってテレビを見るとなると、けっこうな広さの部屋が必要。ベッドが必需品の施設の個室には入れられない…需要はあっても、あのサイズが問題。
さらに…みんな気持ちよさそうに長い間座っているから、そんなにいいものかと試してみたら…締め付けられて痛い。
イスがきゅ~っとしまってきて、押しつぶされるかと思いました。この状態で壊れて、イスから抜け出られなくなったらどうしましょうって感じ。
なんで、みんな気持ちよさそうに座っていられるんだろう?体につけてる肉布団の厚さが違うからだろうってパパは言うけど…

話は全然違うけど、大きいロボットはみるからに威圧感あって危険な感じだけど、小さくて器用に動き回れるロボットっていうのも、使い手によって、けっこう怖いかも。
だって~人間が入れないような狭い隙間も通っていけて、それなりの作業が可能だったら…人がいなくても悪いことできそう。

夏、暑い時、小窓をあけて寝る人ってけっこう多いらしい。カギは閉めているし、この隙間だったら人は入れないから、あけても大丈夫って言うけど…(うちは閉めるが基本。中に人がいるのに、あけておくのは危険。寝ている時は無防備ですから…)
そういう隙間を通れる小さくて器用なロボットがあったら、悪いことできますよね~
カメラ持たせて寝ている女性撮り放題とか、ナイフ持たせて気に食わないやつをザックリとか…普通に財布さがして持ってこさせるとか…悪いことに使えてしまいそうな気がするんですけど。。。
自分で考えて動くタイプのロボットだったら、「ロボットが勝手にやったんです~そんな命令してません。」って、見つかっても持ち主は逃げられるんだろうか?
器用な小さいロボットができてしまったら、多くの人が困るかも。

家電

バレエの時に、冷蔵庫が壊れた話をしたら、その場にいた全員、すでに冷蔵庫が壊れた経験あり。
「突然、壊れるんだよね~。困るわ。」って。
さやと一緒に白鳥さんに出た子は小学校5、6年生(10~12才)。すでに一度は冷蔵庫が壊れて、買い替えているって。10年もたないのね。。。

重量表示見たら、うちのでも80キロ超えてる。500リットル超えサイズなら100キロいくのかな?そんなものを何度も家の中、移動させたくない。
ちなみに、うちの冷蔵庫はこれで4台目です。
1台目は5年で壊れました。なんか欠陥があったらしくて、同時期に製造されたものがいっせいに壊れてたいへんだったとか。
保証書があれば5年過ぎていてもタダで直してもらえたらしいけど、うちは引越しの時に保証書をなくして、みつからなかったので全額自費って言われた。修理代が新品かえる値段だったので買い替え。

それがまた不良品だったみたいで…水漏れ。
床が水びたし。裏側のパイプのどこかがおかしいらしくて、普通なら蒸発してなくなるはずの水が全部流れ出てくる。
何回か部品を取り替えたり、修理してもらったけど、頻繁に水漏れ。何年か使ったけど、直ることはなかったので、買い替え。
買った時からずーっと同じ場所がダメで、修理してもまた同じようになったけど、新しいのには交換してくれないのね…

次に買ったのは冷えすぎで…野菜室の野菜が凍る。それを修理してもらってからはそれなりに動いていました。
最近、切替室(好みで冷凍、冷蔵、野菜室の温度に設定できる引出し)が冷凍にしてあるけど、アイスが溶けかけ…って思っていたら、突然とまっていました。きゃーーー。

他の電化製品が壊れても、数日ならなんとかなる。
電子レンジが壊れた時は、その日のうちに新しいの買って来ましたけど~あれは、持ち帰りできるサイズなので…台車持っていって、1人で買ってきました。でも、車に乗らない人だったら、自転車に積んで帰ってくるのは、無理ですね…
洗濯機がダメならコインランドリーで洗えるけど、冷蔵庫は中に生ものが入っているから、困ります。
今回は旅行直後だったので、生ものの買い置きはあまりなかったのが救いだったけど、冷凍庫のモノはけっこう捨てました。
冷蔵庫があるのが前提で、食べ物買っていますからね~真夏に壊れたら、最悪。 【“家電”の続きを読む】

エコポイント&冷蔵庫

冷蔵庫を買い替えたので、エコポイントってやつがもらえるらしい。
なにやらいろんなものを郵送して手続きしないといけない。その手続きに1~2ヶ月かかるとか…
買ったのはメーカーの新製品みたいだけど…いつもならもらえる店のポイントはゼロ。
売れ残り商品は現金特価で売ってしまうけど、新商品だと現金値引率は低くて店のポイントがつくのがいつものパターンだったのに、今回は店のポイントは対象外だって。なーんか、やっぱり家電関係店優遇策みたいな気がする。
詳しくはネットで見て、書式もそこからプリントアウトしてくれって、客に不親切な制度ね~

それにしても、冷蔵庫大きくなりすぎ。電気代が安くなっても、エコじゃないような気がする。
マンション前まではトラックに載せて、敷地内は台車に載せてゴロゴロと運んでこれたけど、そこから先、室内へは人力。
2人で抱えて運び入れてくれました。うちのキッチンは玄関からかなり奥まっているし、通路が細いからたいへんそう。
マンションは上の階でもエレベーターで家の前まで運べて、共用廊下と室内の段差は少ないけど、1戸建てだと、普通道路からけっこうあがっているから、バリアフリーの家じゃなかったら段差があって、もっと運び込みはたいへんかも。 【“エコポイント&冷蔵庫”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。